きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS 三浦一馬&大萩康司スーパーデュオコンサート(おかやま国際音楽祭2014)

<<   作成日時 : 2014/09/15 05:25   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像大萩康司さんが三浦一馬さんとデュオで演奏会をするということで、ピアソラなどの演奏を聴けるのを楽しみにしていました。しかも、今回は自宅から車で10分ほどのところでコンサートが開かれるということで、ありがたいやら、もったいないやら・・・。

まず、このもったいない(・。・;・・・からお話ししましょう

今回のこのデュオコンサートは、おかやま国際音楽祭2014の一つとして企画されたようですが、このおかやま国際音楽祭っていうのが、すごそうなタイトルがついているわりには、地味であまりぱっとしないし、大した宣伝もしてないし、地元にいながらあまりこれまで興味を持っていなかったもので・・・

いやいや、やっぱり宣伝不足じゃないでしょうか? 場所も早島というマイナーなところですしねえ。木の香りに包まれたきれいでいいホールなんですけどねえ。客入りがいまいちで、後ろ3分の1は空いていましたもん。

もったいないやら、申しわけないやら・・・(・。・;
岡山とか高松とかのコンサートは、いつもこんな感じになってしまうんですよね・・・

客層は、大萩さんの兵庫県立〜小ホールのコンサートでは、私と同世代の女性中心に、若い男性、やや年配の男性がちらほらという感じだったのですが、こちらでは(普段着の)シニアのカップルさんが多かったです(^_^;) おばさまたちは、プログラムを見て「知った曲がほとんどない」なんて言われましたしねえ。

でも、お二人のほのぼのとした雰囲気で、みなさん、楽しんでいたようでした。

                      

プログラム
★☆デュオ ★大萩(ギター)ソロ ☆三浦(バンドネオン)ソロ

<第1部>
★☆ピアソラ:娼館1900〜「タンゴの歴史」より 〜酒場(Bordel 1900)〜
★☆フォーレ(シーファー編):シシリエンヌ
★☆ドビュッシー(鈴木大介編):レントより遅く
★  ドビュッシー(ブリーム編):亜麻色の髪の乙女
☆  ピアソラ(マルコーニ編):アディオス・ノニーノ
★☆ピアソラ(モンテス編):リベルタンゴ

<第2部>
★☆ギュビッチ:ヴィラ・ルーロ
★☆ピアソラ:「タンゴの歴史」より〜ナイトクラブ1960〜
☆  ピーターソン(三浦編):夏がくるとき
★  ピアソラ(アサド編):ブエノスアイレスの秋
★☆ピアソラ(三浦編):タンゴ組曲 Tデチーゾ Uアンダンテ Vアレグロ

<アンコール>
★☆ディアンス:タンゴ・アン・スカイ

第1部の演奏は・・・正直ちょっと微妙なカンジでした。デュオがね、まだちょっとこなれていないというか・・・

バンドネオンのほうがギターと比べてかなり音量が大きく、表現力もあるため、抑え目に弾いていてもギターが負けてしまう・・・弾くのはめちゃめちゃ難しいのに・・・・地味な印象になってしまうのが残念で・・・ディオとしてもちょっと中途半端なカンジで・・・。

でも、第2部は違いました

冒頭の「ヴィラ・ルーロ」は、初めて聞いたと思いますが、ギターとバンドネオンのための曲というだけあって、よく合っていましたし、「ナイトクラブ1960」もよかったし、「タンゴ組曲」にいたっては、オリジナルのギターデュオより、むしろいいかも、と思ったところもありました。

そして、2部でそれぞれ1曲ずつ演奏したソロ曲が、またよかったです。

「夏がくるとき」…しっとり系のジャズですが、こういう抑制のきいた、静かに歌い上げる感じの曲のほうが彼のバンドネオンには合ってますねえ。メジャー1stアルバムに収録されているんですね。

「ブエノスアイレスの秋」・・・大萩さんの、いつも以上の(?)ぼそぼそトークが終わるか終らないかのうちに演奏に入っていきましたが、CDの演奏よりスピードも速く、気迫ある演奏を聞かせてもらえました
息子が練習しているからわかりますが(私もtab譜づくりで協力しました)、この曲、ギターソロで弾くの、難しくて手が痛くて大変なんですよねえ(ピラソラはどれもそうですが)。

今回のプログラムでは、第1部のフランスもののかわりに、ブエノスアイレスの残り3シーズンを入れて、二人で交互に演奏したのを聞きたかったですねえ・・・それだと、やっぱりギターが地味に聞こえるかなあ・・・。

<サイン会>
通常、会場でのCDお買い上げの方限定で開かれるサイン会、今回はお客さんが少なかったせいでしょうが、サイン会はだれでも参加できるということで、終了後、すぐに二人が出てきてサイン会スタート。
ああ、何かサインもらえるもの持っていけばよかったなあ・・・
プログラムにサインでもOKとアナウンスされてましたが、あまりにちゃちなプログラム(なんか誤植みたいなのもあるし)だから申しわけなくて・・・遠慮してしまいました。ちょっと後悔・・・。


今後、フレンチな曲をディオで演奏したいねということでしたが、それもまた楽しみですね。

バンドネオンの、チェロやビオラあたりの低めの音域のずーーーーんとした音色が魅力的だったので、フォーレなら「シシリエンヌ」より「エレジー」、ほかに有名どころではチェロでよく演奏されるサン・サーンスの「白鳥」、フレンチではないけどヴィラ・ロボスの「黒鳥の歌」などが合いそうですし、聞いてみたいです。

サラサーテの「カルメン幻想曲」のデュオもおもしろそう。

三浦一馬さんのアルバムを試聴し、3枚、入手することにしました。


タンゴ・スイート
ビクターエンタテインメント
2009-03-18
三浦一馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タンゴ・スイート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブエノスアイレスの四季
ビクターエンタテインメント
2011-11-16
三浦一馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブエノスアイレスの四季 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



カーメラタンゴス
ビクターエンタテインメント
2012-11-21
三浦一馬

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カーメラタンゴス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


これはもちろん持っていますが、ピアソラ集だけあって今回演奏した曲が何曲か入ってますね。

ASTOR PIAZZOLLA~アストル・ピアソラ作品集~
ビクターエンタテインメント
2012-04-04
大萩康司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ASTOR PIAZZOLLA~アストル・ピアソラ作品集~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「リベルタンゴ」といえば、やはりヨーヨー・マのこれが有名。車のCMと大萩さんが言ったら、ウイスキーのCMと三浦さんに訂正されてましたね^^; 私の世代にとっては、当然、サントリーローヤルのCMなのですが、最近、トヨタのCMのバックで流れていたんですね、これ。

ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
SMJ(SME)(M)
2008-11-19
ヨーヨー・マ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三浦一馬&大萩康司スーパーデュオコンサート(おかやま国際音楽祭2014) きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる