アンドレア・ボチェッリ「シネマ~永遠の愛の物語」

画像「情熱のラブ・ソング」(→)以来のデヴィッド・フォスタープロデュースによるポップスアルバムです。IL DIVOのニューアルバムと発売もほぼ同じなら、来日コンサートもほぼ同時期ですね~。

ボチェッリは、数年前にこれが最後のポップスアルバムになるだろうなんて言っていたと思うので、そんなあ・・・と残念に思っていましたが、「情熱の~」に続き、再びこんなアルバムを出してくれて、とてもうれしいです。

彼の声は、音域がとても広く、正確なのに、伸びやかで壮大。一言でいえば、ドラマチックということになるのでしょうか。
アリアナ・グランデと歌う「デボラのテーマ」がヒットしているようですね。

私の一番のお気に入りは、「愛のテーマ(ゴッドファーザー)」です。これは、曲も映画も好きだからというのもありますが。ラッセル・ワトソンが歌ってくれたときもとてもとてもうれしかったのですが、アンドレアはシチリアなまりで歌っているんだそうですねえ。といっても、私にはイタリア語ということはなんとなくわかっても、シチリアなまりがどう違うのかなんてさっぱりわかりませんが、映画で見たシチリアの雰囲気と彼の声はよくあっていますね。

「ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ(エビータ)」も大好きな曲で、うたってくれてうれしいです。

さて、こうなると問題は来春の来日コンサートです。6年ぶりだそうです。もうそんなにたったのか・・・。

2016年4月28日(木) 東京国際フォーラム・ホールA

IL DIVOみたいに2年おきに来日はしないし、地方公演も期待できないし。前回は東京だけだし、チケットもお高いしで諦めたんだけど、次はチャンスかなあ・・・・。


1 マリア ~『ウェスト・サイド・ストーリー』

2 ララのテーマ ~『ドクトル・ジバゴ』

3 ムーン・リバー ~『ティファニーで朝食を』

4 デボラのテーマ~『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『マレーナ』
 duet with アリアナ・グランデ

5 ビー・マイ・ラヴ ~『ニューオーリンズの美女』

6 ミュージック・オブ・ザ・ナイト ~『オペラ座の怪人』

7 愛のテーマ ~『ゴッドファーザー』

8 ポル・ウナ・カベサ ~『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

9 ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ ~『エビータ』
 duet with ニコール・シャージンガー

10 愛とは素晴らしいもの~『慕情』

11 ミ・マンケライ ~『イル・ポスティーノ』

12 チーク・トゥ・チーク ~『トップ・ハット』
  duet with ヴェロニカ・ベルティ

13 ライフ・イズ・ビューティフル ~『ライフ・イズ・ビューティフル』

14 ある愛の詩~「ある愛の詩」

15 オール・マン・リバー~『ショーボート』

16 ついに自由に ~『グラディエーター』

17 ドント・クライ・フォー・ミー・アルゼンチーナ ~『エビータ』
  duet with サラ・オレイン

http://www.andreabocelli.com/

http://www.universal-music.co.jp/andrea-bocelli/


シネマ~永遠の愛の物語(初回限定盤)(DVD付)
Universal Music =music=
2015-10-23
アンドレア・ボチェッリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シネマ~永遠の愛の物語(初回限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



情熱のラヴ・ソング
ユニバーサルクラシック
2013-03-27
アンドレア・ボチェッリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 情熱のラヴ・ソング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック