映画「あいつはママのボーイフレンド」MY MOM'S NEW BOYFRIEND(DVD)

たまたまショップで見つけたアントニオ・バンデラスとメグ・ライアン出演のラブコメ・サスペンス。いくらアントニオのファンだからって、この駄作の匂いがぷんぷんするタイトルゆえにあまり期待はしていなかったのですが・・・これがおもしろかったのよ、意外と!(笑)

アントニオ、こんな映画に出てたんだ~知りませんでした(←ファン失格?・汗)
冒頭、窃盗に失敗するシーンでちょっと出たあと、マーティ(メグ・ライアン)たちとの出会いのシーン。レストランではさりげなくバックにギターの美しい音色が。

そうです。アントニオはギターが似合うのです!!! 

高級な美術品をねらう窃盗団のボスという役柄なのですが、泥棒というよりは詐欺師という感じで、危険な香りをまとったエキゾチックないい男!の設定なので、最近の映画にしては若々しく素敵なアントニオが見られてファンとしてはうれしかったです。

アントニオとメグとのラブシーンは、キスシーンが何度となくあったけど、それから先は意外となしな点はよかったのか、よくなかったのか・・・??

メグ・ライアンが冒頭ものすごーーーいおデブな格好で出てきます。その後痩せて、モテモテの美女に変貌するという設定で登場するのですが、役柄で太ったのかどうか、まだ痩せたりないでしょうという感じで少々見た目にはキツイ。けど、そういう細かいことにはこだわらずにこの映画は観るのが正解!でしょうね。

息子役のコリン・ハンクスがよかったです。まあ、FBIという感じには見えないのですが・・・母親思いのやさしい息子といった感じ。これまでずっとママの世話をやいてきただけに、3年ぶりとはいえママの大変貌についていけず、翻弄されるさまをおもしろおかしく、時にきゅんとくる感じに演じています。彼はトム・ハンクスの息子なんですね~。全然似てないケド。「キングコング」のほかは、この映画同様日本未公開の映画にちょこちょこ出ているようですが、今後もっと脚光を浴びてもいいのではないでしょうか。

イタリアンシェフのおじさん(エンリコ・コラントーニ)がおかしすぎ(笑)。彼はコメディアンなんでしょうか???

ストーリーはとてもありきたりで、どこかで観たような映画の寄せ集めのようで、最後のオチ(?)についてもよくある感じなので、映画としての斬新さとかは特になく、つまらないといえばつまらなく・・・結局アメリカとかでも劇場公開されなかった?ようで残念なのですが、まあお茶の間で気楽に楽しむにはいいと思います。役者は端役に至るまで、いい演技してると思うんですよね。特にアントニオファンは楽しめると思います。マリアッチ!みたいなガンアクション(のさわりだけ)みたいなシーンもあるし。

特典映像もついていて、監督はじめ俳優たちの陽気すぎなお祭りさわぎの撮影風景が。楽しそうですね~。映画の中ではアントニオは楽器を演奏しませんが、セットの楽器(ボンゴとかピアノとかギターとか)をがんがん弾きまくっている様子が収録されていてとてもうれしい(*゚▽゚)ノ そういえば、彼がピアノを弾いているのは初めて観たような・・・。

FBI捜査官のヘンリー(コリン・ハンクス)は、肥満の母親マーティ(メグ・ライアン)をサポートしながら二人で暮らしていたが、極秘任務のため海外赴任することに。そして、3年振りに再会した母親・マーティを見て驚愕する。太っていたのがすっかりスリムになり、男たちと奔放な関係を楽しむノリノリの女性に大変身していたのだ。そんなある日、マーティはトミーというハンサムな男と出会い、2人は惹かれあっていく。しかし、ヘンリーは指名手配窃盗犯首謀者の写真を見て驚く。それはトミーだった・・・。

監督:
ジョージ・ギャロ

出演:
アントニオ・バンデラス
メグ・ライアン
コリン・ハンクス
セルマ・ブレア
キース・デヴィッド
イーライ・ダンカー
トム・アダムス
トレヴァー・モーガン
エンリコ・コラントーニ
マルコ・セント・ジョン

2008 アメリカ、ドイツ


あいつはママのボーイフレンド [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-12-21

ユーザレビュー:
まずは笑えます。低俗 ...
とっても面白かったで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック