映画「リトル・イタリーの恋」Love's Brother(DVD)

画像またまた飛躍した邦題がついていますが、その邦題(特に「イタリー」の部分ね)につられて手にして借りてきたので飛躍した邦題に文句は言えません(^_^;) 
オーストラリアにあるイタリア移民の村「リトル・イタリー」に住む兄弟の恋の物語~
これが、予想以上にいい映画でした。

1950年代、南イタリアの貧しい村で暮らすロゼッタのもとに、ある日オーストラリアのリトル・イタリーに住む青年アンジェロから求婚の手紙が届く。同封されていた彼の写真に一目惚れしたロゼッタは、期待に胸を膨らませてオーストラリアへ向かうが、出迎えた青年は写真とは別人の男性だった。実は、写真の美青年はアンジェロの弟ジーノで、容姿に自信のない兄アンジェロが写真を弟のものにすり替えたのだった。そんなこととは知らず美青年との結婚を夢見ていたロゼッタの恋の行方は……。そして、アンジェロとジーノは……。

ストーリー自体にはあまり凝りはなく、見方によってはつまらないのかもしれないけれど、ヨーロッパ映画(英国×イタリア)ふうの物静かで美しい映像に、哀愁ある音楽、そして何より・・・役者がいいですね。

以下、ネタバレします。

普通、こういう設定の映画であれば、弟のハンサムな容姿に惹かれていたロゼッタも、次第に兄の誠実さや優しさに触れ、真の愛を知り、兄の愛を受け入れて結婚する・・・という展開が予想されるけど、この映画ではそうはなりません。

真実の愛は・・・本当にすきなのはだれですか・・・と映画では問いかけ、それぞれが出す答えは、弟ジーノ&ロゼッタ(兄の花嫁)、兄アンジェロ&コニー(弟の恋人)。これが見方によってはおもしろくないところかもしれませんが、私はこの落ち着き方はなかなか気に入りました。何しろ、美男で明るく器用なジーノには若く美しいけど性格的に地味でもあるロゼッタが似合っているし、不器用だけど誠実なアンジェロには奔放だけど実は賢いコニーが似合っています。

ヒロインとしてロゼッタばかりが注目されがちですが、この映画の鍵を握っているのがコニーだと思います。彼女は賢いですね。あの状況で弟からさっさと兄に乗り換えたあたりがなかなかすごいです。「リトル・イタリー」ならではできる業? 

さらに、兄と弟の美しい兄弟愛がベースにあるのはいうまでもありません。
弟ジーノが、顔はいいけど性格が悪ければ話は別の方向(よくある方向)へいったのでしょうが、この弟がいいやつなんですね。おまけにハンサムだし。なので、私はこの映画はジーノに感情移入して見ました。


私がロゼッタならどうしたかな・・。
あのまま兄と結婚しておきながら、弟ともこっそり・・・Σ( ̄□ ̄;;;)!!

コニーならどうかな・・・。
弟とLoveを楽しんだあげくに、最終的には兄と落ち着く・・・Σ( ̄□ ̄;;;)!!

ジーノならどうかな・・・。
コニーと適当につきあいつつ、独身をつらぬき、兄嫁ロゼッタともときどき・・・Σ( ̄□ ̄;;;)!!

アンジェロならどうかな・・・。
ここが一番難しい。


兄アンジェロ役のジョヴァンニ・リビシ、どんどん怪優路線を歩んでいますね。今後が楽しみです。

弟ジーノ役のアダム・ガルシア、イタリア系オーストラリア人なのかな。ミュージカル・スターだそうで、歌もダンスもうまいらしい。ぜひ見てみたいものだわ。

脇役のじいちゃん、ばあちゃんたちがまた素敵でした。ジーノが部屋の窓から下に投げ捨てた○な雑誌にわくわくするじいちゃんがかわいかった(笑)。


この映画、音楽がまた好きなのですが、「恋に落ちたシェイクスピア」「コレリ大尉のマンドリン」などを手がけているスティーブン・ウォーベックだそうで、やはりエンディングでこれまた素敵なテノールさんが

「コレリ~」ではラッセル・ワトソンでしたが、今度はデュオですよ。だれかしら?と思ったらマルセロ・アルバレスとサルヴァトーレ・リチートラでした。このお二人さんでデュエットアルバム(DVDも)も出しているんですね~。
(こちら→

1曲目がこの映画のエンディングに流れていた曲です。7曲目は「G線上のアリア」のデュエットじゃないですか!(イル・ディーヴォにお勧めしてるんだけど歌ってくれない・笑)。ほかにもいろいろと魅力的な名曲の編曲バージョンがいっぱい。ラッキーなことに図書館にこのアルバムがあるようなので、借りてこなくては!!

監督
ジャン・サルディ

出演
アメリア・ワーナー(ロゼッタ)
ジョヴァンニ・リビシ(アンジェロ)
アダム・ガルシア(ジーノ)
シルヴィア・ドゥ・サンティス(コニー)
バリー・オットー (アルフレード神父 )

2003 オーストラリア

◆公式サイト→http://www.pan-dora.co.jp/little-italy/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「DUETTO」マルセロ・アルバレス&サルヴァトーレ・リチートラ

    Excerpt: 2003年にこんなアルバムが発売されていたんですね~。テノール×テノールによる愛のデュエット集  先日見た映画「リトル・イタリーの恋」(★)のエンディングで流れた甘~いテノー.. Weblog: Un Dia de Noviembre racked: 2007-03-27 13:40
  • リトル・イタリーの恋

    Excerpt: 映画の話をするまでもなく、日本でも花嫁探しは大変だ。過疎に悩む自治体を中心に、「異国の花嫁」探しはひきも切らないのが現状のようである。この時、もしもデビット・ベッカムの写真を添えて、異国に花嫁募集をし.. Weblog: tetujin's blog racked: 2007-06-21 19:57