勅使川原さんの新作は「硝子の月」・・・Glass Moon

ホセのザ・スワン@パリももうおしまい・・・パリレポ更新!」の記事のコメント欄から
こちらへ引っ越してきました。

今年のクリスマスのころに日本に来て勅使川原さんの新作に出演するらしいという
(あ、主語が抜けてますね・・・「ホセJoseMariaTirado」が主語です・笑)
問題の作品ですが、新国立劇場のサイトにタイトル等が出ましたねえ。

◆新国立劇場のサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/10000082.html

タイトルは「硝子の月」(Glass Moon)」ですって!

2006年12月15日(金)、16日(土)、17日(日)
チケット発売は10月18日から。

「硝子の月」、どんな作品なんでしょう?
硝子というと、「Bones in Pages」の硝子を連想してしまうんだけど・・・。

「硝子の月」とホセ、何か結びつくものは・・・??
ホセといえば、アニマル。月といえば、うさぎ。・・・ってことは、今度はうさぎ?
(月からうさぎを連想するのは日本人だけかしら? あ、でも勅使川原さんは日本人ですよね・・・)

外国人の名前は「ジイフ」って人だけ挙がっていますが、彼はどなたでしょう?
海外からの招聘ダンサーが気になるところです。

◆Karasサイト
http://www.st-karas.com/index.html
ようやく2006年スケジュールになりましたが、まだ途中までですね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ずず
2006年02月10日 13:30
おっ、早速新記事!
外国のどこかでは月のあの陰カニだそうですよ!やだな、ホセ蟹役だったら。。。でも毛賀になら、うるるさんよろこぶ?(笑)
うるる
2006年02月10日 13:42
いやー、毛蟹ですかあ? 毛蟹なら観るんじゃなくて食べたいわ・・・汗

世界初上演ということなので、あっちやこっちから(パリとか)観にくる外国人もいそうですね。
この値段なら金、土か土、日の2つ続けてみるべし・・・ですねえ。
ただし、旅費と海外招聘ダンサーが問題なんだけど・・・。
チケット発売までにはメンバー発表あるでしょうね。
うるる
2006年02月10日 20:06
あ、今度の作品はキャストに勅使川原さんのお名前が挙がってるので、
勅使川原さんも踊られるんですね。
硝子の月、まんまる・・・。
「Bones in Pages」のあのびっくり!な電球?を思い出してしまいました。
2006年02月14日 19:45
月→砂漠→らくだ→→→○○ (^◇^;)
と連想して、ちょいと無骨なガラス細工の駱駝さんがこっち向いて歯をむき出して笑っているのが浮かんだ私は・・・・・(Q_Q)\(__ )
うるる
2006年02月14日 20:08
junjunさん、こんにちは。「月」から砂漠経由で「らくだ」さんですか?(笑)
ふふふ。おもしろーい。
最初は「月」=「うさぎ」を連想したんだけど、今では「月」=「勅使川原さんの頭」しか連想できなくなってしまったんですよ・・・。うーん。ホセは出るのかな。どんな役かな。衣装は何着るのかな??気になりますね。

この記事へのトラックバック