ヌレエフ版「白鳥の湖」(パリ・オペラ座バレエ’05)は・・・

画像衝撃でしたΣ( ̄□ ̄;;;)!!
それでなくても、オープニング箇所をはじめ、随所にちりばめられたあの音楽を聴いただけでも心拍数が上がる「白鳥の湖」。それなりに覚悟はして深夜に見始めたのはいいけれど、カール・パケットのロットバルト(というより家庭教師)の悪魔的な美しさに当たってしまい、全くもって眠れなくなってしまいました。

カール・パケットは不思議です。見るからに悪魔!のロットバルトのときよりも、王子に(一応)仕える家庭教師姿の方が、より悪魔っぽいです。とにかく、ものすごい(邪悪な)オーラが出ていてびっくり

私にとっての初カールは、「ドン・キホーテ」のジプシー()であり、そのときから主役以上に気に入っていたのだけれども、ここまで貫禄をつけているとは思っていませんでした。何しろ、目力通り越して顔力がすごいですからね。

ながーーーーいマントをわっさ、わっさと、短めマントをふわふわとたなびかせながらさっそうと歩く(走る)姿のなんと妖しく美しいことか。もう、魔法でも妖術でもなんでもどうぞってカンジ?!(^_^;)

ソロもいいし、王子とのデュエットもいいけれど、それ以上に妖しいのは王子とオデット・オディールの間を割ってさりげなく強烈にからむパ・ド・トロワ。でかいアニエスの後ろで腰をささえるとひらひらマントしか見えなくなるけど、それでも強さを失わない・・・。
 
もともと、映画などでもこのテの悪役好きの自分。このカール・パケットのロットバルト(&家庭教師)にはすっかりやられてしまいました。あまりに腑抜けになったので、ちゃんと感想が書けません・・・。

この作品に関しては、naomiさんがすばらしい感想&分析()を書かれているので、そちらにお任せします・・・。


「白鳥の湖」というと、マシュー・ボーン版の印象がいまだ強く、随所でマシュー版が頭をよぎるのですが、このヌレエフ版はある意味、マシュー版と一番多く重なって見えました。

王子と家庭教師(ロットバルト)が一緒に踊るところなどには、どんなに抵抗しようとしても抗うことのできない二人の関係(絶対的な)を感じます。

そちらの関係が深い分、オデット/オディールの存在感があまりありませんが、これも筋書き通りなのかな。

アニエス・ルテステュのオデットは、高貴なお嬢様ふうかと思いきや、予想外に邪悪。それも、オデットのときから邪悪。これは王子の憧れを通り越した悪夢なのでしょうか? 悲劇性を感じられないよくわからないオデットだなあと思っていたけれど、オディールでは本領発揮して、パパさん(カール・パケット)以上にわかりやすい邪悪さで、魅力爆発といった感じに。ちょっと露骨に邪悪顔をしすぎるかなとも思ったけれど、きっとこういう振り付けなのでしょう。

ジョゼの王子はハマリ役で、濃すぎない演技で優雅にそつなくこなしている印象。アクが濃くないところも、カール・パケットの絶対的な存在感を引き立てていて、いい感じです。
カールが引き立つ・・・といえば、衣装も家庭教師の方が王子より立派そうなのを着てますよ。これまた不思議(笑)。

ティボーはあいかわらず猫みたいにしなやか&身軽だし、マタドールさんたちはかっこいいな。

こんなことしか書けないので、ここらでやめます。今夜は寝そびれてしまいました。

振付:
ルドルフ・ヌレエフ
出演:
オデット/オディール:アニエス・ルテステュ
ジークフリート王子:ジョゼ・マルティネス
ヴォルフガング(家庭教師)/ロットバルト:カール・パケット
女王:ミュリエル・アレ
パ・ド・トロワ:エマニュエル・ティボー、ノルウェン・ダニエル、ドロテ・ジルベール
パリ・オペラ座バレエ団
演奏:
パリ・オペラ座管弦楽団 (指揮)ヴェロ・ペーン
2005年、バスティーユ・オペラ座(パリ)収録

加筆・・・(3/18)

二夜明けて落ち着いてくると、このロットバルト、ベラルビさまでも見たくなりました。彼の家庭教師姿は○○伯爵といった感じでさぞかし素敵でしょうね~。

にしても、このナポリはどうしたんだ? このジェレミーを、クラシカジャパンのミスとはいえ、カール・パケット(ドン・キのジプシー)と間違えていたなんて・・・(~_~;)

Swan Lake (Sub Dts)
Swan Lake (Sub Dts)
Opus Arte
2007-02-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



Swan Lake - Tchaikovsky - Nureyev [DVD] [Import]

"ヌレエフ版「白鳥の湖」(パリ・オペラ座バレエ’05)は・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント