山川出版の「詳説世界史研究」と「詳説日本史研究」

山川といえば世界史、世界史といえば山川・・・と思っていたけれど、このごろは日本史も高校では山川の教科書を使うんですね~。2年からやっと歴史の授業が始まった長男が、世界史がブルーのストライプ、日本史がオレンジのストライプで、教科書からサブノートまで同じデザインで統一されたものを、学校で購入して帰りました。子どもが世界史の勉強を始めたら、私もやろう(一応大学では世界史研究室だったくせに99%忘れているため)と思って、いろいろ検討した結果購入したのが、この「詳説世界史研究」。教科書内容と図録がドッキングした形になっていて、事実のみではなく、背景や理由などもしっかり書かれているのでこれにしたのだけど・・・。

この本を手にとった長男に、あっという間に持っていかれてしまいました。

というのも、世界史、日本史の授業がある日は(1日は2つともあるから大変)、教科書にサブノートに図録と、ずしんとかばんが重くなり大変で、かといって復習や宿題があるから「置き勉」(学校に置いて帰る)するわけにもいかず・・・でも、この参考書があれば「置き勉」しても大丈夫だし、教科書と同じ構成でしかも詳しいから復習に便利だしということらしい。

ついでに、日本史も買って!と言われ、さっそく次の日には両方とも「置き勉」して帰ったので、1冊2500円もするのに日本史も注文するはめに・・・。

私の世界史はしょうがないからオークションで安いのを買おうか・・・と思ったけど、これは最近リニューアルしたようで、旧タイプのものしか出回っておらず、どうしようか迷い中。昼間勉強するなら、長男が学校へ行っているスキに見たらいいのだけれど、私がそういうことをするのは大体深夜だし・・・。しばらくどうするか考えます。

しかし、どうして高校では最初っからこれを使わないのかしら。高校によっては最初からこっちを教科書に使っているところもあるようですねえ。世界史、日本史をセンターにしか使わないなら、ここまで詳しくなくてもいいということなんだろうけど、こっちのほうが「読める」分、案外頭に入りやすいと思うのだけど・・・。


詳説世界史研究
山川出版社

ユーザレビュー:
世界史は面白い。世界 ...
教科書捨てた純粋に読 ...
もってて損はない最初 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



詳説日本史研究
山川出版社

ユーザレビュー:
懐かしい。大学入試の ...
教養としての日本史で ...
お勧めです☆☆年を重 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック