映画「アバター(3D)」AVATAR

画像初の3D映画だったのですが、それはともかくとして、いや~、家族そろってとても楽しめた映画でした。観た後、ここ数日のイライラも吹っ飛んで、すっきり

この映画、宮崎駿監督の初期のころのアニメ(「未来少年コナン」とか「天空のラピュタ」とか)を最近のスタジオジブリがきれいな映像に生まれ変わらせて、それを実写版(実写&CG)で撮影し、3Dで再現したといったような、そういう映像や世界観の映画でした。

けっして短くはない162分という上映時間ですが、内容に無駄がなく、最初から最後まで充実していました。

なので、3Dでなくとも楽しめると思いますが、3D映像はさらに楽しめますねえ。テーマパークなんかで観る3Dは気持ち悪くなるので心配していましたが、うわさにたがわず、最新の3Dはすごいですね。メガネをかけたとたん、すっとその世界になじみます。ただし、片目の夫は+300円したのに3Dの恩恵が受けられず、かわいそうでしたが・・・。
今後、メガネなしで、片目でも3D映像が見られるような技術開発を切望しますわ。

画像
戦争で車椅子生活となったジェイクは、パンドラに送られ、自分のアバターと対面する


ジェイクに扮するサム・ワーシントン。いやあ、かっこいいです。「ターミネーター4」のマーカスのときより、一段と成長した感じですねえ。彼の足、かなりやせ衰えていたように見えましたが、役作りのため1,2ヶ月縛っていたのかしら? でも、それだとナヴィバージョンのアバターに変身したときの撮影ができないから、気のせいなのかな・・・。



画像
ジェイクは、先住民ナヴィの長の娘ネイティリと恋に落ちる


扮しているのはゾーイ・サルダナ。ナヴィ役なので、素顔(人間の)はまったく出ませんでしたが、凛とした美しく、強い戦士を好演していました。インディオ系の女優かと思ったのだけど、黒人さんなのですね。


ナヴィ役であとかっこよかったのが、青年ツーティ。おそらくネイティリと結婚し、次期族長の座も狙っていたのでしょうから、ジェイクに闘志むき出しにします(「ポカホンタス」にもこういう役回りの青年がいましたねえ・・・)。が、さすが強く、賢い戦士。最後は理解し合うんですね。青塗りだったからわからなかったけれど、扮するラズ・アロンソはネイティリ同様、黒人さんだったのね、さすが。


画像
悪役陣では、なんといってもこの大佐がまたすごかった


扮するスティーブン・ラング。けっこうなトシなのに、すんごい筋肉。しかも、不死身!? いやあ、しぶとい、しぶとい。最後の戦闘シーンを大いに盛り上げてくれました。最期は、ネイティリの放った毒矢で死んじゃうのですが・・・。

あとは、パーカーに扮するジョバンニ・リビシ。印象的なルックスで今回も奮闘してました。



この映画は映画館で大きなスクリーンで、できればやっぱり3Dで観たいところですね。




公式サイト→http://movies.foxjapan.com/avatar/



監督・脚本:
ジェームズ・キャメロン

キャスト:
サム・ワーシントン(ジェイク)
ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)
シガニー・ウィーバー(グレース)
スティーブン・ラング(クオリッチ大佐)
ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ)
ジョバンニ・リビシ(パーカー)
ジョエル・デビッド・ムーア(ノーム)
CCH・パウンダー(モアト)
ウェス・スチュディ(エイトゥカン)
ラズ・アロンソ (ツーテイ)
ほか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mariko
2010年01月17日 10:33
公開日に見ました。
長いので耐えられるか心配でしたが、おもしろかったので居眠りしないで最後までちゃんと見ることができました。
うるる
2010年01月18日 09:43
marikoさんもこれ、見られたんですね。
まあ、あちこちで見たようなシーンも多かったけど、あの映像は楽しめましたよね。
さるしっちゃー
2010年02月19日 02:48
こんばんはー。これ来週、川崎のIMAXシアターで観ることにしました。なんかこれ読んで期待高まる~。一瞬、ハリポタのケンタを思い出しました。そういやちまたではスワンチケがすでにプレイガイドで安売りされていることで盛り上がっておりまする。
うるる
2010年02月19日 08:17
まだ、やっているのね、これ。大分小さなスクリーンに移っちゃったかしら。大きなスクリーンで3Dで見られたらなおよかったのだけど。ストーリーはどこかで見たような話の寄せ集めといえばそうなんだけど、そういうことは抜きにして映像も含めて楽しんだほうが得かな(高いし)と私は思いました。

ケンタ・・・もうすぐ公開される「パーシージャクソンのオリンポスの神々」(だっけ?)を子供たちが見たいというので原作本を借りて読んだのですが、それにもケンタが出るんですよ。ケンタに胸躍らせていたころを思い出します(実際の映画での扱いはひどいもんでしたが・・・)。

スワン・・・そっか、公演は3月だったっけ?観たい気持ちはあるのだけどねえ。
さるしっちゃー
2010年02月27日 15:49
見てきましたよ。度肝抜く映像に音響でした。でもやっぱり目が疲れます。本編では家族向き作品であるために大幅にカットされたという2人の尻尾の触れ合いシーン(ってまわりくどいか)が、DVDにはノーカートで収められるそうですから、そっちも見たいです。
うるる
2010年02月27日 18:26
ほうほう、尻尾の・・・そんなシーンがあったですねえ。カットしなければまずいほど過激なシーンだったのかしら? それは、DVDで確認しなければいけませんね。

この記事へのトラックバック

  • 映画を観るなら アバター(2009)

    Excerpt: これまたストーリーが完全にインデペンデンスデイトルーク・マクトのくだりはちょっと人間に都合良過ぎる気もしないでもないけど、最後のみんなでイェーイ!は観ててスカッとするな~。上映時間長いのにダレることが.. Weblog: 映画を観るなら racked: 2010-12-28 23:04