映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II
3作目から家族で映画館で観てきたし、もちろん原作も読みましたし(一応)、最後まで見届けなきゃね・・・。

でも、今回はなかなか映画館へ行きませんでした。さすがに息子たちも高校生となると、家族そろって映画鑑賞となるとなかなかスケジュールがあいません。しかも、今回は3Dでの上映なので、お高い!! お高いからには、安い日をねらってみなければいけない・・・ということで、メンズデーに行くと決め、子供たちの補習が終わるのを待ち、夫が午後から休暇をとって観に行ったのでした。(私たち夫婦は、夫婦割引でいつでも1000円なんだけど、高校生になったら子供の分が高くてね・・・もっぱらメンズデーです)

ハリー・ポッターシリーズ、これだけ長く時間をかけて上映していたら、ファンは子供から大人にかわっているだろうから、日本語吹き替え版より字幕版のほうがニーズがあるんじゃなかろうか・・・と思うんだけど、近隣どの映画館も、日本語吹き替え版3Dがメインで、吹き替え2Dと字幕版3Dが小さなスクリーンのお部屋で申しわけ程度についているといった感じ。これには参りました。夫は目の関係で3D効果が得られないし、私たちもあまり好きじゃないので、プラス400円の価値を全く感じません。でも、この映画の吹き替えは絶対に耐えられないので、やむなく3Dを見ました。

3D、悪くはないんだけど、この映画ならもっと違う場面を3Dにすればいいのに、どうでもいいところを3Dにしていたりして、やっぱり+400円の価値は感じられませんでした。

3Dはともかく、映画のほう、さすがに最終回らしく、見ごたえはありました。前編・後編に分けた分、原作が忠実に再現できたところも違和感がなかったし。ちょっとだけだけどゲイリー・オールドマンも登場したし。
子役たちも大きくなり、お疲れ様という思いで観ていました。レイフ・ファインズもアラン・リックマンも、嫌な役柄(本人たちは楽しんでいた??)だったけど、お疲れ様だわ。

近ごろの子供たちはこの映画見るのかなあ?と思っていたと書きましたが、映画を見たあと、家庭教師先に行くと、そこの子供たち(幼稚園年長の男の子と小学5年生の女の子)がこの映画が大好きなんだって。特に幼稚園の男の子のほうが大ファンで、「賢者の石」なんて何度も何度も見たのだとか。もう少し大きくなったら原作も読むんだろうな。そんな小学生もやっぱりいるんだなあ・・・だから吹き替え中心なのかなとちょっと納得したのでした。


画像監督:
デヴィッド・イェーツ
製作:
デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
J・K・ローリング

製作総指揮: ライオネル・ウィグラム

原作: J・K・ローリング

脚本: スティーヴ・クローヴス







画像出演:
ダニエル・ラドクリフ/ ハリー・ポッター
ルパート・グリント/ ロン・ウィーズリー
エマ・ワトソン/ ハーマイオニー・グレンジャー
ヘレナ・ボナム=カーター/ べラトリックス・レストレンジ
ロビー・コルトレーン/ ルビウス・ハグリッド
レイフ・ファインズ/ ヴォルデモート
マイケル・ガンボン/ アルバス・ダンブルドア
ワーウィック・デイヴィス/ グリップフック(小鬼)
ジェイソン・アイザックス/ ルシウス・マルフォイ
ジョン・ハート /オリバンダー老人
アラン・リックマン /セブルス・スネイプ
マギー・スミス/ ミネルバ・マクゴナガル
ジュリー・ウォルターズ/ ウィーズリー夫人
マーク・ウィリアムズ/ アーサー・ウィーズリー
トム・フェルトン/ ドラコ・マルフォイ
ボニー・ライト/ ジニー・ウィーズリー
ジェームズ・フェルプス/ フレッド・ウィーズリー
オリヴァー・フェルプス/ ジョージ・ウィーズリー
イヴァナ・リンチ/ ルーナ・ラブグッド
エマ・トンプソン/ シビル・トレローニー
デヴィッド・シューリス/ リーマス・ルーピン
ゲイリー・オールドマン/ シリウス・ブラック
ジム・ブロードベント/ スラグホーン
マシュー・ルイス/ ネビル・ロングボトム













この記事へのコメント

mariko
2011年08月23日 12:55
うるるさん、お久しぶりです。
この映画は、公開と同時に見に行きました。
本は読んでいたのにかなり忘れていて、映画を見た後にもう一度読み返しました。
3Dは、あの眼鏡が苦手でいまいち映画に集中できないんです。
2Dのほうがよかったなと思いました。
うるる
2011年09月05日 07:59
marikoさん、お返事、大変、大変遅くなり、申しわけありません。気づくのがおくれてしまって・・・。
このシリーズ、いつも本の内容を忘れていて、映画を見たあと、私も原作を読み直したりしていたこともあったのですが、最近ではすっかり「忘れたまんま」です。原作が出るのも遅く、映画はさらに遅く、長い長い年月がたちましたね。俳優たちもそうでしょうけど、私もなんだかホッとしました。

3Dってあまり好きになれませんよね。メリットもさほど感じない上にお値段も高い!! 困ったものだなあ・・・。

この記事へのトラックバック