映画「フロスト×ニクソン」FROST/NIXON(DVD)

画像映画「ニュームーン」で、イタリアのヴァンパイア、アロを素敵&不気味に演じたマイケル・シーンの演技が冴える出演映画ということで借りたのですが、ケヴィン・ベーコンまでついてきました

1974年8月9日、第37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)が、ウォーターゲート事件の汚名にまみれて辞職。任期途中の辞職はアメリカ大統領初の出来事で注目を集めた。その光景をテレビで見ていたトーク番組の人気司会者デビッド・フロスト(マイケル・シーン)は、ニクソンに対する単独インタビューを企画。ニクソンの代理人にコンタクトを取り、高額な出演料でインタビューにこぎつけたのだが・・・。


ウォーターゲート事件やニクソン大統領にあまり興味がなくても、もちろん知識がなくても、気軽におもしろく見ることができました。なんだか妙にリアルな感じで。

インタビュアーのフロストがバリバリのやり手でニクソンが打ち負かす話なのかと思ったら、全然違いました。そう考えると、このインタビューの成功はフロストの手柄というよりか・・・・・・なんだろう? でもまあ、フロストがニクソンの心を開いたには違いないのだから、やっぱりお手柄なのか。

司会者も大統領も、ジャンルは違えども、みんな立派な役者ってことですね。

マイケル・シーン、いいですね。特にあのしゃべり方! ほかの映画も観てみようっと。

ニクソンを演じたフランク・ランジェラも、ほんものの大統領みたいな風格と、終盤は憂いがあって生々しかったです。

ケヴィン・ベーコンは、大統領の秘書だか補佐官だかという役柄で、いつもニクソンのそばにいる役柄で静かながら印象的な存在感をはなっていました。

あの女性は何なんだ? 飛行機の中でフロストに要するにナンパされたからって、何日も彼と共にすごすなんて、どんな暇な身分なのかしら? リッチな身分なのには違いないけど。

画像監督・製作:
ロン・ハワード
脚本・原作・製作総指揮:
ピーター・モーガン
出演:
フランク・ランジェラ(ニクソン大統領)
マイケル・シーン(デヴィッド・フロスト)
ケビン・ベーコン
レベッカ・ホール
トビー・ジョーンズ

2008 アメリカ


フロスト×ニクソン 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-01-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"映画「フロスト×ニクソン」FROST/NIXON(DVD)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント