映画「LESSON!」(アントニオ・バンデラスINレッスン)Take the Lead(DVD)

画像ニューヨーク、スラム街で子供たちに社交ダンサーを教えたピエール・デュレインの実話をもとに、ニューヨークの不良高校生と社交ダンスの指導者との交流を熱くさわやかに綴る青春ストーリー。

アントニオが社交ダンスの教師役!?ということで興味しんしんでしたが、近場で公開されなかったため残念ながら映画館では見られませんでした(ああ、本当に残念)。でも、このたびDVDで鑑賞。

タイトルが、なぜ「ダンス・レッスン」じゃなくって、ただの「レッスン」なのか・・・なるほど、これはダンスを教える映画じゃないわけですね。というわけで、ダンスシーンガンガン・・・を期待していると肩透かしをくらうかもわかりません。あくまでダンスを用いた青春映画です。

アントニオ・バンデラス扮する社交ダンスの教師デュレインは、ブルーカラーの”落ちこぼれ”高校生たちに社交ダンスを通して“人生における大切なこと”を教えていくんですね。映画の内容からすると、原題”Take the Lead”の方がしっくりします。デュレインが生徒たちに教えるのはまさにこのことだから。

何かと色モノ扱いされることも多かったアントニオですが(最近はコメディアン傾向も^^;)、この映画では熱い教師に徹していました。アントニオの踊る熱いタンゴシーンこそあれ、キスシーンはなし。そこがまた好感が持てました。普通のスーツに普通のコートをさりげなく着こなすアントニオのかっこいいこと。
画像



ニューヨークのスラム街。社交ダンス教室を運営するピエール・デュレインは、地元高校生の荒廃ぶりを目の当たりにして、生徒たちの更正に社交ダンスで一役買いたいと自ら高校に乗り込んでくる。はじめはHIP HOPしか知らない生徒たちに相手にされなかったピエールだったが、彼の辛抱強い呼びかけに、次第に生徒たちも心を開き、いつしか社交ダンスの魅力に惹かれていく。

まあ、実在のデュレインが教えたのは小学生だそうなので、既に高校生になってしまった彼らにどこまでこの方法が通用したのか・・・を考えるとやや無理があるようにも思えますが、まあ映画ですからね。映画では、ホワイトカラーたちの踊る社交ダンスと彼らの上品で優雅な生活、そしてブルーカラーたちの踊るヒップホップと彼らの貧しく悲惨な生活が対照的に描かれています。子供たちはそれぞれ悲しい背景を持っているし、デュレイン教師もまた悲しい過去を抱えている・・・ふうなのですが、それらの描き方が中途半端なのでいま一つ感情移入はしづらく、その辺の物足りなさを感じるのですが、まあその分重苦しすぎず、楽に見れるかもしれません。

アントニオのダンスシーンはあまり多くはありませんでした。以前はタンゴ(ジャケット写真)が圧倒的に似合う!と思っていたのですが、なんだか落ち着いてしまったこのごろはワルツも素敵でした!(下の写真は冒頭のワルツシーン)

生徒たち(高校生)もヒップホップ、ブレイクダンスあたりのうまい子が中心のようなので、社交ダンスとなるとまだまだ・・・ですが、映画終盤では伝統的な社交ダンスとヒップホップの融合をはかっており、彼らのダンスもそれなりに楽しめます。個人的には、ダンテ・バスコ(アジア系容姿の男の子)のダンスをもっと堪能させてもらいたかったです。彼はブレイクダンスがうまいみたいですね。
画像
監督:
リズ・フリードランダー

出演:
アントニオ・バンデラス 
カティア・バーシラス 
アルフレ・ウッダード 
ロブ・ブラウン 
ヤヤ・ダコスタ 
ローレン・コリンズ
ダンテ・バスコ ほか

◆公式サイト→http://lesson.gyao.jp/

レッスン! (プレミアム・エディション〈2枚組〉) [DVD]
松竹
2007-12-22

ユーザレビュー:
踊るのが好きなら踊れ ...
特典ディスクの、2分 ...
さすが、アントニオ・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード トリプルパック [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2004-07-28

ユーザレビュー:
伝説の男低予算とは思 ...
面白い♪1作目がHI ...
おいしい!1作目、2 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック