やっぱり中国勢は強かった・・・フィギュア・ペアフリー(バンクーバー)

いやいや、本当にペアはハイレベルないい勝負で、民放で中継があったのでオンタイムで楽しみました。上位陣がほぼノーミスのいい演技を見せてくれたショートに対し、メダルがかかるフリーともなれば、小さなミスに加え、普段見たことのないようなミスも出たりして、どきどきしながら観ていました。

そして、予想どおり金は中国のベテランペア。意外なミスが出たのでどうなるかひやっとしたけれど、これで無事金獲得なので、今度こそ引退していただきましょう。彼らは2年間の間のプロ活動で、表現力に磨きをかけ、ペアの選手とは思えないほどの顔芸?まで披露して、ハイレベルかつエンターテイメントな演技を楽しませてくれました。特に女性がすごいですね。彼女は強い、強い。

そして、ホウ・セイ、トウ・ケン組の銀。よかった、よかった。彼らはフリーもほぼノーミスのいい演技だったので、もしかしてこちらが金?ともちょっと思ったりして。川&スミ組が終わった時点で、彼らがメダルをとるためには、このホウ・セイ、トウ・ケン組が失敗した場合しかありえないと思ったのだけど、彼らは今回は思いのほか、強かったです。

ドイツのペアは銅メダル。これは不本意だろうなあ。彼らが銀かと思っていたので。ゾルコビーのソロジャンプの転倒なんて、ものすごくびっくり。男性の安定したリードという点では、このゾルコビーとカナダのデイビスンが好きなのですが、オリンピックは本当に恐ろしいです。

それを言うなら、川口&スミルノフ組も同じなんだけど。3回転スロージャンプで失敗するぐらいなら、4回転飛ばせてあげればよかったのに・・・と、あとからなら何でも言えるけど、いざ決断となると迷うでしょうしね。

それにしても、日本のメディアは今回川口選手にちょっと騒ぎすぎ。まあ、そのおかげでこうして地上波で中継が見られたんだけれども。彼女は38キロしかないんですってねえ。腕とかものすごーーく細いですもんね。一方、スミルノフは毎年鋼鉄度が増していく感じだし。まだまだいけるかもしれませんね。


あすはいよいよ男子シングル。これまたハイレベルなバトルが繰り広げられるに違いありません。大小TVで録画スタンバイをして待ちます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mariko
2010年02月16日 22:21
うるるさん、ほんとうに凄い戦いでしたね~。
生放送はどきどきしていいですね。
川口・スミルノフ組残念でした。SPの演技がよかったので期待してましたがミスがでてしまいましたね。大技に挑戦させてあげたかったです。
いよいよ明日は男子ですね。今からどきどきです。
うるる
2010年02月17日 08:35
marikoさんも中継で見られたんですね。フィギュアは先にリザルトを見ることが多いのですが、今回は中継で観ることができたのでよかったです。その分、どきどきしますが。

いよいよ男子ですね。男子は、ペア以上に至上最強のハイレベルな争いと言われているので、本当にどうなることやらです。
さるしっちゃー
2010年02月18日 02:34
こちらにも、こんばんは。そうそう、漢字むずかしいホウ・セイ、トウ・ケン。私もこちらのペアが好き~。つい顔じーっと見ちゃう。そして全く同じようにこちらが金かと思ってしまいました。
SPで金のペアとそんなに差があったんでしょうか。見てないのですが・・。
高橋くんって、岡山出身なのね。
うるる
2010年02月18日 02:41
ホウ・セイ、トウ・ケン。いやいや中国選手の名前は、漢字にしても英語にしてもわけわからんですね。

トウ・ケンは、ペアにはマッチョな男性が多い中で、エレガントな雰囲気を持っていて、そこが好きですね。

金のペアは、別格という感じですねえ。力の中国勢に表現力を加えたのが彼らなんだそうで、特に女性がすごいなあと思います。ダンスでいったら、ほかの選手たちが生徒であるのに対し、彼らは教師といった感じ? プロ活動中の彼らの演技もいくつか見ましたが、ああいうのが今回の演技に十二分に生きている感じでした。

この記事へのトラックバック