「窓から逃げた100歳老人」(ヨナス・ヨナソン著)

スウェーデン発ミステリが好きで検索していて、こんな本をあるのを発見。けっこう人気みたいで、図書館で予約待ちをして借りました♪

100歳の誕生日に老人ホームを「脱走」した老人アラン・カールソンの「今」と、フランコ、トルーマン、毛沢東、スターリンなどの歴史上の超有名人と絡み合う「過去」とが交互に書かれていて、楽しく読むことができました。


「過去」のほうは、まああり得ない「デタラメ」ではありますが、なかなかユニークで、笑えますね。

でも、このハチャメチャな「過去」がなくても、「今」のお話だけでも、十分楽しめます。
この主人公が100歳老人である、ということが、何と言ってもこの話のおもしろさですね。

お年寄りをひとまとめに「高齢者」として扱う(考える)のは、当たり前ではありますが、間違ってますね・・・。


☆9/30追記

あ、これ、映画「100歳の華麗なる冒険」になってたんですね。
日本では、11/8公開。このあたりで上映は・・・なさそうなのでDVD待ちですか。

http://www.100sai-movie.jp/





窓から逃げた100歳老人
西村書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 窓から逃げた100歳老人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック