映画「シャークボーイ&マグマガール」(DVD)←動機は当然・・・

いや~、ジェイコブ(映画「ニュームーン~トワイライト・サーガ→関連記事★また★)がどうにも頭を離れなくて。 この映画は以前レンタルしたことがあるのですが、3Dめがねかけて喜んで見てたのは次男のほうで・・・私はあまりちゃんと見なかったのです。 ということで、今回、シャークボーイ(テイラー・ロートナー)をちゃんと見るために仕切りなおしで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トウキョウソナタ」(DVD)

この映画が公開されると知ったときからなんとなく気になっていて、DVDが出たらすぐに予約リストに入れたまま、ずいぶんたって、やっと届きました。この映画が気になったわけは、年頃の息子を2人抱えた家族・・・という意味で、なんとなく他人事ではないような気がしたからかな。 お父さんのリストラから映画がスタートするのだけれど、お父さんのリスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CHEMISTRYがやってくる!・・・CHEMISTRY 2010 TOUR♪

1,2ヶ月前から突然CHEMISTRYに目覚め、聴くのも歌うのも彼らの曲ばかり・・・と、このごろすっかりCHEMISTRY漬け状態となった長男。そんなに気に入ったならぜひぜひコンサートに行くべきよ! でも、予定なさそうねえと言っていたら、突如きのう全国ツアーが発表になっていました。わおっ♪ 大阪・兵庫あたりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラト・シュミウノフ(レニングラード国立バレエ団)の個展が来年早々日本で開催

5年前に私が見たレニングラード国立バレエの記事のコメント欄にて情報提供いただいた(こちら→★)のですが、同バレエ団のプリンシパル、マラト・シェミウノフが年明けから日本で個展を開くんだそうです! 彼が絵を描いているといううわさはどなたかのブログで以前拝見したことがあったのですが・・・個展なんて素敵ですね。しかも、元旦と13日にはバレ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジェイコブが気になって・・・「トワイライト」原作文庫本買い足して読み直し♪

「トワイライト」シリーズ映画第2作「ニュームーン」を見て(感想→★)、ますますジェイコブに肩入れしてしまった私は、原作(以前は主に図書館で借りた)を読み直そうと、まだ第2話までしか買っていなかった文庫を4話まで買い足して読み直しました。といっても、時間がないのでジェイコブに絡むシーンに相当比重を置いた読み方をし…
トラックバック:3
コメント:18

続きを読むread more

グランプリシリーズ*ファイナル男女シングル

ファイナルは、女子のみならず男子も、地上波でしっかり全員放送がありましたね。おまけにCSでペアやアイスダンスの生中継まで・・・でも、せっかく生中継だったのに結局録画して、しかもまだ見られていないのですが・・・。ひとまず、オンタイムで見たもの、録画で見たものを含めて男女ショートについて。 このシリーズは最初から感じていましたが、今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ニュームーン~トワイライト・サーガ」THE TWILIGHT SAGA:NEW MOON

「トワイライトシリーズ」の第2話の映画ということで、楽しみにしていました。 第1話の映画(感想→★)のときは原作(★)との違いがあれこれ気になったけれど、今回は前作映画の延長ということで、気持ちを切り替えて見に行ったので単純に楽しめました。それに、原作も前作のように「読みたてほやほや」じゃなかったし。そして何より、第2話ではジェイコブ…
トラックバック:8
コメント:13

続きを読むread more

いつの間にかマリンスキー・バレエ来日公演中/ボッレ、ジュベールが怪我・・・

・・・なんですね。いつの間にか・・・というのは、私の頭から単に抜けていただけなのですが。 この公演、兵庫の白鳥、びわ湖・名古屋の眠りと、ここからでも手の届く場所で公演があるし、ガラ公演(東京)へ行きたいし・・・と迷った挙句に東京のガラ2日分のチケットをゲットして楽しみにしていたのですが・・・ 台所事情が激しく悪化した夏を越すこと…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

グランプリシリーズ*カナダ大会(男女ショート地上波放送分)

次男の新型インフルエンザ騒動が勃発(?)し、チェックが遅れ、いつの間にかショートが終わっていたカナダ大会。結果をいつのもように確認してから地上波放送の録画を見ました。カナダ大会は、地上波ではめずらしいことに男子も(たしか)6人も見せてくれていてびっくり! ただし、その放送順とピックアップがちょっと不思議でした。 まず、3位(デニス…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

グランプリシリーズ*アメリカ大会男子CS放送分→残るはカナダ大会のみ

アメリカ大会のCSでの放送、NHK杯を間にはさんだからか、今回は数日ズレだけで放送されたので、気になっていた男子のショート、フリーを見ました。何か気になっていたかって・・・そりゃあやっぱりベルネルの点数低すぎショート! ショートプログラムは怖いですねえ。3回のジャンプ、1回目の大技を失敗して、それをひきずって2回目、3回目と失敗す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「奇術師フーディーニ~妖しき幻想~」DEATH DEFYING ACTS(DVD)

こちらもDVDの予告編で見て、ガイ・ピアースがやけにセクシーでかっこよさげ~だったので借りてみました! 彼はどことなくブラピに似てますねえ。 これは実話ベースなんだそうですねえ。時間も短めだし、なかなかおもしろかったです。ただし、キャサリンは・・・このごろますますオバサン化に拍車がかかってますが、確かに美人ではあるものの、若いころ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「セブン・ビギンズ~彩られた猟奇」ANAMORPH(DVD)

ウィレム・デフォー主演の猟奇サスペンスということで予告編をDVDで見て、彼の演技見たさに借りてみました。ウィレム・デフォーは「わけあり警官」の役。ウィレムの警官で鮮烈な印象があるのは、捜査官役としての「華麗な演技」で魅了した「処刑人」。今度の役はどんなだろうか・・・。 そうですねえ。最近は落ち着いた演技が多い彼、あまり派手なパフォ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

映画「笑う警官」

思えば、大森南朋主演というだけで(夫婦で)見に行ったようなもの。当然、彼には「ハゲタカ」のイメージが強く、それなりの映画を期待していたのだけれど・・・。 なんか拍子抜けな映画でした。 大森さんはよかったです。激しい葛藤に苦悩する戦士といった役どころがハマっていて。しかし、これは演出がいけませんねえ。なんというか、と~ってもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランプリシリーズ*アメリカ大会(まだ放送前ですが・・・)

アメリカは時差が大きく、放送は明日、日曜にまとめて・・・ということのようですが、放送前にひとこと。 どうしちゃったの、ベルネル・・・ 男子は、ハイレベルな大混戦だったNHK杯と異なり、アメリカ大会はエヴァンとトマシュの一騎打ちかと思っていたのだけれど。ジャンプがことごとく決まらなかったとしか思えないよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グランプリシリーズ*アイスダンス/ペア*フランス大会(CS放送分)&NHK杯(地上波放送分)

CSで放送されたフランス大会のアイスダンス、ペアとNHK杯(地上波のみ)のアイスダンス・ペアについて書いておきます。 【フランス大会/アイスダンス】 フランス大会は、特にフランスの若いカップルが次々と出場し、容姿の美しさ、ファッションセンスのよさが目をひきます。大体3位、4位ぐらいが多かったけど今年は実力をつけ2位になったフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

やっと観にいけました~ 2週間限定のはずが、好評につき上映延長なんだそうですね。地元にある2つのシネコン、どちらも一番大きなスクリーンで2週間続けて上映なんて、めったにないですよ~。 といっても、平日AMに大きなお部屋でやっているから座席は2割ぐらいしか埋まってないのだけれど、ほかに大当たりな映画を今やって…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

今週もうNHK杯。男子の応援が大変です・・・

各地の開催順が変更になって、ことしは日本が4番目。というわけで、今週末もうNHK杯です。NHK杯にはだれが出るんだっけ?と思って男子のリストを見てびっくり。高橋選手、小塚選手、ブライアン・ジュベール、ジョニー・ウィア、アダム・リッポン君にアルテム・ボルドゥリン君だなんて、みんな応援しなきゃいけないから大変。さらにジェレミー・アボットも含…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

グランプリシリーズ*フランス&ロシア(男子/EX)CS放送補足分

地上波では放送されない外国人男子とペア、アイスダンスを見るために、ことしも(見る時間もないのに)CS(テレ朝ch)を契約。フランス大会、ロシア大会の男子とEXを(早送りしながら部分的に)見ました。毎年ほぼ編集なしで見せてくれるテレ朝chのEXが地上波さながらに「編集」が入っていて外国人選手やアイスダンス、ペアなどは大幅カット。許せません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロミオとジュリエット(Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY)

Kバレエの公演は同じく「海賊」以来2度目。前回もこの高松のホールで、このホールも2度目です。「海賊」のときは熊川さんが怪我をしたばかりのときで、アリは橋本さんでしたが、今回は熊川さん主演!・・・というわけで、私は初生・熊川さんでした。 高松は暖かい。よく晴れて、気持ちよく。ここ、終演後、会場出口付近でふわっと潮の香りがするんです。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

グランプリシリーズ*中国大会(地上波放送分)

地上波放送分、見ました。まずは・・・ 織田選手、鈴木選手、優勝おめでとう!!! ですね。 時差が少ないせいで土曜の夜まとめて放送になったのかしら?と思ったのだけど、フリーのみの放送。な~んだ、やっぱり浅田、安藤というドル箱選手が出ないから省略されちゃったのね~。とはいえ、優勝した織田選手と鈴木選手のショートぐらい放送してもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランプリシリーズ*ロシア(地上波放送分見ました)

地上波放送の男女ショート、フリー、EXを見ての感想です(その前に書いていたものから書き換えました) 一言でいうなら、ロシア大会は やっぱりプルシェンコでしょう!! とういことで、男子から入ります。 男子(ショート&フリー&EX) プルシェンコ、4回転をすずしい顔して決めるところはすごいとしても、以前のあのトリノの年…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

グランプリシリーズ仏杯*フリー、EX(地上波放送分)

地上波で日、月と放送されたフリー、エキシビションを例によってざざざっと飛ばし、飛ばしで、見たいもののみに絞ってチェックいたしました。 まずは、男子のフリー&EXごちゃまぜで。 織田選手のフリーのチャップリン、曲の感じも振り付けも彼に合っていて、ジャンプもきれいに決まり、いい演技ができていたのですね。モロゾフコーチって、本当に…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

グランプリシリーズ仏杯*とりあえず17日地上波放送分+α

公式サイトから結果をちょこちょこ参照しながら、密かにどきどき感を味わっています。 映像のほうは、17日地上波放映分をひとまずざざざっとめぼしいところだけ観ました。 まず、男子ショート。 織田選手。 トリプルアクセルが美しい!「死の舞踏」というハードな曲で動きっぱなしで気合いを感じる演技。ジャンプも決まって上々の出来!のは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「兵士の物語」(アダム、ウィル・・・)大晦日にWOWOWで放映!

今年の秋、東京、大阪で公演のあったロイヤルオペラハウス版「兵士の物語」(アダム・クーパー、ウィル・ケンプ、マシュー・ハート、ゼナイダ・ヤノウスキー )が大晦日のWOWOWで放映だそうです。 しかも、アングルは舞台全体バージョン、アダムバージョン、ウィルバージョンの3つから選べるんですって。凝ったことしますねえ。でも、録画するとなる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ウィル・ケンプを観ようと映画「ステップ・アップ」(DVD)1・2を観た

「兵士の物語」(★)の公演パンフを見て、ウィル・ケンプが「ステップ・アップ2」に出てたんだ!ということを知って、DVDを観てみました。 一応、1から観るべき?と思ってまず1を普通に観て、ふーんと思って、今度2を借りたのだけれども、忙しくてなかなか観られず2週間ほど部屋でDVDを寝かしてしまい、2のほうはあまり映画の評価も高くないし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フィギュアスケート*グランプリシリーズがもう開幕!

ステファンにジェフリーが出ていたというのに、先日の録画もまだ十分観られていない私。ことしはフィギュアスケート鑑賞へのテンションがしたままなのはハードすぎる仕事量のせいかしら? そんな中、早くもグランプリシリーズ開幕なんですねえ。あやうく録画しそこねるところでした。 今年はフランス大会からで、いきなり真央vsキ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画「…依存症の私」(DVD)Diario de una ninfomana

スパム攻撃に遭いそうだからあえて放題は「…」にし、原題のスペイン語でごまかしましたが・・・画像観たらわかりますね(-_-) 何かのきっかけで(←忘れた)レオナルド・スバラグリアを見ようと、B級の臭いがぷんぷんするこのスペイン映画を見てみました。 そのくせ、観るときにはそのことを忘れて観ていて、終わってから、 あれ?彼出てた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル・ワトソン 帝国ホテル東京で12/20ディナーショー

かねてから水面下で密かに今年の来日がささやかれてはいたのですが・・・まさかこういう形になるとは なんというか、正直、微妙です。 (*mikuさんからコメント欄で教えてもらいました。ありがとうございます) そりゃあ、クリスマスにラッセルの生歌を聴きながらディナーなんて素敵ですよ{%ハート2webr…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

首・肩のマッサージに便利な「くびねっこブルー」&「かたボー」

首こりのひどい長男用に買ってみたのがコレ。 赤石 くびねっこブルー赤石 ユーザレビュー:なかなかのすぐれもの ...この価格でこの威力首 ...愛用してますとても活 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ これが、とっても気持ちいいんです。 私はむしろ肩のほうがつらいと感じるのですが、整形Dr.に指摘…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画「ある公爵夫人の生涯」The Duchess(DVD)

これは実話なんですねえ。デヴォンジャー公爵夫人。故ダイアナ妃の祖先だそうです。キーラ・ナイトレイ扮するその公爵夫人ジョージアナの、若いころのある隠されたスキャンダル。そのお相手チャールズ・グレイが後の首相で、これもまた本当の話だそうです。 このデヴォンジャー公爵夫人ことジョージアナの豪華絢爛な人生の影にある底知れぬ不幸が、故ダイア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「クリムゾン・リバー2」LES RIVIERES POURPRES 2 (DVD)

こちらは原作から離れたリュック・ベッソンのオリジナルストーリーだそうで・・・まあ、そういうノリで単純に映画としておもしろかったです。ニーマンス(ジャン・レノ)が出てくるというのと、凄惨な殺しが次々と起こるということと、陰に不気味な宗教・思想がらみの陰謀がありそうだというところは原作や1本目の映画に通じるところがあるけれど、あとは別に「ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽の授業でマイケル・ジャクソン!/HISTORY:PAST PRESENT & FUTURE

高1の長男の通う高校では、1年次に「芸術」の授業がまとめてあるようで、週イチ2時間続きであります。当然のごとく「音楽」を選択しているのですが、いったい2時間も何をやっているのか?と思ったら、映画を見たり音楽DVDを見たり・・・となにやら楽しそう。勉強、勉強の学校なので、やさしい音楽の先生は適度に息抜きをさせてくれているのでしょうか? そ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

iPodプレイリスト♪IL DIVO編

この作業のため、あらためて彼らのアルバムを聴き直してみました。そして、あらためて先日のコンサートを断念してしまったことを残念に思ったのでした。まあ、そんなことを今さら嘆いても仕方ないので、iPodで楽しむべく彼らの曲の中から好みに合わせた選りすぐりを編集。nanoでは曲が流れているときジャケット写真が見られるので、毎度素敵なジャケットの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPodプレイリスト♪ラッセル編

とあるアクシデントにより突如私のものとなったiPod nano(★)を活用すべく、CDを徐々にPCに取り込み、プレイリストを整理中。すごいんですねえ、今どきはネットで曲名のみならずアルバムジャケットまで張りつけてくれるんですね~♪ だから、手元のiPodでお気に入りの曲を聴きながらアルバムジャケットを眺めることもできます。 とうい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アレッサンドロ・サフィーナ「Sognami」Alessandro Safina

「宮廷女官チャングムの誓い」で雄大で牧歌的なテノールを聞かせて泣かせた(★)アレッサンドロ・サフィーナ。最近では、リード姉弟のフリーの曲で使われたり(★)、サラ・ブライトマンと共演したりと日本でも徐々に知名度が上がってきていると思われるアレッサンドロ。かねてからCDが欲しいと思って、迷って迷ってやっと買ったのがこれです(しばらく買ったま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵士の物語」英国ロイヤル・オペラ・ハウス版(大阪)

行ってまいりました、大阪公演初日に。 会場に入ってまず感じたのは、舞台が近い!!ということ。そして、独特の世界観の舞台セットの数々に期待感がぐぐ~っと高まってきました しかし、始まる前にあることに気づきました。 前過ぎて、字幕が読めない! 席は、3列目でも高さが舞台よりやや上で、全体もしっか…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

i Pod nano購入! 我が家もついにデジタルミュージック?

音楽好きなのに、我が家はいまだMD主流だったのですが、次男が誕生日に祖父母からもらったお金+子リスのようにため込んだ小遣いの一部をはたいてi Pod nanoを買うと急遽言い出して・・・。 それが大失敗だったんです 次男は友達が持っているのを見て自分も欲しいと思ったようで、ネットでせっせと調べてamaz…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

そっか、IL DIVOも来日してたんだ\(;゚∇゚)/

IL DIVO【も】というのは、「兵士の物語」でアダム・クーパー、ウィル・ケンプなどが久々に来日し、現在東京公演中なのは意識してたのですが、そういえばIL DIVOも来てたのか・・・という【も】であります\(;゚∇゚)/ 4月の後先考えない東京方面急遽遠征と、その余波で再びお高いバレエチケット数枚に手を出してしまったため、彼らの今…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「オープン・ユア・アイズ」Abre los ojos(DVD)

トム・クルーズ主演の「バニラ・スカイ」にリメイクされたスペイン映画で、こっちがもとのほう。エドゥアルド・ノリエガから今回これに行き着いたのだけれども、この映画、数年前には「以前見たことがある」と思っていたんだけど、実はそれは私の勘違いだったようです・・・。 「バニラ・スカイ」を見たのも大分前なのでよけいそう感じたのかもしれませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリムゾン・リバー」(ジャン=クリストフ・グランジェ著)&映画「クリムゾン・リバー」(DVD)

グランジェの著書「コウノトリの道」と「狼の帝国」を読んで、「クリムゾン・リバー」は映画を先に見てみようかなと思ってDVDを観たんだけれど・・・????????? 映画のほうは、さっぱりわからなかったあ。フランス映画だから多少わけわからないのは致し方ないとはいえ、これはサスペンススリラーだからねえ。すっきりするところはすっきりしてもらわな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サブウェイ123激突」THE TAKING OF PELHAM 1 2 3

この映画は「サブウェイ・パニック」(70年代)のリメイクだそうですねえ。そのせいか、主演がデンゼル・ワシントンにジョン・トラヴォルタだったからか、はたまた土曜の朝イチ上映だったからかわからないけれど、観客は5、60代の準シニア層(?)の夫婦がやたら多かったです。そういう我が家も夫婦50割引の恩恵にあずかって夫婦で観に行ったのだけれども・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「目くらましの道」(ヘニング・マンケル著)

ヴァランダーシリーズ最終巻ということで、上下巻に分かれた力作。最後を飾る(続編はないのかな?)にふさわしく、充実した内容でおもしろかったです。 映画「96時間」にも出てきた少女の人身売買と、もう一方のやはり少女をターゲットにした犯罪とがシンクロしながら進んでいく。犯人にねえ、びっくりするんですよね。途中で犯人は読者にはわかってしま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「96時間」TAKEN

うわさにたがわず、これ、おもしろかったです。 リュック・ベッソン製作でリーアム・ニーソン主演のアクション映画がアメリカで大ヒット?と最初驚いたのですが、なるほど、いいですねえ、リーアム・ニーソン。トシのわりに、走って暴れてむちゃくちゃがんばってました。 とはいえ、ただのアクションで終わらないところが魅力。冒頭のアルバムをめくるシ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ガラ・ドミンゴ」かあ・・・アレーナ・ディ・ヴェローナ&プラシド・ドミンゴinTOKYO

オペラのガラ公演なんてのもあるんですねえ。「オテロ」「シラノ・ド・ベルジュラック」「カルメン」とドミンゴのおいしいとこどりの生公演を観られる(聴ける)貴重な機会となるのはわかっているのだけれど、いかんせん・・・ そういえば、つい先日TVCMでドミンゴ出演、カルロス・クライバー指揮の「カルメン」のDVDが1000円ぐらいで販売されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇団四季ミュージカル「ウェストサイド物語」

劇団四季のミュージカルはファミリーもの中心に時々私の住む町にもやってくるのですが、今回「ウエストサイド~」が上演されるということで、長男を強引に(?)誘って行ってきました ミュージカルなんて久しぶり♪ お芝居はともかく、歌もダンスも音楽も大好きなので、やっぱりミュージカルは楽しいです。 有名なこのお話、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「コウノトリの道」「狼の帝国」(ジャン=クリストフ・グランジェ著)

映画「クリムゾン・リバー」の著者として知る人ぞ知る作家なんですねえ。私はこの映画は観ていなかったので知らなくて、図書館の海外ミステリーコーナーで「コウノトリ」「狼」に単純に惹かれて借りてきました。 ヘニング・マンケル(スウェーデン)に続き、こちらはフランスの作家で、ヨーロッパ、アフリカ、西アジアなどが舞台となっていて、興味深く読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白い雌ライオン」「笑う男」(ヘニング・マンケル著)

前2作(☆)に続き、読みました。 知らなかったのですが、このヴァランダーシリーズってドラマ化されてるんですねえ。ケネス・ブラナーのイギリス版と、あとはスウェーデン版。そのスウェーデン版をちょうど今ミステリーチャンネルでやっているそうで・・・慌ててチャンネル契約しました♪ →スウェーデン版TV「殺人者の顔」をざっくり見たのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アマルフィ 女神の報酬」

やっと見に行けましたO(*^▽^*)o  予告編で美しい南イタリアの景色をバックに「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」(サラ・ブライトマンソロヴァージョン)を聞いてから、これは見なければと思っていたんですよね。それに、またまた真保裕一原作、織田裕二主演ですからね~。 それにしても、佐藤浩市が出てきてああいう展開になって・・・これは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「ステイ」

「精神的に不安定な青年の自殺予告を聞いた精神科医が、青年を救おうと必死になるうちに意識の迷宮にはまり込んでいく様を描いた新感覚スリラー」ということですが、私の「ユアン・マクレガー鑑賞キャンペーン」の一環で見ました。 こういうの、あまり得意な分野じゃあないのですが、ユアンが追い詰められていく姿に目が放せないのと、あとはヘンリー役の若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「画家と庭師とカンパーニュ」DIALOGUE AVEC MON JARDINIER(DVD)

平日の午後のまったりした時間に一人で見ました。ダニエル・オートゥイユ とジャン=ピエール・ダルッサン。画家と庭師。対照的な人生を送った昔なじみの初老(?)男性2人が久々に出会ったところから話が始まり、二人が影響しあっていく(特に庭師が画家に影響を与えるのだけど)日常をえがいた映画。なんということはない、退屈といえば退屈な映画だけど、なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more