とにもかくにも、お疲れさま。(女子フリー/バンクーバー)

ものすごい緊張感、プレッシャーの中、世界じゅうの注目を受けての4分間。どの選手も若いのによくがんばりましたね。若いからこそできるのでしょうが・・・。
きょうはしっかりライブ中継を見ることができました。浅田選手のときは、心臓が本当にドキドキしてました。

浅田選手、男子でも成功率が高くないトリプルアクセルを本大会で3回も決めて、言ってみれば快挙をなしとげたわけで、メダルの色はともかく笑顔が見られるかと思いきや、フリーの後半のあのジャンプ前のつまずきに続く失敗がよほど悔しかったのでしょう。もっと喜んでもよかったのではないかと思える演技だったと思うんですけどね・・・。徐々に悔しさより、喜びや自信が沸き起こってくればいいなと思いますが。

ともかく、これで一連の勝負はひと段落したわけで、ここで一息ついて、いったん白紙に戻して、次へ向けてじっくり考えてほしいなと思います。世界フィギュアがあるから、それが終わってからになるのかなあ。

キム・ヨナ選手のあのありえないような高得点には、正直気持ちがしらけてしまいました。あれだと、今の浅田選手がベストな演技をしてもかないませんからね。重厚路線によるストレートな勝負では、ノーミスでもあと10点ぐらいが限界ではないでしょうか。

ショートのあと、感想を聞かれたカナダ人(たぶん)の中年男性が、浅田選手のことをのようだ」と言っていたけれど、なるほど、よく言い当てているなと思いました。軽やかに舞う蝶のような彼女が、重苦しい「悪魔」(フリーの曲、衣装、表情はまるで悪魔ですね)になることはないです。

安藤選手、クレオパトラで衣装を変えたのはたしか3回目ですよね。最初がゴールドで、次がブルー、そしてエメラルドグリーンかな。。この衣装には日焼けした肌がぴったり。上位陣には3-3のコンビネーションを決める選手が目だっただけに、安藤選手がこの成功率を100%に近い状態にし、回避せずにすむようになれば、さらに高得点が望めるわけで、今後はそのあたりにチャレンジしてほしいなと思うのですが、彼女のチャレンジ意欲は今後も続くでしょうか・・・そろそろ現役引退なんて言い出すんじゃないかとちょっと気になるところですが

鈴木選手は、やっぱりウエストサイド~ではいい演技をしますね。納得のオリンピックになったようで、よかったです。

おおとりとなった長洲選手(アメリカ)のあの堂々とした演技にはびっくりでした。次回はメダル争いに食い込んできそうです。

そして、ロシェットは・・・立派でした!


高橋・織田・小塚選手がなかよくそろって日の丸持って(顔にもつけて)応援していたのがほほえましかったです。
男子も女子も3人ずつそろって入賞はすばらしいですね! 浅田選手の銀も惜しければ、高橋選手の銅も惜しかったし、織田、安藤選手がメダルを逃したのも惜しかったし、小塚選手も鈴木選手もベストな演技ならメダルに手が届く可能性もあったわけで、みんなまだ若いんだし、次に向けてさらなる飛躍を期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mariko
2010年02月27日 12:48
選手の皆さんにお疲れ様、感動をありがとうと言いたいです。
女子はまあ予想どおりの結果となりました。
とてつもない高得点には、わたしもしらけた気持ちになりました。
浅田選手の3回の3Aすばらしかったです。
安藤選手、トリノから成長しましたね。
鈴木選手の演技には涙しました。

競技の合間に映る観客席にランビエールや日本男子トリオの姿がありましたね。
緊張するなかにちょっとほっとさせてもらいました。

これからフィギュア界はどうなっていくのでしょうね?
うるる
2010年02月27日 18:16
そうそう、サラ・マイヤーのときランビエールもアップでけっこうな時間写されていましたね。あすはエキシビションの放送があるんですね。それも楽しみです。
うるる
2010年02月27日 23:53
一夜明けて、各関係者がキム・ヨナを絶賛する声が出回っていますが、やはり彼女はすごい存在なのでしょうね。確かな技術と高い芸術性をバランスよく兼ね備えて、かつ洗練された演技をするという。特に、この「洗練」というところが、あれだけ高得点をはじき出す要因なのでしょうね。彼女は、さらに容姿でも得をしてますよね。スリムなのに女性らしい体つきと長い手足、そして肌の色も東洋人にしては白く、きれいなので西洋人と混ざっても見栄えがいいですもんね。というわけで、技術と芸術性と容姿がそとって、さらに度胸もある。彼女は腰とかの不調を再発させないかぎり、今後数年間は君臨しそうな予感がします。

洗練とかセクシーさでは今の浅田選手はどうやってもキム・ヨナにはかなわないから、別の路線で攻めるしかないということで畳み掛けるような高い技術力を誇示する重厚路線を選んだのかもしれませんねえ。でも・・・それでもかなわなかったんだから、やっぱり路線変更してほしいところです。
うるる
2010年03月01日 15:36
ソチに向けて、浅田選手は4回転に挑戦を表明しているようですね(プルシェンコからもエールを受けているとか・・・)。あくまで浅田選手は、自分にできること、自分にしかできないことを自分らしく、という面で新たなチャレンジをしようとしているんだなあと聞いて、なるほどなあと思いました。彼女の可憐な雰囲気と、高難度のジャンプに挑戦する姿勢とにちょっとギャップがあって、どちらにも合った曲を探すのは難しいのかもとも。

エキシビション、フジの放送にイライラしながら見ました(苦笑)。ステファンのみならず、プルシェンコもシャンソン? フィギュアにシャンソンって似合いますよね。ステファン、フラメンコよりシャンソンのほうが合っている気がしました。以前、ジュベールもフランス大会で滑っていたと思うけど、よかったですし。高橋選手のEXは、やっぱりタンゴがいいなあ。白鳥の湖(ラップバージョン)パートⅡなんかも見たい気がします。

エンディングは、ペア4組によるリフトが迫力ありました。

この記事へのトラックバック