「モンスター」百田尚樹著

映画化されるってことで話題になっていて、あらすじを見て、原作読んでみよう!と思って・・・。 これが私にとっては、初、百田作品になります。 最初、図書館で借りてきたけど読む間がなく、少し読み始めたところで返却日が来たので、続きが気になり、中古で文庫を購入。 目を話したすきに(?)息子らに次々読まれてしまったのですが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレア・ボチェッリ 2/14バレンタインデーに特別ライブ上映♪

アンドレア・ボチェッリの約4年ぶりとなるクロスオーヴァー・アルバム『情熱のラヴ・ソング』のリリースに伴い、ライヴ映像『アンドレア・ボチェッリ ~ポルトフィーノから愛を込めて~』がバレンタインデーの2月14日に全世界約40カ国で劇場公開されるそうです。 劇場公開されるライヴは、ボチェッリが昨年8月にイタリアのポルトフィーノで行ったも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」(DVD)

今度は、オダギリジョーとチャン・ドンゴンの共演~ということで、見たかったこの映画をやっと見ました。 日本統治時代の朝鮮の中心都市京城(現ソウル)に、日本人と朝鮮人の二人の若者がいた。 彼らは大日本帝国、ソビエト連邦、ナチス・ドイツの軍服を着て、ノモンハン事件、独ソ戦、ノルマンディー上陸作戦を戦い、そして生き延びた。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アザーマン~もう一人の男~」(DVD)The Other Man

日本未公開で、評価も微妙だったようですが・・・ リーアム・二ーソンが主演でアントニオ・バンデラスも準主演級にからんでくるサスペンス(?)とくれば、評価は「やや微妙」な感じでも、見ないわけにはいきません(・。・; リーアム・二ーソンが夫で、しかもIT関連会社の経営者ということでリッチそう~ そして、イタリアには愛人、アントニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パリの散歩道」・・・思うに羽生選手のびっくりSP連続は・・・ゲイリー・ムーアのこの曲!

ことしは全然フィギュアのこと、書いてませんね~。というより、ブログ自体、更新してないんですが(・・;) グランプリシリーズ、とりあえず地上波放送だけは録画してほぼ見ています。 そして、今シーズンは何やら日本男子がすごいことになっていて・・・中でもこの人、羽生くんの、このSP!! ゲイリー・ムーアだよ!  エレキギターの似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラシド・ドミンゴ「Songs」

いろんなシンガーたちのアルバムによく登場する名曲を、ジョシュ・グローバン、クリス・ボッティ、ZAZ、キャサリン・ジェンキンス、スーザン・ボイルらを迎えてドミンゴが歌う~ということで、おもしろそうなので聞いてみました♪ ドミンゴは70代とは思えない、つややかな声で、しっとりと歌い上げています。 アルバム最後に、息子であるドミン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Live at Carnegie Hall/カエターノ・ヴェローゾ&デヴィッド・バーン

カエターノ・ヴェローゾとデヴィッド・バーンのライブアルバム。 こんなライブ盤が出ていたんですねえ~♪ というか、こんな二人がコラボライブやってたんだ! 2004年にニューヨークのカーネギーホールで行われたライヴの模様を収めたものだそうで、それぞれのソロ曲を中心に、コラボ曲も含めた全18曲が収録されています。 弾き語り中心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「善き人」Good(DVD)

ヒトラー独裁が進む1930年代ドイツ・ベルリンにおいて、「善き人」であった文学教授がナチス党員となり、苦悩する姿をヴィゴ・モーテンセンが静かに美しく演じたということで話題になった映画・・・のようです。 「善き人」というタイトルからは、ドイツ映画「善き人のためのソナタ」(★)を連想しますが、「善き人」のほうはイギリス・ドイツ合作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダレン・シャン前史 クレプスリー伝説」全4巻(ダレン・シャン著)

こんな本が出版されていたんですね~♪ 知らなかった(^^ゞ 「ダレン・シャン」シリーズは以前、家族みんなで楽しんだファンタジー本ですが、中でも一番のお気に入りのラーテン・クレプスリーを主人公にした、クレプスリーの少年時代から、やがてダレンと出会う前までを描いた物語です。 「ダレン・シャン」シリーズ同様、単行本でそろえたかったところで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ハンター」The Hunter(DVD)

幻の野生動物タスマニア・タイガーを追い求める孤高のハンターを ウィレム・デフォーが静かに演じた、デフォーファンにはたまらない渋い映画。 時々変な役もしているデフォーですが、これはいい映画に恵まれましたね。デフォーは黙々と「作業」をしている姿が美しいんですよ。セリフはあまりないほうがいい。今後もこういうのにどんどん出てほしいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「メランコリア」Melancholia(DVD)

地球への巨大惑星衝突・・・というと、パニック映画のようですが、この映画は全く違って、描いているのは心の葛藤のほう。メランコリアというのは、巨大惑星の名前ですが、巨大惑星そのものは鬱症状を象徴的に映し出した「もの」のように感じました。 さて、冒頭にながーいプロローグがあります。普通のSF映画を期待して見始めた人は、まず、このプロロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「長ぐつをはいたネコ」Puss in Boots(DVD)

「シュレック」のスピンオフ映画で、主役は長ぐつをはいたネコ。シュレックのネコといえば、アントニオ・バンデラス。アントニオ・バンデラスといえば、ゾロ(マスク・オブ・ゾロ)・・・というわけで、これはオリジナル音声(字幕版)で見たいところなんですが、スピンオフだし、おまけに3Dもあったりして日本語吹き替え版しか映画館でやってなくて、DVDで見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「タイム」IN TIME

科学の進歩により、すべての人間は25歳から年をとらなくなるが、若さを保ちながら生き続けるためにはお金が必要で、裕福な者は永遠の若さを手に入れ、貧しい者は生きるために働き続けなければならない。生きるための「時間」が「通過」のかわりとなる世界・・・ こういう言い方はよくないのかもしれないけど、当たり前のように100歳近くまで命がある環…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル・ワトソン 10月に来日コンサート決定!

10月22日、23日 オーチャードホール だそうです。唐突に、チケット会社からのメールで知ったのですが、先行売りはしないんですかね? それより知りたいのは、 今回は東京だけなんでしょうか???ということ。 東京と、あと一カ所西のほうへ移動するより、東京連続のほうが割はいいのかもしれませんが、ぜひぜひ西でもやってほしいです。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画「宇宙人ポール」Paul(DVD)

普通のSFでもなく、おこさま向けアニメーションでもなく、おバカ映画でもない「SFコメディ」ということで、おもしろそうなので借りて息子ら2人と見ました。 イギリスから「コミコン」に参加するためアメリカにやってきたSFオタクの二人が、UFOスポット巡りの旅をしている最中、ポールと呼ばれる宇宙人に出会い・・・・。 スピルバーグの『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ダークナイト・ライジング」The Dark Knight Rises

28日封切りらしいけど、前夜から上映していたので、早速見てきました♪ 「バッドマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続く、第3弾完結編。この重くダークな世界観がいいんですよね~。 クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン)は今回はボロボロな姿が多いけど、いつもながら気合入っているし、バットスーツに身を包むともう・・・(*^_^*)・・・…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画「フライトナイト(恐怖の夜)Fright Night(DVD)

コリン・ファレルがヴァンパイアを演じる!というだけで見ずにはいられなかったのですが、ディズニーによるリメイク作品らしいけど、こういう映画にコリンが出演しているのも不思議なら、これがディズニー映画というのも不思議。ジャンルは3Dコメディーホラーとなっている! 3Dで見るとどう違ったのかはわかりませんが、これってコメディーだったの??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくらのサイテーの夏」「きのう、火星に行った。」笹生陽子著

再び、小学6年生におすすめする本候補として読んだ2冊。それぞれ講談社文庫から安価な値段で出版されていますが、青い鳥文庫のほうはどうやら2作品とも入っているようです。アマゾンの「ぼくらのサイテーの夏」の文庫のほうに、この青い鳥文庫の紹介文がコピーされていたせいか、私はこの「ぼくらの~」の文庫にも「きのう、火星に行った。」が入っているのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サマータイム」佐藤多佳子著

中学&高校入試によく出題される小説ということで、ここ数年上位に上がっている本の中で読んでいないものを今、まとめ読みをしようと、図書館で借りたり購入したり・・・。 まずは、佐藤多佳子さんの「サマータイム」を読んでみました。 「サマータイム」というのは、ガーシュインのあの「サマータイム」。姉弟が出会った片腕の少年が弾いていた曲。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コクリコ坂から」(DVD)

宮崎アニメはやっぱりいいな~。たまにはこういうの見ないといけないね~って、アリエッティ見た後も書いたっけ・・・。 この映画で繰り返し流れるのは、「上を向いて歩こう。」  まさに、上へ、上へ、前へ、前への時代だったんだなあ~。私が育ったのは、このもう少し後になるんだけれども、田舎だったから、まだ似たような雰囲気が残っていたんだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「キャンディ・キャンディ」原作:水木杏子 原画:いがらしゆみこ

キャンディキャンディですよ~。懐かしいですね~。 数年前、倉敷美観地区の近くにある「いがらしゆみこ」美術館に行って、初めて著作権関連で絶版になっている事情を知った私。当時はまだその美術館にはキャンディ・キャンディの大きな絵がたくさん飾ってあったのですが、今はそれも撤去されているようです・・・。 あれから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリス・ボッティ「Impressions」ジャパン・ツアー2012 in 高松♪

行ってきました♪ サンポートホールは初めてでしたが、いいホールですね~。クリスもそんなことを言ってました。 残念だったのは、客の入りが少なかったこと。直前にコンサートの存在に気づきチケットを買ったとき、既に残席わずかだったかと思ったのですが、実際は後ろのほうのA席はブロックごとだれも座っていないところもあり、売れ行きを考慮して、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル・ワトソン「Anthems」

感想アップが遅くなりましたが、届いて以来、何度も聞いていますよ♪ 力の入った力作だった前回と比べると、かなりおとなしめな印象。それがこのアルバムのテーマでもあるのでしょうか・・・。 女王戴冠記念アルバム・・・でしょうしね。 どんなふうに歌うのかな~と注目していた We are the champions もわりとシンプ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「しあわせの法則」LAUREL CANYO(DVD)

クリスチャン・ベイル、ケイト・ベッキンセイルが「普通の若者」として出演しています。ハーバードなんだから普通とはいえないかもしれないけど、堅物な人間という意味での普通です。 印象に残るのは、やはりフランシス・マクドーマンドですね。その恋人イアン役のアレッサンドロ・ニヴォラもかっこいい。 堅物アレックス(ケイト)も、あんなに毎日、毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウンココロ」寄藤文平&藤田紘一郎著 「元素生活」寄藤文平著ほか

アートディレクター寄藤文平氏と“カイチュウ博士”と呼ばれるその道の大家・藤田紘一郎博士とのコラボレーション。女性編集者をまじえた寄藤氏、藤田氏の熱いウンコ・トークバトルの末に生まれたというこの本、タイトルも表紙のコピーもデザインも洗練?されていて、思わず手にとってみたくなります。 2005年発売以来、評判を呼び、熱狂的な?ファンも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

On The Rock(オン・ザ・ロック/ オムニバス)

高校時代から洋楽を聞き始めた私のような世代にはとてもなつかし~い80’s中心の洋楽を集めたコンピレーションアルバム♪ たしかディスカスでレンタルしたものだった気がするんだけど、部屋のお片付けの「友」にと久々に引っ張り出して聴いたのでちょっと載せておきます。 TOTOのロザーナから始まって、もう懐かしいの一言ですね、こういうのは。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「8ミニッツ」(DVD)SOURCE CODE

列車爆破事件の乗客の死の8分前に潜入して爆破犯を突き止める極秘任務を受けた男性軍人をジェイク・ギレンホールが、モニターごしに指示を与える女性軍人をヴェラ・ファーミガが演じ、過酷な「潜入」を繰り返しながら男がミッションの謎に迫っていくサスペンス・アクション。原題の「ソースコード」というのは、死者の死ぬ直前8分間の意識に入り込むことができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリス・ボッティ「Impressions」、日本公演は全国縦断ツアー♪

というわけで、ありがたいことに高松に来てくれるので、早速チケットを入手。まあ、さっそくといっても、いつものことながら今ごろ気づいたので、わずかな残席(のわりにいい席)を慌てて手配したのですが(・。・; そして、このCDもあわせて入手。クリス・ボッティらしい、しっとりと控えめなよい曲が多く、ギター曲とのコラボレーションも多いため、コンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(DVD)

映画館で見逃してしまい、DVDで見ました。 前作・・・ほとんど忘れていましたが、ほとんど問題なし^^; トム・クルーズ、一段と大きくなってましたねえ。ちょっと筋肉つけすぎじゃないでしょうか? 体もアクションもそこそこでいいと思うんだけど。 今回の適役は・・・「ミレニアムシリーズ」(スウェーデン版)(→★)でミカエルを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「テルマエ・ロマエ」

連休中のメンズデーということで、家族で見てきました。 こういう映画、見る人いるかな~と思いきや、宣伝効果のおかげか、広い劇場は大入りでした。客層は、メンズデーにもかかわらず、おばちゃんが多かったように感じたんだけど、やはりお目当ては阿部ちゃんの裸体でしょうか??? 原作を読んでる私や長男も、原作を知らない夫、次男もみんな楽しめま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル・ワトソンのニューアルバム「Anthems」5月に発売♪

今度はまたおもしろそうなアルバムですね~。 Race to the end♪とかWe are the champions♪とか、楽しみですね。ラッセルは、これらの曲をいったいどんなヴォイスで歌ってくれるのでしょうか? 前者はカジュアルなハスキー系、後者はオペラな熱唱系かしら? 1. Race to the end 2. S…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画「テルマエ・ロマエ」のテーマ曲「誰も~」を歌うのはラッセル・ワトソン♪

もうすぐ阿部寛主演で実写版映画化されるこの映画。予告編で流れる「誰も寝てはならぬ」。ローマが舞台なだけに歌うのはパバロッティかと思いきや、あれ? あれ? これはもしや???・・・のラッセルじゃあありませんか 日本の映画のテーマ曲をラッセルが歌うなんで、すばらしいじゃないですか。 って、ラッセルファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「プリッツ」Blitz(DVD)

ジェイソン・ステイサムがはみだし凶暴刑事を演じるクライムアクションということで見てみたのだけど・・・ 気に入ったのは、警官殺しの凶悪犯ワイス(通称ブリッツ)。エイダン・ギレン扮するこのキャラクターも演技も、どことなく若いころのゲイリー・オールドマンに似ていてよいカンジ。 一方、主演のジェイソンはというと、あれが扮する主人公ブラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「モンスター上司」Horrible Bosses(DVD)

またまたおバカ映画。 原題はHorrible Bosses。パワハラ、セクハラとあと一つはバカハラ^^;  この映画は、部下をいじめる3人のボスたちをケヴィン・スペイシー(パワハラ)、ジェニファー・アニストン(セクハラ)、そしてコリン・ファレル(バカハラ!)という豪華なメンバーが演じているというので気になり借りてみました♪  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Djavan「アリア・ライヴ! ~ジャヴァン黄金の軌跡~」

ジャヴァンがこんなライヴアルバムを出していたんですねえ~というのをDISCASで発見 80年代によく聞いていたのですが、最近ちょっとごぶさたしており、おもしろそうなので借りてみました(よくDISCASにあったね~) ブラジルスターたちの名曲のカヴァーとセルフカヴァーですね。 カエターノ、カルトゥーラ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界フィギュア 男子シングル~エキシビション!

〔女子シングル、エキシビション〕 女子シングルはすぐに見ていたのですが、あまり私の中で盛り上がるものがなく、エキシビション見てからまとめて書こうと思っていて、なかなかエキシビションが見れず、やっと今朝見たので、いまさらですが書いておきます。 女子シングルは、鈴木選手、フリーが完璧な演技ができたらと残念そうでしたが、でも銅メダルが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「太平洋の奇跡 ~フォックスと呼ばれた男~」(DVD)

太平洋戦争において激戦が繰り広げられたサイパン島で、わずか47人の兵で45,000人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて「フォックス」と呼ばれた実在の大場栄・陸軍大尉。タッポーチョ山を拠点とした大場とその部隊が、終戦後もその事実を知らずに戦い続けた実話を日米双方から描いた日本映画。 そういえば、これも次男が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「猿の惑星・創世記」(DVD)RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星」というイメージにとらわれすぎてしまうせいか、この映画が公開されたとき、この映画に我が家で関心を持ったのは私と次男だけでした。まあジェームズ・フランコが出演するというだけでも私は興味を持つんだけど、予告編で観たアンディ・サーキス扮するシーザーというチンパンジーの人間以上に豊かな表情に引きつけられずにはいられませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビセンテ・アミーゴ「パセオ・デ・グラシア(PASEO DE GRACIA)」

数年前、ステファン・ランビエールがビセンテの「ポエタ」(→★★)の曲を使用して以来、急きょ日本でも注目する人がふえたと思われるビセンテですが、最近すっかりチェックを怠っていたら、2009年にこんなアルバム、出してたんですね。今ごろようやく入手(輸入盤)しました(^^ゞ このアルバムではカンテ(ヴォーカル)の入った曲が多めなのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IL DIVO コンサート(広島サンプラザ)

前回は残念ながら直前にチケットを手放してしまったけれど、今回は行ってきました 1回目のコンサート(大阪フェスティバル)以来、私は2度目になります(たぶん・・・) やっぱり生はいいですね~(*^_^*) 前回は、ミーハー&熱狂的ファンに圧倒され?、彼らは素敵だけどそういう客層がちょっと・・・だったのだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」The Other Guys(DVD)

おバカ映画として評判がよかったので、景気づけに家族で観ようかと借りたのですが・・・ おバカな上にお下品なので、お上品な順(?)に一人(夫)減り、また一人(長男・高3)減り・・・ 残ったのは、おバカでお下品な私と次男でした(^_^;) しかも、最後、マネー犯罪系の話題になったころには私は睡魔に襲われ・・・。 結局一番この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」

いよいよ、最終章の第1弾というわけで、観に行ってきましたよ~ ベラからの結婚式の招待状を受け取ったジェイコブが怒り変身するシーンからスタート。何やらまたまた荒れそうな予感で期待が高まります^^; そして、やっぱり今回も涙腺を緩ませてくれたのが、チャーリーパパ(ビリー・バーク)。 バージン・ロードで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「アジョシ」(DVD)

いつまでたっても韓流初心者のままですが、たま~に見たくなるんです。いかにも・・・なのは苦手なんだけど、こういうアクション仕立てならOK! ウォンビン、前半こそ無口な質屋(少女にとっては、隣のおじさん)だったのですが、後半はド派手なアクションの嵐でしたね~。体も相当すごい。 アクションといえば、敵方で唯一(?)の強敵、タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ゴーストライター」THE GHOST WRITER(DVD)

最初、「ゴーストライダー」かと思ったら、「ゴーストライター」でした^^; ユアン・マクレガー主演のポランスキー監督のスリラーということなので、借りてみました。 元イギリス首相のゴーストライターとなり、元首相のいるアメリカへ渡った「ゴースト」が、次々と陰謀に巻き込まれていいく・・・。 予備知識ゼロで観たのですが、最後まで興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「127時間」127 Hours(DVD)

断崖に腕を挟まれ動けなくなった男性の実話(アルピニストとして活動しているアーロン・ラルストン氏の実体験をもとにした原作「127時間」)をダニー・ボイル監督が映画化したものだそうで、主演はジェームズ・フランコ。だからこそ、興味を持った映画です^^; 前評判と後評判もいいようですが・・・ 私の正直な感想は・・・ 映画館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドラゴン・タトゥーの女」THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

図書館で借りて原作を読み、スウェーデン版映画を観て、今回ハリウッド版公開前に文庫版を買ってさらに読み返し、期待半分で観に行ったハリウッド版。原作が非常におもしろかったし、スウェーデン版映画も悪くなかっただけに、ハリウッド版にはいやがおうにも期待は高まります・・・。 読書の力は私の数倍以上ある夫は、なぜかスウェーデンもの(?)が読め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ジュリエットからの手紙」Letters to Juliet(DVD)

イタリアのヴェローナにある「ロミオとジュリエット」の「ジュリエットの家」に届く女性からの手紙。その中に偶然古い手紙を発見した若い女性ソフィーが、その手紙を書いたイギリス人女性クレアに手紙を書いたことがきっかけで、昔の恋の続きを探しに行く旅?が始まる・・・。 たまにはこういうのもいいわねというタイプの映画で、ガエル・ガルシア・ベルナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎年ながらこの時期は・・・

映画に行けません。 DVDすら見られません。 本ももちろん読めません。 今年は例年以上に忙しく・・・。 そして、なぜかこの忙しい時期に限って、 ディスカスに予約してて、新作人気だからまだ当分順番が回ってこないだろうと思っていたDVDが予想外に早く届いてしまったり、 図書館に予約していてずっと待っていた本が立て続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イル・ディーヴォの今度の来日公演は・・・地方公演も!

2012年3月の来日公演が発表になりましたね。前回はパスしたので、次回は是が非でも・・・と意気込んでいたのですが、大阪公演の日程がこれまた微妙で・・・またまた大阪城ホールだし・・・と思っていたら、唐突に広島公演の情報が! ファンの皆さんはご存じだった情報かしら? 私はまったく彼らのサイトとかファンサイトとか見てないので、さっき、ぴ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

精米機で毎回精米したてのごはんを!

唐突に毛色の違う記事となりますが・・・^^; これまでお店で買った無洗米や実家からもらった白米に発芽玄米や麦をときどき混ぜたりなんかしてごはんを炊いていたのですが、知人から勧められて、精米機を購入。精米機って実家にあるのはでっかいやつなんだけど、このごろはこんな炊飯器か電気ポットかというようなかわいい精米機があるんですね~。しかも、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more