テーマ:ラテン音楽

IL DIVO in Hiroshima AMOR & PASION♪

行ってきました、再び広島へ。 今回は、何の事前情報も入れていなかったので、失敗したのは、終わりの時間が遅くなるということ。最後まで聴くことができませんでした。大いに残念・・・ 今回のコンサートは、ラテンアルバムということもあってか、ラテンダンスあり、さらにソロステージあり、楽器演奏ありと、ファンサービスたっぷりのエンターテイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦一馬&大萩康司スーパーデュオコンサート(おかやま国際音楽祭2014)

大萩康司さんが三浦一馬さんとデュオで演奏会をするということで、ピアソラなどの演奏を聴けるのを楽しみにしていました。しかも、今回は自宅から車で10分ほどのところでコンサートが開かれるということで、ありがたいやら、もったいないやら・・・。 まず、このもったいない(・。・;・・・からお話ししましょう 今回のこのデュオコンサートは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦一馬&大萩康司スーパーデュオ コンサートが・・・

大萩さんのギターが好きで、でも最近は私の地元に来てくれなくなって、兵庫県立芸術文化センター(あの小ホールはすばらしい)まで聴きに行ったりしていたのですが、三浦さんとのデュオコンサートがあるっていうことで、ピアソラなどタンゴが聴けるならまた大阪・兵庫まで出かけなきゃ~と思っていたら、偶然近所の公民館で目にしたこのチラシ・・・。 えっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Live at Carnegie Hall/カエターノ・ヴェローゾ&デヴィッド・バーン

カエターノ・ヴェローゾとデヴィッド・バーンのライブアルバム。 こんなライブ盤が出ていたんですねえ~♪ というか、こんな二人がコラボライブやってたんだ! 2004年にニューヨークのカーネギーホールで行われたライヴの模様を収めたものだそうで、それぞれのソロ曲を中心に、コラボ曲も含めた全18曲が収録されています。 弾き語り中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Djavan「アリア・ライヴ! ~ジャヴァン黄金の軌跡~」

ジャヴァンがこんなライヴアルバムを出していたんですねえ~というのをDISCASで発見 80年代によく聞いていたのですが、最近ちょっとごぶさたしており、おもしろそうなので借りてみました(よくDISCASにあったね~) ブラジルスターたちの名曲のカヴァーとセルフカヴァーですね。 カエターノ、カルトゥーラ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビセンテ・アミーゴ「パセオ・デ・グラシア(PASEO DE GRACIA)」

数年前、ステファン・ランビエールがビセンテの「ポエタ」(→★★)の曲を使用して以来、急きょ日本でも注目する人がふえたと思われるビセンテですが、最近すっかりチェックを怠っていたら、2009年にこんなアルバム、出してたんですね。今ごろようやく入手(輸入盤)しました(^^ゞ このアルバムではカンテ(ヴォーカル)の入った曲が多めなのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「それでも恋するバルセロナ」Vicky Cristina Barcelona

何しろ、出演者がゴージャスでしょ。特にハビエル、ペネロペ、スカ・ヨハの、いわゆる三角関係とはちょっと(かなり)違った恋愛関係なんてね、やっぱり観てみたい。それに、バルセロナだよ。スパニッシュギターがいっぱい♪♪♪ ・・・というわけで、何とか映画館へ抜け出して行ってきました。 まず、サントラ欲しい!! 映画そのものより、サントラ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画「フランシスコの2人の息子」2 FILHOS DE FRANCISCO(DVD)

ブラジルで絶大な人気を誇る兄弟アーティスト、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの半生を映画化した音楽ドラマで、本国ブラジルでは歴代興行成績No.1を記録したらしい・・・ というわけで、ブラジル音楽♪ 兄弟!というあたりに惹かれてDVDを鑑賞しましたのですが、これが内容・評判知らずに観た映画では久々のヒットでした(^^♪ ブラジルの田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

David Russell ラテン・アメリカの風~Aire Latino(ギター作品集)

いいですね~、これ。私好みの曲がずらり 図書館の新入荷コーナーで目に付いたこのそそられるジャケットデザインに「担ぎギター」のポーズ(←このポーズ好きなんですよね・・・ただし、似合う人と似合わない人がいると思うのですが・・・)と思いきや、デイヴィッド・ラッセルのラテンギター集ではないですか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントニオ・ガデス舞踊団「カルメン」(NHK芸術劇場放映)

我が家の小さなTVを通して・・・ではあったものの、深夜にイヤホーンで集中して鑑賞すると、緊迫のステージが体感できました。生はさぞかし・・・でしょうね。 私は何を見てもこうなってしまうのですが、やっぱり音楽ですね。私が一番愛しているのは音楽だから、バレエを見てもフラメンコを見てもフィギュアスケートを見ても・・・こうなってしまいます。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「ポエタ」ビセンテ・アミーゴ/レオ・ブローウェル

やっと届きました。ハイ、ステファン・ランビエールが世界フィギュア・フリープログラム「フラメンコ」で使っていたビセンテのアルバムです(参照→★)。 うーむ、これはやはりアルバムで通して聴くべき作品ですね。何か映画音楽のような、ストーリー性を感じる「フラメンコ」なギター協奏曲です。 まあ、それもそのはず、ラファエル・アルベルティの詩…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ステファン・ランビエールの「フラメンコ」はビセンテ・アミーゴ!

きのう初めてステファンの「フラメンコ」を見ながら、あれ、この曲絶対聴いたことがある!(というか、アルバムを持っている)ということは確信したんだけど、いろいろあるうちのどれだろう?というのがすぐにわからなかった(恥←このごろ本当に忘れっぽい)のですが、ステファンの公式サイト(★)を見たら書いてありました。やはりビセンテ・アミーゴでしたか!…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

映画「マンボ・キングス~わが心のマリア」THE MAMBO KINGS(DVD)

アントニオ・バンデラスのハリウッドデビュー作として知る人は知っているけどあまり知られていないかもしれないこの映画、実は私の大好きな映画の一つです。ビデオしか持っていなかったのですが、うれしいことにDVDが出ていたので見てみました。 現代アートにマンボに、キューバのムンムンした、それでいてアダルトな世界をバックに、兄と弟、そして彼ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらまぁ~フアネス来日公演!

世界が恋に落ちた。情熱の貴公子、フアネス初来日コンサート! ま!どうしましょう。フアネスがやってきますよ、しかも11月初めに・・・ってまた急ですね。私が情報漏らしてただけ?(←そうかも) 初来日コンサートということですが、既に東京や大阪あたりでミニライブはやってたようですが、本格的なのは初公演というでしょうか。 フアネス・・・。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「カルメン」「血の婚礼」「フラメンコ組曲」アントニオ・ガデス舞踊団公演

来年2月末~3月にかけて、久々の来日公演ですね。ありがたいことに関西公演が1日限り、「カルメン」だけですがあります。しかも、兵庫県立芸術文化ホール! というわけで、チケット先行で確保しました。 兵庫の一般発売は9月17日(日)から←本日! 今度の公演では、故ガデスにかわってホセ役(ああ、「ホセ」と入れるといちいちあのホセの…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

WAVE~ジョビンへのオマージュ(福田進一&長谷川陽子)

アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「波」「ストーン・フラワー」などを中心に、アサドの編曲や新曲、ヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第5番~アリア」など、心地よいラテンの風を感じる曲を福田進一のギターと長谷川陽子のチェロにて演奏したアルバムがあるということで、聴いてみました! ジョビンの聴きなれたボサノヴァは、チェロでメロディーを…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「アルフォンシーナと海」波多野睦美&つのだたかしAlfonsina y el mar

「アルフォンシーナと海」で検索してヒットしたアルバム。一見インパクトのなさそうなこのゆる~~いジャケットがかえって印象的で。 波多野さん(ヴォーカル)とつのださん(ギター、リュート)のペア、初めて聴きましたが、静かな静かな、美しい曲ばかりをえりすぐり、アルゼンチン→ブラジル→フランス→イギリスを経て日本へたどりつく(?)、この選曲がす…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Jongo~気持ちにそよぐサマー・ブリーズ/福田進一(ギター)

かわいい(=^・^=)ちゃんのジャケットにつられて借りてきました、福田さんの中南米~カリブ~なアルバム。これ、裏のイラストも素敵(*^^)v 暑い夏は、涼しげ~な曲を聴いて気分だけでも涼むのも一つ。 ラテン系の熱い(濃い)曲で暑さを素直に楽しむのも一つ。 そして、このアルバムのように、暑そうな中での風を楽しむのも、また一つ。 …
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

El Alma Al Aire(Alejandro Sanz)ハスキー×スペイン♪v

アレハンドロ・サンス。スペインのシンガーソングライター&ギタリスト。68生まれ。 Sanzは、スペイン語読みだとサンスなのかな、サンツなのかな。両方出てくるからどっちが正しいのかわからない。だから、以下はアレハンドロと呼ぶことにしよう(アレハンドロという響きが好きだし・・・)。 これは2000年発売のアルバム。先日紹介したフアネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クレーメル:「ピアソラへのオマージュ」1・2

またまた素敵なCDを発見(^^♪←というか、今頃発見してるのは遅かったようですが・・・^^; ピアソラの曲をクレーメルが・・・というだけで「いいに決まってる!」と思ってアルバム1と2、 2枚一度に借りてきたのですが、それは予想を超える素敵な世界~(^^♪ 一口にピアソラといっても、今ではいんな演奏家たちがいろんな楽器でいろんな…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

「The Ultimate Jesse Cook」ジェシー・クックベスト

フィギュアスケートで村主選手がフラメンコギターの曲を使っていたのは記憶に新しいと思いますが、その曲がジェシー・クック! ・・・ということを先日聴いたこのアルバムで知り、調べたら最近かなりお得な2枚組ベストアルバムが出ているということで、試聴したらすごくいい!!  試聴はこちらにて。 ちょっとずつですが、全曲が順番にずっと流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フアネス「愛と情熱の絆(初回限定盤)(DVD付)」~juanes

"情熱の貴公子、ついに日本デビュー!”とかなんとか、かなりレコード会社も力を入れてバックアップしているような注目のフアネスのDVDつき初回限定盤というのをついつい購入してしまいました。 いや~~、この声と濃さがたまりません! コロンビア)生まれのギタリスト&シンガーソングライター。1972生まれ。本名(Juan Esteban …
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

ブラジル風バッハ(ヴィラ=ロボス,ピアソラ…)ベ゙ルリンフィル12人のチェリストたち他

南米きっての作曲家、ヴィラ=ロボスの「ショーロ」シリーズと並んで有名なのが、この「ブラジル風バッハ」(特にアリアが美しい5番)!・・・なのに私はギター曲には親しんでいたものの、このシリーズは5番のアリアしか聴いたことがないかも・・・ということで、ちょっとこのタイトルのCD2枚を聴いてみました(^^♪ ◆「ブラジル風バッハ」(原題:…
トラックバック:3
コメント:12

続きを読むread more

ヨーヨー・マ obrigado BRAZIL(yo-yo MA)

再びヨーヨ・マですが、これはブラジル音楽に魅せられたヨーヨー・マが「その道」の名手たちと共演したブラジリアン・ミュージックアルバム。 へ~、こんなのあるんだ~と思って聴いてみたら(もちろん図書館)、これがとってもよかった! ブラジル音楽のまったりした哀愁あふれるメロディーがヨーヨー・マのチェロによってグッと洗練され、なんとも言えない至…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ちょっとヨーヨー・マ!を♪v

ヨーヨー・マも兵庫へやってくるんですよね~~。 6/2 ジンマン指揮 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 with ヨーヨー・マ 演奏曲目は「ドン・キホーテ」(と「英雄」)。 生演奏、聴きたい。ああ、でも直前にラッセル・ワトソンに行くから、こちらはがまんだなあ・・・。お高いし・・・・。 ◆兵庫芸術文化ホールの本公演についてはこ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「プレイ・ピアソラ」セルジオ&オダイル・アサド(アサド兄弟/ギター)

イル・ディーヴォが表紙(裏表紙も)だし、好みのミュージシャンがたっぷりだったので中古で購入した「クラシカル・クロスオーバーガイド」。 これに掲載されていて一番興味を持ったのがこのアサド兄弟の「プレイ・ピアソラ」というアルバム。ギター好き、ラテン好きなのに、まだこれを聴いていませんでした。 例によって図書館で借りてきたわけですが、…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

タンゴ ! TANGO!! BUENOS TANGO!!!~哀愁と情熱のブエノスアイレス

タ・ラッタ・タララーン♪ 行ってきました、ブエノスタンゴ!! ブラヴォー♪v☆                    この公演、めずらしく地元まで来てくれるのは知っていたんだけど、今後のバレエ公演に 備えて「貯金」(実際には赤字が積み重なるのを防止^^;)しなきゃと思ってあきらめていたんだけど、 フィギュアスケート@トリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画「Gitano」(ホアキン・コルテス主演)

映画「gitano」は、先日こちらで取り上げたようにサントラが気に入って、そこから入った映画。「ジターノ」を邦題がついていますが、発音は「ヒターノ」、ジプシーと訳されています。 この映画は音楽(ヴォーカル)がよいんです(サントラの記事はこちら)。 しかも、この映画ではそのミュージシャンたちが次々に出演して歌っているから驚き。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホアキン・コルテスライブat the royal albert hall(DVD)

◆ホアキン・コルテスライブ映像"Joaquin Cortes Live at The Royal Albert Hall ”(2002) 踊るホアキン、初見であります。 どんな公演でもそうだとは思うけど、このステージは生でなきゃだめですね~。 ぜひ生ステージをできるだけ間近で見たいものです。 いかにも「セクシーでハンサムなラ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

映画「ダンシング・ハバナ」Dirty Dancing: Havana Nights

わおっ! こういうの大っ好きっ(^^♪ サルサ、メレンゲ、マンボ、アフロ&キューバン・・・  ラテンがいっぱいだ~!! 寒い冬の夜にはやっぱりキューバ(*^^)v 何といってもディエゴ・ルナがかわいいっ。 かわいい系の男の子がお気に入りになるのは久々かも~。 (最近、どちらかというと大きな野生系に偏っていたような気が…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more