テーマ:ファンタジー

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II 3作目から家族で映画館で観てきたし、もちろん原作も読みましたし(一応)、最後まで見届けなきゃね・・・。 でも、今回はなかなか映画館へ行きませんでした。さすがに息子たちも高校生となると、家族そろって映画鑑賞となるとなかなかスケジュールがあい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ダレン・シャン」の映画が3月に公開!・・・されるんですねぇ~

Cirque Du Freak:The Vampire's Assistant 映画化のうさわはあったものの、なかなか実態がつかめず、このごろすっかりノーチェックだったのですが、映画、海外では既に公開されていて(もしや反響は地味?)、日本でももうすぐ公開だそうで・・・さっきウィレム・デフォーからサーチしていて偶然知りました♪ え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターシリーズ最終巻がやってくる!

いつものようにamazonで注文しているんだけど、きっと朝のうちに届くだろうな~、だからそれまでにほぼ忘れている6巻を読み直しておかなければ・・・と思っていた私の予想ははずれ、23日12時40分現在、まだ日通のターミナルを移動中とは、ちょっとのんびりしすぎじゃありませんか?amazonさん。 といっても、朝っぱらから書店に並ぶほど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画「パンズ・ラビリンス」EL LABERINTO DEL FAUNO(DVD)

公式サイトでも流れている悲しくも美しいテーマ曲のシンプルなメロディーが印象的で、それをずっと聞き続けているだけで迷宮に誘い込まれそうになるこの映画。スペインの暗い時代を舞台にしたダーク・ファンタジーということで映画館で見たかったのですが、上映館が少なく見そびれてしまったため、今回DVDで見ました。暗い、暗いといわれたこの映画ですが、DV…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「かはたれ-散在ガ池の河童猫」「たそかれ-不知の物語」朽木祥・著 /山内ふじ江・画

何か読む本はないかなあ・・・できれば子供と一緒に読める、楽しくて感動もできる本、ということでネットで検索して目についたこの本。「かはたれ」という一瞬意味のわからないタイトルがついた本には、なにやら気になる風情をせおった寂しげな子河童くんがちんまりと座っているではありませんか! そうです。私はこの子河童くんに妙にひきつけられたのでした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「アラビアの夜の種族」(古川日出男著)The Arabian Nightbreeds

本のタイトルと表紙から想像するイメージ、そして何より賢く美しい奴隷青年(マムルークと呼ばれる支配階級奴隷)が重要人物となっているという点に非常にそそられて読んでみました。 時は聖遷暦1213年。偽りの平穏に満ちたエジプト。迫り来るナポレオン艦隊を迎え撃つため、支配階級奴隷アイユーブがとった秘策は、「災いの書」なる書物をナポレオンに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(DVD)

先日、第5作目「不死鳥の騎士団」を初めてスクリーンで見てからというもの、遅ればせながらハリーの世界のとりことなってしまった次男は、あれからせっせと原作を読み、1巻読んではその映画をDVDで見、2巻読んではまたDVDを見ているので、私も横でチラチラ見ていたんだけど・・・ 今、2巻の映画まで見たのですが、このころまでは子供向けの映画と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

待ちに待った第5弾の公開であったのに、こんなに出遅れてしまったのは家族そろって観る貴重な映画の一つであったから。でも、待ってみんなで行ってよかった。ストーリーもわかりやすく、夫にも子供たちにも満足のいく映画で、あっという間の2時間半でした。 何かと忙しい夫と長男を連れ立って映画に行くというのは時間の制約があり、日曜夕方からの鑑賞。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「デモナータ5幕 血の呪い」ダレン・シャン著Blood Beast

「デモナータ」シリーズ第5幕・・・「血の呪い」。 1幕「ロード・ロス」、2幕「悪魔の盗人」、3幕「スローター」と残酷×残酷×残酷・・・と続いて、4幕「BEC」あたりからちょっと雰囲気が変わってきたなと思っていましたが、この5幕「血の呪い」も4幕の流れをくんでいる感じで、おもしろく読めました。 主人公は、再びグラブス少年・・・それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆デモナータ◆4幕◆「Bec(ベック)」(Darren Shan著)

1・2巻は予約までして購入し、3巻はいつの間にか発売されていてあわてて購入して、4巻はこれまたいつの間にか発売されていたのですが、買うのを多少躊躇してから買ったので今頃感想です・・・。 クラブス少年、カーネル少年に続いて、今度の主人公はベックという魔力を持った女の子。これまでの3巻とは全く話がつながっておらず、登場人物も舞台も、恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エラゴン~遺志を継ぐ者」ERAGON

待望の映画「エラゴン」を封切り一番で次男と一緒に観てきました。やっぱりこういう壮大なファンタジーの世界は素敵ですね~ 17歳の少年エラゴンは、ある日、森の中で光を放つ青い石を見つけ、持ち帰る。その石こそ、世界の命運を握るドラゴンの卵だった!卵からかえったのはメスのドラゴン、サフィラ。しかし、そのドラゴンとの…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

映画「エラゴン」封切り1カ月前~予告編に生まれたてbabyが!

クリストファー・パオリーニ著のファンタジー・ドラゴンライダーシリーズ3部作のうちの第1弾「エラゴン」の映画封切り(12/16)までいよいよ1カ月となりましたね~~。 映画館でも予告編を目にするようになっていましたが、先ほど公式サイトを見たらドラゴンの生まれたてのかわいい姿が見れてなんだか感激してしまいました
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

◆デモナータ◆3幕◆「スローター」(Darren Shan著)

ダレン・シャン氏の人気シリーズ「ダレン・シャン」に続く「デモナータ」シリーズの第3巻「スローター」がいつの間にやら(正確には8/9)発売になっていたことを知り、慌てて購入。深夜にこっそり(?)読みました・・・やっタ、子供より先に読めた!(^^)! うーん・・・ 残虐度、グロテスク度はますます グレードアップしてますね~~Σ( ̄…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(シリーズ第6作)

ハリーポッターシリーズの第6作目となる「ハリー・ポッターと謎のプリンス」。購入後3ヶ月を経て、ようやく読みました。なんと長い期間寝かせてしまったことでしょう・・・。 このシリーズ、上下巻にわかれてからというもの、やたら無意味とも思えるぐらい、エピソードともいえないようなよけいな話がだらだら上巻で続き、肝心なのは下巻の後半1/2ぐら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女」THE CHRONICLES OF NARNIA

あれこれあって大幅に出遅れてしまったけれど、本日無事見てきました。 できれば先に字幕で見ておきたかったのですが、そんな贅沢は言ってられなくなったので、息子2人と長男の友人2人という、少年4人を従えて早朝からゾロゾロ日本語吹替版を・・・。 しかし、吹替でもいいことあったんですよ! それは・・・ キツネの声がシャアさま!(^^)!…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

ハリポタ映画次回作のケンタウルスに・・・jason piper?

まだ非公式の情報なのですが・・・ちょいと小耳にはさんだ大ニュースってことで・・・ ホセの記事んとこ(こちらね)のコメントから引っ越してきました。 (この情報に関していただいたコメントもここのコメント欄へコピペしました) 来年夏に公開されるシリーズ5作目となる映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ですが、 ジェイソン・パイパ…
トラックバック:1
コメント:121

続きを読むread more

キャストに注目!映画「エラゴン~遺志を継ぐ者」eragon

「エラゴン」第2巻(上・下)を読まねば・・・と思いつつ、1巻のほとんどを忘れてしまっているため、1巻から読み直しました。一応児童書(ファンタジー=児童書)に入るとはいえ、なかなかのボリュームで世界観もしっかりしているので、ちょっとした気合が必要なのです。 で、オリンピックも見ず、映画も見ず、バレエも見ずに夢中で読んでおりました。で、第…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

デモナータ第2幕「悪魔の盗人」Demon Thief/Darren Shan

これは、ダレンシャンシリーズの作者ダレン・シャン氏の最新作「デモナータ」シリーズの第2巻(だけど、第2幕と呼ぶらしい)。前回初巻を読んだときには「ロード・ロス」が「ダレンシャン」にかわるタイトルかと思っていたんだけど、どうやら大間違いだったようです。 第1幕「ロード・ロス」の感想はこちら。なんだか小中高生たちが読んでくれてたようで…
トラックバック:1
コメント:42

続きを読むread more

「バーティミアス」読了・・・

最終巻となる「バーティミアス(第3巻)~プトレマイオスの門」を読み終えて、ついにこのファンタジーも読み終えてしまいました・・・。人気のファンタンジーはだらだら(?)長く続くことが多い昨今、わりとあっさりと3巻で終わってしまったな~。表紙の色も、赤→青→黄とまるで信号機みたいで、とっても明確! こういうところがこのシリーズのいいところ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

次々発売になるファンタジー本、どうするよ?!

ファンタジーといえば「ハリー・ポッター」シリーズ映画最新作で世間がにぎわっていますが(私もにぎわってます・・・^^;)、私が楽しみにしているものにはほかにもいくつかあります・・・。 そのうち、注目しているのが、憎めないジン(悪魔)が主人公(?)の「バーティミアス」シリーズ、それとまだ著者(♂)がティーンのときに第1作目を書いたドラ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「ハリーポッターと炎のゴブレット」の映画の核心に触れない感想・・・

原作を読んでから相当時間がたっているため、ほどよい忘れぐあい、ほどよい記憶かげんだったためか、よいカンジで映画を楽しんできました~。 で、タイトルに書いたとおり、映画の核心にはぜんぜん触れてないミーハーな感想・・・。 何せ、今回はかっこよさげな若者たちが増えたでしょ。シリウス(ゲイリー・オールドマン)以外にもこの映画を見る楽しみが増…
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

児童書(ファンタジー)まとめ買い

クレジットカードのポイントとためてゲットした図書券を足しにして、子供たち(&私)の愛読ファンタジーのまとめ買いをした。 「デルトラクエスト」「ドラゴンスレイヤーアカデミー」は小学生向けなので1冊800円または900円と安いんだけど、うっかりためちゃうと高額になってキツイ。 でも、もうすぐ夏休みでしょ。子供にもせがまれていたし、夏…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

【ロード・ロス】ダレン・シャン氏新作(ファンタジー)

「ダレンシャン」シリーズで有名なダレン氏の新作ファンタジー、「ロード・ロス」1巻が先日発売された。◆デモナータ◆1幕◆となっているから、「ダレンシャン」と同じく、これも3巻ぐらいごとにまとまって数シーン、展開されていくような感じかな。 「ダレンシャン」シリーズと同じく橋本恵さんの訳(わかりやすい)、田口智子さんの挿絵(これがまたと…
トラックバック:0
コメント:81

続きを読むread more