テーマ:映画

映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」 Child44 (DVD)

トム・ロブ・スミス著の原作の3部作を読んで、映画化を楽しみにしていたのですが(ゲイリー・オールドマンも出演するし)、映画館で見そびれてしまい、DVDも借りたまま随分寝かしてしまい、ようやく見ることができました。 この映画(原作)、こわいのは、連続殺人犯よりも、ソ連の体制側(秘密警察など)ですからね。 原作では、さらに原作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「美女と野獣」(DVD)

ヴァンサン・カッセル(野獣)とレア・セドゥ(美女ベル)主演の2014年公開のフランス映画版です。 映画館で見たかったけど、見れなかったのでDVDを借り、さらにそのDVDを2カ月以上寝かしてようやく鑑賞しました。 意味わからんとか、眠くてしょうがないとか、あまり評価がよろしくないようですが・・・ ディズニー映画のストーリーを無視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「LIFE!」THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY(DVD)

ベン・スティラーが監督、主演を務め、話題になっていたので、DVDで見たのですが・・・ おもしろく見れたには見れたのですが、最後のオチ?なのかどうかわかりませんが、問題の雑誌の表紙の写真があれっていうのがねえ・・・。 写真のあった場所といい、写真の内容といい、結局、探し求めていたものはすぐ近くにあるということでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「小さいおうち」(DVD)

山田洋次監督、松たか子主演の映画で、黒木華がベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞したというニュースを見たときから、見てみたいなあと思っていた映画。DVDで観賞しました。 エンディングで流れる音楽(アコーディオンで奏でるワルツ)を聴きながら・・・・なんか、ハウル(「ハウルの動く城」)そっくりと思ったら、音楽は久石譲でした。なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サンダカン八番娼館 望郷」(DVD)

40年近く前の映画ですが、とある理由で観賞しました。映画そのものがどうこうというより、そもそも私は(恥ずかしながら)、「じゃぱゆきさん」というのは知っていましたが、「からゆきさん」というものがあったのを知らなかったのです。「からゆきさん」あっての「じゃぱゆきさん」だったというのに・・・。 「からゆきさん」とは・・・ からゆき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

“5万回斬られた男”福本清三さん「太秦ライムライト」で「主演」男優賞受賞

びっくりですねえ。私、福本さんの主演映画がつくられてたことも知らなかったから、よけい驚きました。 いやいや、何はともあれ、 おめでとうございます! 第18回ファンタジア国際映画祭で斬られ役の名手・福本清三さんが初めて主演を務めた映画『太秦ライムライト』が、最優秀作品賞のシュバル・ノワール賞と、福本清三さんが最優秀主演男優賞を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「謝罪の王様」(DVD)

家族で見ました。 クドカンだし、阿部サダヲだし、おもしろそうと思っていたのですが・・・。 実際、おもしろいところも多々あり、特にバラバラだと思っていたシーンや人がつながっていくところかは、なるほど~と思いながら見たのですが・・・ マンタン王国が出てきたあたりからねえ・・・ おふざけがすぎるし、「○○毛 ぼーぼー・・・」っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」

久々に家族そろっての映画鑑賞でした。 相棒は地上波でもずっと見ているので。 普通に興味深く、楽しく鑑賞しました。 最後のほうですね・・・この映画での主張が強く出たところ。 神室(伊原剛志)の「いざとなったらお友達が守ってくれると思ってるのか。お友達は日本の脅威になるかもしれない国ともよろしくやってるのに」というよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「永遠の0」

やっと見にいくことができました。 数カ月前に読んだ原作を読んでいましたが、違和感なく、かつ新鮮に映画を見ることができました。 映画の内容については、あえて書かないことにしますが、キャストについて少しだけ。 主演の岡田准一くんや三浦春馬くんをはじめ、染谷将太くんなど若者たちももちろんよかったですが、 圧巻だったのは、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「風立ちぬ」

映画を見ながら、「映画館で見てよかったな~」としみじみ思いました。 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる・・・ 雰囲気は、「ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「恋のロンドン狂騒曲」You Will Meet a Tall Dark Stranger

ロンドンを舞台に老夫婦とその娘夫婦のそれぞれが織りなす4つの恋をコミカルに描いたラブコメディ。ウッディ・アレン監督。出演は、老夫婦にジェマ・ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、娘夫婦にナオミ・ワッツ、ジョシュ・ブローリン、そして彼らの恋するお相手に、アントニオ・バンデラス、フリーダ・ピントなど。 ある日突然、死の恐怖にとらわれたア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「砂漠でサーモン・フィッシング」Salmon Fishing in the Yemen(DVD)

この不思議とそそられるタイトルにひかれて観てみました。ユアン・マクレガーだし。 砂漠の国イエメンでサーモン・フィッシング(鮭釣り)がしたいという大富豪の願いで、イギリスの水産学者に協力依頼される。水産学者は絶対不可能と一蹴するも、これに乗じて中東との緊張緩和をしようとするイギリス首相サイドを巻き込んでの国家プロジェクトへと発展していく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レ・ミゼラブル」 (DVD)

映画館で見るべきですよね、こういう作品は。 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル大作なので以前ならさっさと映画館へ行ったところなんですが、去年からどうも映画館から足が遠のいていて、DVDで鑑賞いたしました。ミュージカルは見ていません。 歌は好きですのでミュージカルは嫌いじゃないのですが・・・ 印象的な曲もいくつかありまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ティエリ-・ジョンケ著「私が、生きる肌」(「蜘蛛の微笑」改題)MYGALE

先日観た、ペドロ・アルモドバル監督、アントニオ・バンデラス主演の映画「私が、生きる肌」の原作ということで、読んでみました。 原題はMYGALE(ミゲール)はフランス語で蜘蛛の一種を指すらしく、もともとは翻訳版でのタイトルは「蜘蛛の微笑」だったそうです。 映画のほうは、アルモドバル監督らしく、かなりアレンジされていたことがこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジェーン・エア」(DVD)JANE EYRE

中学生か高校生のときに原作を読んだきり、恐らくこれまで幾つかつくられた映画も見てないような気がしますが、今回、見てみることにしました。 大昔に読んだ原作のストーリーはほぼ忘れており・・・。 この時代のイギリス女流文学系の映画は、わりと好き。 映画を見たら、また小説を読みたくなりました。 公式サイト→http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」

前作はDVDを衝動的に借りて(?)見たんだけど、なかなかおもしろかったので、今回は映画館で見てきました(*^^)v やっぱり映画は映画館がいいね。 暴力、性描写など、多少アクが強いところもあるもで、こういうのオッケーな人と苦手な人といるだろうけれど、笑いが小刻みにあり、最終的には泣きもあり、おもしろく見てきました。 大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八日目の蝉」角田光代著/映画「八日目の蝉」(DVD)

「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。」 「なぜ、誘拐したの?なぜ、私だったの?」 ・・・ 映画の予告を見て、気になりつつ映画を見そびれてしまい、DVDが出たので、その前に原作を・・・とまず原作を読みました。その後、DVDで映画を見ました。テレビドラマは見ていません。 映画では、永作博美演じる希和子の演技が絶賛されて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「私が、生きる肌」(DVD)LA PIEL QUE HABITO

再び、アントニオ・バンデラス主演。今度は、事故で亡くなった妻そっくりの女性をつくりだす、形成外科医の役です。「モンスター」に続き、整形のお話となったのは、単なる偶然ですが・・・。 このロベル(アントニオ・バンデラス)は、相当にやばい精神状態となってますねえ。 妻が事故に遭った原因が、あれじゃあ、まあおかしくなるのはわからない…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」(DVD)

今度は、オダギリジョーとチャン・ドンゴンの共演~ということで、見たかったこの映画をやっと見ました。 日本統治時代の朝鮮の中心都市京城(現ソウル)に、日本人と朝鮮人の二人の若者がいた。 彼らは大日本帝国、ソビエト連邦、ナチス・ドイツの軍服を着て、ノモンハン事件、独ソ戦、ノルマンディー上陸作戦を戦い、そして生き延びた。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アザーマン~もう一人の男~」(DVD)The Other Man

日本未公開で、評価も微妙だったようですが・・・ リーアム・二ーソンが主演でアントニオ・バンデラスも準主演級にからんでくるサスペンス(?)とくれば、評価は「やや微妙」な感じでも、見ないわけにはいきません(・。・; リーアム・二ーソンが夫で、しかもIT関連会社の経営者ということでリッチそう~ そして、イタリアには愛人、アントニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「善き人」Good(DVD)

ヒトラー独裁が進む1930年代ドイツ・ベルリンにおいて、「善き人」であった文学教授がナチス党員となり、苦悩する姿をヴィゴ・モーテンセンが静かに美しく演じたということで話題になった映画・・・のようです。 「善き人」というタイトルからは、ドイツ映画「善き人のためのソナタ」(★)を連想しますが、「善き人」のほうはイギリス・ドイツ合作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハンター」The Hunter(DVD)

幻の野生動物タスマニア・タイガーを追い求める孤高のハンターを ウィレム・デフォーが静かに演じた、デフォーファンにはたまらない渋い映画。 時々変な役もしているデフォーですが、これはいい映画に恵まれましたね。デフォーは黙々と「作業」をしている姿が美しいんですよ。セリフはあまりないほうがいい。今後もこういうのにどんどん出てほしいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メランコリア」Melancholia(DVD)

地球への巨大惑星衝突・・・というと、パニック映画のようですが、この映画は全く違って、描いているのは心の葛藤のほう。メランコリアというのは、巨大惑星の名前ですが、巨大惑星そのものは鬱症状を象徴的に映し出した「もの」のように感じました。 さて、冒頭にながーいプロローグがあります。普通のSF映画を期待して見始めた人は、まず、このプロロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「長ぐつをはいたネコ」Puss in Boots(DVD)

「シュレック」のスピンオフ映画で、主役は長ぐつをはいたネコ。シュレックのネコといえば、アントニオ・バンデラス。アントニオ・バンデラスといえば、ゾロ(マスク・オブ・ゾロ)・・・というわけで、これはオリジナル音声(字幕版)で見たいところなんですが、スピンオフだし、おまけに3Dもあったりして日本語吹き替え版しか映画館でやってなくて、DVDで見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「タイム」IN TIME

科学の進歩により、すべての人間は25歳から年をとらなくなるが、若さを保ちながら生き続けるためにはお金が必要で、裕福な者は永遠の若さを手に入れ、貧しい者は生きるために働き続けなければならない。生きるための「時間」が「通過」のかわりとなる世界・・・ こういう言い方はよくないのかもしれないけど、当たり前のように100歳近くまで命がある環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「宇宙人ポール」Paul(DVD)

普通のSFでもなく、おこさま向けアニメーションでもなく、おバカ映画でもない「SFコメディ」ということで、おもしろそうなので借りて息子ら2人と見ました。 イギリスから「コミコン」に参加するためアメリカにやってきたSFオタクの二人が、UFOスポット巡りの旅をしている最中、ポールと呼ばれる宇宙人に出会い・・・・。 スピルバーグの『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダークナイト・ライジング」The Dark Knight Rises

28日封切りらしいけど、前夜から上映していたので、早速見てきました♪ 「バッドマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続く、第3弾完結編。この重くダークな世界観がいいんですよね~。 クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン)は今回はボロボロな姿が多いけど、いつもながら気合入っているし、バットスーツに身を包むともう・・・(*^_^*)・・・…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画「フライトナイト(恐怖の夜)Fright Night(DVD)

コリン・ファレルがヴァンパイアを演じる!というだけで見ずにはいられなかったのですが、ディズニーによるリメイク作品らしいけど、こういう映画にコリンが出演しているのも不思議なら、これがディズニー映画というのも不思議。ジャンルは3Dコメディーホラーとなっている! 3Dで見るとどう違ったのかはわかりませんが、これってコメディーだったの??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コクリコ坂から」(DVD)

宮崎アニメはやっぱりいいな~。たまにはこういうの見ないといけないね~って、アリエッティ見た後も書いたっけ・・・。 この映画で繰り返し流れるのは、「上を向いて歩こう。」  まさに、上へ、上へ、前へ、前への時代だったんだなあ~。私が育ったのは、このもう少し後になるんだけれども、田舎だったから、まだ似たような雰囲気が残っていたんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「8ミニッツ」(DVD)SOURCE CODE

列車爆破事件の乗客の死の8分前に潜入して爆破犯を突き止める極秘任務を受けた男性軍人をジェイク・ギレンホールが、モニターごしに指示を与える女性軍人をヴェラ・ファーミガが演じ、過酷な「潜入」を繰り返しながら男がミッションの謎に迫っていくサスペンス・アクション。原題の「ソースコード」というのは、死者の死ぬ直前8分間の意識に入り込むことができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more