まずはペアから(バンクーバー/フィギュアスケート)

さすがオリンピックともなれば、TVで次々放送されますね。フィギュアスケートは、まずはペアからスタート・・・ということでNHK(地上波)での中継を含む放送を観ました。今シーズンのフィギュアスケートは、レベルの高い争いとなる男子シングルと、そしてペアが注目ですからね。

まずはショート。

引退復帰後ということでトップバッターでの演技となった中国の申雪、趙宏博組がいきなり史上最高得点を出すというセンセーショナルなスタートとなり、しばらく低中位の選手が続いたあと、川口&スミ組らの中継をはさみ、あとは録画で見ました。

川口&スミルノフ組(ロシア)は、最近日本のメディアでも大きく扱われるようになり、おかげで何度も放送されていました。ショートは昨シーズンに続く「白鳥」。これは彼らに似合っていて、好きなプログラムなのですが、ほぼノーミスで決めて高得点をマーク。しかし、上には上がいるところがペアのすごいところで、中国のペアたちもほぼノーミスの演技を見せてくれたし、最近やや不調のときもあるドイツのサブチェンコ&ゾルコビー組も今回は満足にいく演技で、見ごたえがありました。

ひととおり上位陣の演技を見終わったところで、申雪、趙宏博組の演技を見直してみると、やっぱり彼らはさらに別格という印象を持ちます。なんというか、技術力、表現力の上に、さらに圧倒するオーラが出ているんですよね。すごい、すごい。ここで彼らに金をとってもらって、今度こそ無事引退してもらいましょう・・・。

上位陣でショートで失敗したのは、ロシアのペアとカナダのペア。特にロシアのペアは今シーズン好調だっただけに、ショックを隠せないもようでしたが・・・あすのフリーは立て直してがんばってほしいです。

個人的には、ホウ・セイ、トウ・ケン組がお気に入り。いつも彼らは選曲も好みに合うものが多く、ショートの「耳に残るは君の歌声」(~真珠とり~/ビゼー)もよく似合ってます。悲願のメダルがとれればいいのだけれども。

あすのフリーも目が離せませんね。

日刊スポーツに川&スミ組のこんな大きな写真つき記事が掲載されているようですが・・・もっと川口さんが白鳥になってる写真にしてほしかったわ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック