ヴィチェンツォ・ラ・スコーラ テノール・リサイタル

画像
今夜はイタリア人テノール歌手ラ・スコーラのコンサートへ行ってきました。
イタリア歌曲のほか、プッチーニなどのオペラ曲のアリアを歌う予定だったので楽しみにしていたんだけど・・・開場が遅れているなあと思ったらおもむろに張り紙が・・・。
その内容は、「出演者の都合により本日はすべてのアリアを中止し、イタリア歌曲のみになります」というようなもの。

えっ? すべてのアリアを中止って?? 
なんで? まさか?? ええ~~っ???!!!
とかなりショーゲキを受けていたけど、まわりのお客さんたちはわりと平然としているから気持ちのやり場に困ったのだった。

でも、前半が始まって3曲目だったかな、ノリのいい曲「マレキアーレ」に超メジャーな「帰れソレントへ」と続くころには、もうそんなことはどうでもいいと思えるぐらいラ・スコーラも会場も伴奏者もノッてきていい雰囲気に。「カタリ カタリ」、「グラナダ」と盛り上がって前半を終了した。

このコンサートは、ピアノの伴奏と歌だけというシンプルなもの。
ピアノ伴奏は、ニコラ・ルイゾッティ。彼は指揮者なんだそう。
そんな彼のアドリブ入りのピアノ伴奏というのは貴重なんだとか。
たしかに彼の伴奏、見てると指揮者みたいなの。
とにかく派手。クラシックの伴奏であんな目立つ人初めて見たわ!
ジャジャーンとおわるところで勢いあまって少々音が外れてもご愛嬌!!。

ラ・スコーラと2人、見詰め合ったり手をつないだりしながら会場の笑いを呼んでいた。
なんともラ・スコーラがキュート!! トコトコ歩いて、ニコニコしながら伴奏者を手招きしたりして。

でも、突然の曲目変更理由は依然不明のままだから悶々としながら休憩時間をすごしていた
けれど、後半始まったらちゃんと説明があった。どうやらお風邪らしき症状のよう。
それは仕方ないな~~(とはいえB席でよかった。S席買ってたらショック倍増かも)。
前半の歌声を聞く限り、全然そんなふうには思えない美声だったんだけど、
アリアを歌うっていうのはそれだけテクニックも体力もいるんだろうね。

前半歌ってみて大丈夫だったってことで、後半に1曲だけプッチーニを歌ってくれた(^^♪
「星は光りぬ~歌劇「トスカ」より」  
やったあ(^^♪ 会場のみんなも喜んで拍手、拍手!
できれば「誰も寝てはならぬ」も歌って欲しかったんだけど、これはかなわなかった・・・。
アンコールで「島唄」を日本語でうたってくれました。文字が小さかったのか、めがねを取り出すなどのお茶目っぷりを見せながら。

本日の客層は・・・田舎だからねえ、やっぱり絶対数が少ないからテノール歌手のコンサートだけではチケットがはけないもよう。前の方のS席両端はけっこう目立つ空席状態。
小中高生には安い学生チケットが適用されるせいか、高校生がわりといた。やたら「ブラボー!!」とノリがよかったのは彼らかな。音大の学生かな。
とにかく、満員御礼とはいかなかったけど、ノリはよかったからホッと一安心・・・。

生はやっぱりいいな~
帰り、車でドミンゴを聞きながら帰ってきた。

http://www.kuracon.jp/concert/20050725/20050725.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ずず(引っ越してきました)
2005年07月26日 12:33
★ずずさんのホセコーナーでいただいたコメント、勝手にこちらへお引越しさせていただきました。

             *****

ラ・スコーラが歌ったという「フニクラ」「ソレント」など父がご機嫌になると良く歌っていた曲なの。。
まさかホセつながりのうるるさんから聞くとは思わなかった~
やはり何かのご縁かもーー
これからもよろしく。。。って改まって気味悪いですよね。笑
うるる
2005年07月26日 12:37
「フニクリフニクラ」はきのうは歌わなかったの(たしか)。
「帰れソレントへ」は中学の音楽の授業で日本語で、高校でイタリア語で(カタカナ書いて・・・)歌ったので親しみがありますねえ。一番お客さんが盛り上がったかなあ。やっぱり知ってる曲のほうがうけがいいですね。
私は「グラナダ」とか、アンコールで歌われた「忘れな草」が好きだなあ。
あとはプッチーニ・・・これは仕方ないですね。コンディションをととのえるって大変ですよね。案外ダンサーより歌手の方が大変かも。ちょっとしたことで声って影響うけそうですもん。

それにしても、お父様がイタリア歌曲をお歌いになるとは、お父様の年齢を考えると随分ハイカラですね~~。さすがウィルと握手してもらいに行けるお母様のだんな様だ!!
ずず
2005年07月26日 12:44
また間違えたのね、わたし。「カタリ、カタリ」と「フニクリフニクラ」じゃ、全然違うじゃないですかねー!しっとりと行進曲風、右と左くらい違う
うるる
2005年07月26日 12:56
「フニクリフニクラ」もよく歌われる曲ですよねえ。歌わなかったのが不思議なくらい。好みじゃないのかな。イタリア人っぽい、お茶目で楽しい人でしたよ。でも、しっとり系がお好きなのかもね。アンコールに「忘れな草」をもってきたり、日本の歌ってことで「島唄」歌ったぐらいだし。あれは日本の・・・っていうより沖縄なんだけどね。
うるる
2005年07月28日 12:36
主催者からおわびの手紙が届いたわ。前夜のホテルの空調の問題があったんだそうで、主催者もご本人も無念な決断だったんだそう。
「今回のおわびに、いつの日かフルオペラプロでもう一度皆様のもとへ戻ってきたい」と言われていたそう。ぜひぜひ実現してほしいな、それ。
ずず
2005年07月29日 11:52
ただいまー!って言ってもどこか言ってたわけじゃないんですけど。ちょっと夏風邪+夏ばてでおじゃましてなかったからー すみませんでした。

ラ・スコーラさんと主催者さん、お詫びの手紙下さるなんてご丁寧ですね。空調のせいで喉の調子が悪くしてしまったなんて本当にお気の毒。
ホテルと主催者でファンにお詫びのコンサート、実現したらいいですね!

友達のミュージシャンも空調を呪ってた。サラリーマンはおかしいって。夏なのに冬服着てって。それにあわせた温度にされたら一般人はたまらない、とのたまわってました、以前彼のHPで。
空調はほんとに善し悪し。わたしもこのおかげで体調優れないんだと思う。

わたしも昨日は仕事はさぼっちゃったんですけど(内緒内緒)義理でしかたなくコンサートに行ってきたの。思ったよりおもしろかったので後でお知らせしますね。
うるる
2005年07月29日 12:06
ずずさん、お帰りなさい。心配してました・・・。
クーラー、私も苦手です。以前新幹線がひどく寒くて車掌に訴えたら、回りのビジネスマンをさせて、ああいう格好をしていたらこれでちょうどいいんですよと、まるで普通の夏服を着ている女性がお馬鹿みたいな言い方をされたことがあったんですよ。その車掌はそのほかにも乗り間違えたおばあさんに対する応対も悪くって、一緒に出張中だった私以上に激しい(?)性格の子がその場で彼を叱りまくっただけでは物足りず、会社にクレームつけて、なにやら丁寧なおわびをえらいさんからもらってましたよ。最近はそんなことはないでしょうが、まだ民営化されて間もないころの話です。
クーラー私も苦手。普段は家で29度か30度設定しかしないので、お店や乗り物、会議室などでの冷蔵庫のようなクーラー温度はイチコロです。映画館にも会議などにも必ず上着とひざ掛け持参です。びわ湖へも持参していきます。

で、コンサートの事後対応。
ほんっと、その後の対応が丁寧だったので、また行きたいなというような気持ちになりましたよ。マイナスをプラスに変える! そこが腕の(誠意の)見せどころですね。

うるる
2005年07月29日 12:08
誤字のため意味不明でしたね。

「回りのビジネスマンをさせて」→「周りのビジネスマンをさして」でした。

ずずさんもコンサートだったんですね。ご報告お待ちしています(どちらからでもどうぞ)

きょうは今からプール当番ですよ。曇り空なので熱射病の心配は大丈夫そうですが、蒸し暑そうです・・・。
ずず
2005年07月29日 16:03
ひゅーいっそがしい日でした。。自分のせいですけどね。

今日は嫌いなエアコンもなかなかいいと思えるほど暑い!いつもはカーディガンとか手放せないのに。
わたしも劇場へは必ずショールとか持っていきます。

そのクレーム付けた方、あっぱれ!わたしも理不尽なこと見逃せなくっていつもはボーとしてるのに突然正気に返ってつっこんでったりします。

さてコンサート、最近知り合ったロシアの女の子がパンドゥラというロシアの珍しい楽器を弾く人でその子が出るチャリティーコンサートでした。
ウー・ルーチンという中国人の京胡がとても良かったです。
珍しいところではサラサーテのバイオリンの先生だったというアラールが椿姫の乾杯の歌をバイオリンの為に編曲したというレア楽譜をもとにした大谷康子さんの演奏。
骨髄バンクのコマーシャルの作曲家、中川俊郎さんはピアノの音色と裏腹な?おもしろい方でした!
うるる
2005年07月29日 16:25
ずずさん、きょうはこちらは曇天で適度な風も吹き、おかげでいつもは熱射病にかかりそうなプール当番も楽に終えることができました。
なんだか素敵なコンサートだったんですね。「乾杯の歌」・・・私、今一人で乾杯してます。でも安物発泡酒、残り半分からはきついわ~~。
プールにお茶もって行くの忘れたから、のどが渇いちゃって・・・。
寝ちゃいそうです・・・。
話がそれたけど、「乾杯の歌」大好きです。パイオリンのための編曲だとどんな感じになるんでしょうね・・・。ああ、酔っ払った・・・。
ずず
2005年07月29日 16:53
わーもう乾杯の歌ですか? 昼間のビールは効くって言いますからそろそろ「子守歌」かしら?ふふ
プール当番お疲れ様!
うるる
2005年07月29日 21:40
はい、寝てました・・・4時すぎから7時ごろまで。
あわてて晩御飯をつくって、バタバタしたらこんなに遅くなっちゃった。
うるる
2005年07月30日 13:34
きのうは曇天だったから日焼けしないだろうと、首・胸まわりをガードしてなかったんだけど、お風呂に入るときに見てびっくり。やっぱり焼けてました。失敗、失敗・・・。
今から夏祭りへ行って来ます。きょうはしっかりテントの下でお肌ガードしなきゃ。耳痛いし、憂鬱だけど・・・。
ずず
2005年07月30日 18:53
油断大敵ですね!曇りの日に日焼けって結構多いみたい。
夏祭り愉しそう。お兄ちゃんは小学校最後の夏祭りですものね!
お天気で良かったかも。ABTは又この次って事もあるし!
うるる
2005年07月30日 22:13
そうなんですよ。油断してました。
朝からポツポツ降っててどうなることかと思ったけど、
午後から晴れたの。暑かったあ。
でも、雨よりいいですけどね。
この夏祭り、私も長男も初参加なんだけど、たくさん来てました。
学校が遠いから、これまで行かせたことなかったんです。
夕方から夜にかけても子供たちだけで自転車で登下校、お祭り徘徊とか
させられるようになるになるのに随分時間がかかりました(小6)。
早くから子供たちだけで来させている親、親が連れてきている家などいろいろでしたわあ。