映画「3時10分、決断のとき」3:10 TO YUMA (DVD)

画像クリスチャン・ベールがラッセル・クロウとダブル主演で西部劇に出てたんだ!しかもピーター・フォンダが出ている!!
というのを先日知って、レンタルしました。2009年夏に日本でも公開されていたようですが、この辺じゃやってなかったので知りませんでした。異色西部劇の傑作『決断の3時10分』('57)のリメイク版なんだそうですが、これがなかなかよい映画だったのですよ

いまどきの西部劇って、あれこれ脚色しすぎてていまいち?とも思っていたのですが、これは渋かったですよ。もう昔の西部劇みたいで。何しろ役者がいいですね。やっぱりメインはラッセル・クロウ!? 最後の最後でおいしいとこもっていった感じがありますが、でもやっぱり渋い演技を役に入り込んでやってるのは、クリスチャン・ベールでしょう。今回は、息子を愛する父親役ですよ。しかも、借金まみれで妻に愛想つかされ、長男にも軽蔑されているようなダメおやじ役。でも、そのだめおやじが、名誉をかけてがんばるわけです。だめおやじをそこまで奮い立たせたのは、妻ではなく、息子ってことでしょうか。泣けますね。


画像この長男ウイリアム(ローガン・ラーマン)がいいですねえ。ウイリアムが実にいい働きをします。まだまだ半人前だと思っていた息子の成長を修羅場で知った父親と、父の勇士を目の当たりにした息子。父と息子の絆が取り戻せたところで・・・となるのは、まあ予想どおりの展開になるわけですが。扮するローガン・ラーマン君もいいですねえ。今後が楽しみです。

そして、もうひとつの絆が、敵同士のはずのベン(ラッセル)とダン(クリスチャン)。彼らをそうさせたのは、やっぱり長男ウイリアムの存在でしょうか。若者のまっすぐな力って大きいですねえ。

あのあと、ベンは無事3度目の脱走をはかるんでしょうね。

ピーター・フォンダ。なんだか渋いおじさんがいるなあと思ったら、バイロン役がピーターだったのですね。中学生のとき、洋画に目覚めたてのころ、私の下敷きにはさまってたのが彼のバイクにまたがった写真(イージーライダーのもの)だったのでした。

画像監督:ジェームズ・マンゴールド

ラッセル・クロウ [ベン・ウェイド]
クリスチャン・ベイル [ダン・エヴァンス]
ピーター・フォンダ [バイロン・マッケルロイ]
ベン・フォスター [チャーリー・プリンス]
グレッチェン・モル [アリス・エヴァンス]
ダラス・ロバーツ [グレイソン・バターフィールド]
アラン・テュディック [ドクター・ポッター]
ローガン・ラーマン [ウィリアム・エヴァンス]
ケヴィン・デュランド [タッカー]

2007 アメリカ


画像



■公式サイト→http://310-k.jp/
3時10分、決断のとき [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-11-20

ユーザレビュー:
男の価値とは久々によ ...
今時珍しい「真っ向勝 ...
<チャーリーはリスト ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック