映画「誰がため」FLAMMEN & CITRONEN(DVD)

画像先日「ミレニアム」を観て以来、再びドイツもの、北欧ものを観たくなって、目に付いた一つがこれ。なんといっても、このジャケットでアップになった赤毛の青年、二人の主人公のうちの一人、フラメン役のトゥーレ・リントハートに非常にひきつけられます。彼は、「青い棘」のハンスなのですね!!!


舞台は1944年のデンマーク。ナチス・ドイツの占領下で、地下抵抗組織に所属し、ナチスへの売国奴たちを「始末」するよう命じられた通称フラメンと相棒のシトロン。正義のため、家族を守るために、それぞれ淡々と、また苦悩しつつも任務を果たしていくが・・・。デンマークで長い間タブーとされていた実話をもとに映画化されたらしく、実際のモノクロ映像を時に交えながら、淡々と、ある意味生々しく、当時の様子が映し出されていきます。

デンマークって、私たち日本人が知っている世界史上目立っていないので、デンマークに関する知識は乏しく、ほとんど何にも知りませんでしたが、あんな場所にあるのだから、いろんな国の影響を受けないわけないですね。特にドイツ・ナチスの影響は相当なものだったようで・・・。スウェーデンへ逃げる・・・という発言が何度も出てきましたが、スウェーデンはそういう位置づけだったようですね。逃げたところへは、またナチスも現れるわけで・・・何冊か読んだスウェーデン小説へつながっていきます。

映画のほうは、重苦しい空気の中で淡々と進んでいくのですが、そんな中、なんといっても主役の二人の演技が光っています。

若く純粋で知的なフラメン役のトゥーレ・リントハートがいいです。育ちのよい上品な顔立ちで、いつもスーツをきちんと着こなし、美しさを保ったまま、容赦なく任務を果たす姿がかえって痛々しくもあり。「青い棘」もまた見たくなりました。「天使と悪魔」もまだDVDを観ていなかったので、見てみましょ。「青い棘」以前の作品も見たいのですが、日本ではDVD化されているものはないのかな・・・。

一方、もう少し年上で、「大人」な事情をいろいろ抱えたシトロン役のマッツ・ミケルセンの苦悩。美しいフラメンとはある意味対照的な印象で、見た目的にはこちらのほうがいかにも「レジスタンス」という感じ。

あとは、やっぱりホフマン役のクリスチャン・ベルケル。やけにカッコいいホフマンでしたが、彼にはゾクっとくるものがありますね。ギルバート役のハンス・ツィッシュラーも渋い。ドイツのおじさま方には独特の「かげり」があり、そこがなかなか魅力的です。

ケティは、フラメンより、やっぱりホフマンとのほうがお似合い。いくら、間に入って苦しんだって、最後フラメンからの手紙を読んで泣いたって、やっぱり・・・許せませんね。


監督
オーレ・クリスチャン・マセン

出演
トゥーレ・リントハート(フラメン)
マッツ・ミケルセン(シトロン)
スティーネ・スティーンゲーゼ(ケティ)
ピーター・ミュウギン(ヴィンター)
クリスチャン・ベルケル(ホフマン)
ハンス・ツィッシュラー(ギルバート)

公式サイト→http://www.alcine-terran.com/tagatame/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック