ミレニアムⅠ「ドラゴン・タトゥの女」(スティーグ・ラーソン著)

ヘニング・マンケル著「刑事ヴァランダーシリーズ」()等に引き続き、スウェーデン・ミステリ。この「ドラゴン~」は映画化されて、現在日本でも上映中ということで、(上映のないうちのあたりの)書店でも話題の本として棚積みされており、このごろ縁のあるスウェーデンものということに加え、毒々しいタイトル、表紙にそそられるのですが、なにぶん1700円×6冊は無理・・・というわけで、図書館でひとまずⅠ(上下巻)のみ借りて読みました。

いやあ、うわさにたがわずおもしろく、いっき読みでした。

同じスウェーデン・ミステリということで、ヴァランダーシリーズとの共通点(スウェーデン社会の暗部がベースにあることとか、猟奇性とか、もやもやした重苦しい空気とか、名前とか・・・)を各所に感じましたが、こちらはさらにどこかで読んだり観たりしたようなエンターテイメントな要素がこれでもかとちりばめられており、それでいてそれがさほどいやらしくなく、絶妙に配置されている、まあ一言でいえば、

この人、うまいなあ!

という感想を持ちました。

「さほど・・・」と言ったのは、まあ多少いやらしく感じるところや、こんなシーンは別に盛り込まなくてもよかったのでは?と思うようなところもあるにはあったということですが、スリリングに読み進められるからまあいいかという程度です。

ともあれ、読んだのはまだⅠ作目のみなので、そのあたりの感想も今後変わってくるかもしれません。また、作品の中身に関する感想はⅢ作とも読んでからにしたほうがよさそうかな。

著者はこの3部作を仕上げて、続編執筆中に他界されたそうで、残念で仕方ないですね。

映画のほうはどうなんでしょうね。でも、スウェーデン映画なんですよね・・・。ヴァランダーシリーズのスウェーデン製作TVが、(ここに感想を書く気にもなれないほど)あまりにひどかったので・・・ちょっと心配ですが、映画だから大丈夫かな。予告編やギャラリーを見るかぎり、リスベット(ドラゴン・タトゥの女)がわりと普通な印象ですが・・・。DVDが出たら忘れず借りましょ。

映画→http://millennium.gaga.ne.jp/

2011.10加筆 文庫が出てますね。さっそく購入しました。



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
特徴的な点をいくつか ...
1万円を出す価値あり ...
まだまだ前半戦スウェ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
『1Q84』の「青豆 ...
キャラクターがよいミ ...
一気読みでした下巻に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム2 上 火と戯れる女
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
パワーダウン評判の割 ...
信頼一見孤独にみえる ...
1も3も直ぐ読みたい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム2 下 火と戯れる女
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
身悶えせずにはいられ ...
第3作にも期待スウェ ...
ミレニアム 1 と  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
スティーグ・ラーソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mami
2010年01月27日 20:39
全巻読みました。図書館で借りた為、2と3の間が2ヶ月位開いてしまいましたが、いっきに読む事をお薦めします。                      ミレニアム4を執筆中だった様ですが、読みたかったですね。と言うか、この作家の小説が、もっと読んでみたかったですね。        
うるる
2010年01月27日 20:43
はじめまして。

同じく図書館だったのですね。

幸い、うちのあたりでは映画の公開もしてないおかげか、図書館予約待ちの人数と保有冊数がほぼ同数でしたので、Ⅱも数日じゅうに順番が回ってくると思います♪。6冊いっき読みになるともろもろに支障が出るので、いい加減ではないかと思っていますが・・・きょう書店でついつい、Ⅱをちらっと立ち読みしてしまいました。

作者の他界は、本当に残念ですね。

この記事へのトラックバック