ブラジル風バッハ(ヴィラ=ロボス,ピアソラ…)ベ゙ルリンフィル12人のチェリストたち他

画像南米きっての作曲家、ヴィラ=ロボスの「ショーロ」シリーズと並んで有名なのが、この「ブラジル風バッハ」(特にアリアが美しい5番)!・・・なのに私はギター曲には親しんでいたものの、このシリーズは5番のアリアしか聴いたことがないかも・・・ということで、ちょっとこのタイトルのCD2枚を聴いてみました(^^♪

◆「ブラジル風バッハ」(原題:South American Getaway)/中丸三千繪とベルリン・フィル12人のチェリストたち(2000年収録)→Amazonリンク 
★一部試聴可能な輸入盤はこちらより。

◇ブラジル風バッハ第1番(ヴィラ=ロボス)
 1楽章 序奏(エンボラーダ-土俗的舞曲) 2楽章 前奏曲 
 3楽章 フーガ(改宗者)
◇フーガと神秘(ピアソラ)
◇ボサ・ノヴァ(12人のための)(ブラジル風変奏曲)(カイザー=リンデマン)
◇肉桂の花(グランダ)
◇ブラジル風バッハ第5番(ヴィラ=ロボス)
 1楽章 アリア(カンティレーナ) 2楽章 踊り(マルテロ)
◇マシュ・ケ・ナダ(ベン)
◇アディオス・ノニーノ(ピアソラ)
◇チキリン・デ・バチン(ピアソラ)
◇ア・フエゴ・レント(とろ火で)(サルガン)
◇サウス・アメリカン・ゲッタウェイ(バカラック)


ゲオルク・ファウスト、ルートヴィヒ・クワントほかベルリン・フィルの実力派チェリスト12人によるラテンな曲の演奏・・・ということで、どんなものか?と思ったら、チェロ独奏の情感あふれる音色と重厚なアンサンブルが、哀愁あふれるメロディーやタンゴのリズムなどにマッチして不思議な世界になっておりました。「アディオス・ノニーノ」をはじめとするピアソラの名曲なども、彼らが演奏すると垢抜けたスタイリッシュな曲に!

ブラジル風バッハ第1番は、とにかくかっこいい曲。1楽章はジャズっぽい粋なバッハ!という感じで、2楽章のアリア風の美しいメローなメロディーをはさみ、3楽章のフーガでは、かなりバッハ!してます(笑)。

ブラジル風バッハ第5番は、ピチカートの伴奏に乗せて歌いだすソプラノAh~というハミングが美しく、最も有名な曲の一つ(ここだけは聞き覚えがありました。映画で聴いたかしら?)。高くきれいな声が出ないくせに、このピチカートの伴奏を聴くと、ついつい「あ~~」と歌いだしたくなります。
中丸さんのソプラノは、母の包み込むような優しさを感じるソフトで実にビューティフル♪vな声。
中盤のオペラチックなソプラノをはさんで再びこのAh~に戻ったところは泣けますね~。
2楽章のソプラノがまた素晴らしい。歌うのはすごーーく急がしそうですが(いつ息してるのかしら?)

ピアソラの曲も「アディオス・ノニーノ」「チキリン・デ・バチン」「フーガと神秘」の3曲が収録されていますが、アディオス・ノニーノは名曲中の名曲で大好きなのでもちろんこの演奏でもよいのですが、チェロ12人のアンサンブルとしてはフーガと神秘が最も素晴らしかったです。
サウダージ~な美しいメロディー(ソロ)とザバザバッ、キュ~と荒削りで下から突き上げてくるような、打楽器のようなアンサンブルの音が絡み合って、まさに神秘的な演奏となっています。
チキリン・デ・バチンは、貧しい少年の心を歌ったもので、雅楽のような不協和音なチェロ伴奏に乗っかった美しいメロディーを歌い上げえる中丸さんのソプラノが心にしみます。

最後に収録され原題ともなっているサウス・アメリカン・ゲッタウェイは、映画「明日に向かって撃て!」の中で使われていたそうですが、とても粋でかっこいい曲。しかもロマンティックですね!

その他、聴きなれたボサノヴァを楽しいアレンジで演奏する「ボサ・ノヴァ(12人のための)」や物悲しいワルツの「肉桂の花」、ジョルジュ・ベンの大ヒット曲「マシュ・ケ・ナダ」や映画音楽風なサルガンの「ア・フエゴ・レント」などラテン音楽がスタイリッシュに演奏されています。

◆「ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ」(原題:BACHIANAS BRASILEIRAS)/
       ポール・カポロンゴ指揮 パリ管弦楽団
(1973収録)→Amazonリンク
◇ブラジル風バッハ第2番(オーケストラのための)
 1楽章 前奏曲(カパドシオの歌) 2楽章 アリア(われらが大地の歌) 
 3楽章 踊り(奥地の思い出) 4楽章 トッカータ(カイピラの小さな汽車)
◇ブラジル風バッハ第5番(ソプラノと8つのチェロのための)
 1楽章 アリア(カンティレーナ) 2楽章 踊り(マルテロ/槌のひびき)
◇ブラジル風バッハ第6番(フルートとバスーンのための)
 1楽章 アリア(ショーロ) 2楽章 ファンタジア 
◇ブラジル風バッハ第9番(弦楽合奏のための)
 1楽章 プレリュードとフーガ


こちらのアルバムは、「ブラジル風バッハ」2番、5番、6番、9番を集めた純粋な「ブラジル風バッハ」のアルバム。前述のアルバムと同じ5番が収録されています。

4つの楽章から成り、管弦楽で演奏されるブラジル風バッハ第2番は、まるでハンス・ジマーの映画音楽のようなドラマティックな大作となっています。
1楽章と2楽章はいずれも、南米大陸の雄大な自然を感じさせるうねるようなメロディーで、続く3楽章はブラジル黒人の間に伝わる密教の踊りをモチーフに盛り上がります。その後、3楽章の最後の汽笛をイメージさせる耳障りな不協和音から4楽章の汽車へとつながっていくのですが、このシュッポッポな4楽章(笑)はうるさいから嫌い・・・でも海外では最もよく演奏されるらしいです。名曲だと思います・・・(が、正直やや疲れます。特に4楽章)

ブラジル風バッハ第5番は、前述のCDにも入っていたソプラノのアリアが美しい曲ですが、こちらは8台のチェロ(これがオリジナルかな)とソプラノ(歌手はマディ・メスプレ)で演奏されています。録音が古い分、「音」は前述のものに負けているような気がしますが、こちらのソプラノもまた転がるような美声で素敵です。

ブラジル風バッハ第6番は、フルート(演奏はミシェル・デボスト)とバスーン(演奏はアンドレ・セネダ)の二重奏で、シリーズの中の異色作のようです。ファゴット(バスーン)の音ってどこか御伽噺みたいでおもしろいですね。アマゾンのジャングルに早朝入っていくと聴こえるであろう鳥のさえずりや木々のざわめき・・・といった感じでしょうか?? ただ、正直リピートして聴きたいと思えるような美曲ではありませんでした。

ブラジル風バッハ第9番は、シリーズ最後を飾るにふさわしい荘厳な曲。
重々しくもロマンチックなプレリュードとたんたんとリズムを刻んでメロディーが折り重なっていくフーガ。特にフーガの前半は、シリーズ1番のフーガ同様いかにもバッハ風なところがありますが、次第に複雑になって、やっぱりハンス・ジマーの映画音楽風になってドラマティックに終わります。これが、ヴィラ=ロボス風なのかもしれません。

ブラジル風バッハ
EMIミュージック・ジャパン
2000-05-24
中丸三千繪

ユーザレビュー:
ちょっとかわったBG ...
演奏は上手いが演奏技 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月13日 01:34
うるるさん、こんばんは。
1枚目ピアソラと、中丸さん(よく聴くとドライな声なんですけど、素直で独特な存在感ありますよね。好きなソプラノの一人です)目当てで欲しいなあと思っていたのですが、どうも輸入盤だとソプラノが違うようなのですよ・・。国内盤高いし・・でも《フーガと神秘》聴いたことないからやっぱり欲しいなあ。

2枚目の方は、以前5番のことを書きましたので、TBさせてください。

garjyu
うるる
2006年05月13日 10:08
そっかー、どこかで読んだようなと思っていたら、gariyuさんの記事だったんですね。TBいただいた記事は読ませていただいていたのですが、知らない人の名前(ソプラノ歌手)がすぐに覚えられないので(特に女性は覚えないのです・笑)同じものと認識できていませんでした。

中丸さんは今回初めて聞いたのですが、ドライな声なんですか。この5番のアリアでは、やわらかくあたたかい声でした。輸入盤はソプラノが違うんですか・・・題名も違いますしね。そっかー。「フーガと神秘」試聴されました?これは本当にゾクゾクします。生はすごいだろうなあと。
2006年05月13日 10:43
うるさん、

私も男性の名前覚えるの不得意です(笑)。作曲家と指揮者くらいですね、ちゃんと覚えられるの。

すいません。発声のこととか良く分からないのですが、中丸さんの声、最初聴いたとき、ドライな印象があったのです。がゆえに言葉とかがはっきり聴きとりやすくて。後、これ見よがしなベルカントでないし・・美人だし(は余計ですね。)。初めて好きになったのは確かCMでやっていたプッチーニの《つばめ》の中のアリア『ドレッタの夢』でした。一聴引き込まれました。
やっぱり、国内盤で欲しいなあ。

garjyu

2006年05月13日 11:02
うるるさん、
“る”が抜けてしまいました。失礼しました。
ちょっと、自信なくなって、中丸さんのCDを家捜ししたら1枚見つけたので聴いています。カッチーニの《アヴェ・マリア》目当てで購入した『バラ色の人生』というアルバムです(ちなみに、ロイド・ウェッバーの《ピエ・イエズ》多重録音していまして、これも良いんですよ。当然、少年君はでませんけど。笑)。
高音のコントロールに抑制が利いていて、私にはドライに聴こえるようでした(ポジティブな意味です。)。

garjyu
うるる
2006年05月13日 11:19
今、キター教室なので削除は後で(笑)。ドライな声のドライを勘違いしていました。渇いたと(^-^;。私も男女を問わずこれみよがしな歌いかたは嫌いなので、ここで取り上げたお二人はいいなと。ああ、またチェックするものが増えました(^-^;
うるる
2006年05月13日 14:02
中丸三千繪さんですが・・・
本文、一部中村になってましたので修正しました。
このCDの中にあった写真を見たらえらくふっくらしていたので?と思ったのですが、「バラ色の人生」ほか他の今売れてるアルバムジャケットを見たら、あれ、この顔は見たことがあるぞ・・・と思ったら、私が入会している地元のコンサート興行会社のチラシで見たんでした。ということは、地元でコンサートがあるのか・・・と思ったら4/末、つい先日あったみたいです。あーあ、もっと早くこのアルバムを聴いていたらなあ。チラシがあっても、女性だから興味を抱いていませんでした(苦笑)。いやいや、顔は大事ですよね、男女を問わず。美しい人が美しい声で音色で歌ったり演奏したりするのを見ながら聴くのは極上の贅沢ですよね~。「バラ色の~~」もよさそうですね。
はぎ
2006年05月16日 18:36
お久しぶりついでに、こちらにもコメント書かせていただきます。
偶然なんですが、しばらくゲイリーを見ない間、私は「ベルリンフィル12人のチェリストたち」にスッカリはまってしまっていました。
CDを買ったり、NHKで放送されるベルリンフィルのコンサートもチェックしたり…。
今度、7月に来日コンサートもあるんですよ!!(もうご存知だったらごめんなさい)
そのコンサートに合わせてテレビで特集とかしてくれないかなぁ~なんて期待しています。(笑)
うるる
2006年05月16日 19:10
本当だ! 7/17サントリーホール、既に完売ですね~。
すっかりはまられてるってことは、もちろんはぎさんは行かれるんですね、コンサート。生はズンズン全身に響きそうですよね。
「フーガと神秘」がラストのようですね。聴きたいです、これは特に。
http://info.pia.co.jp/et/news/12cellisten/12cellisten.jsp

前日に新潟公演があるようですが、今回はその2本だけなのかしら? 西の方には来てくれないのかな~~と検索していたら、なんとうちの近くのローカルな「くらしきコンサート」というのに90年に来ているようなんですよ。当時は私は何をしていたのやら?(笑)

TV出演情報などキャッチされたらぜひ教えてくださいませ。
はぎ
2006年05月18日 00:09
はい!!もちろん行きます☆
チケット発売当日の朝電話したんですが、既に端っこの方の席しかなかったのです…。
12人全員でなければ、それぞれのメンバーが色んなアンサンブルとかで来日しているみたいですよ。
ちなみに、私は去年バイオリンとビオラとチェロ全部がストラディバリウスだけのアンサンブルコンサート(?)に行ったことがきっかけで、彼らのことを知りました。
テレビ出演情報をキャッチしたら、すぐにお知らせします。
うるる
2006年05月18日 09:16
はぎさん、いいですね~。ちょくちょく来日もされてるみたいですし、リピーターも多いんでしょうね。感想&情報お待ちしています!

去年の暮れに地元の大原美術館のギャラリーコンサートで100台のチェロで演奏会があったそうなんですよ。その前のギャラリーコンサートでラヴェルの弦楽四重奏曲にいたく感動した私は、次回の100台のチェロも!と思っていたのですがチケット取りそびれてあっという間に売り切れたんです。室内楽は席数も限られるから人気の公演はチケとりも大変ですよね・・・。
2006年05月27日 09:44
こんにちは、うるるさん♪  拙ブログへのコメントと TB ありがとうございました♪

ハンス・ジマーさん??  あれ??  どんな映画の音楽を作っている方でしたっけ???  ちょっと今、すっとイメージが浮かんでこない。  あれ??  「グラディエーター」とか、そうでしたっけ??  あかん >x<  どうも最近健忘症の気が出てきたみたいで・・・・ ^^;  でも、2番はまさに「映画音楽チック」な音楽ですよね♪
うるる
2006年05月27日 09:59
KiKiさん、こんにちは。
ハンス・ジマーみたいといっても、彼の映画音楽は膨大だし、雰囲気もいろいろですね。そうそう、「グラディエイター」を初め、今話題の「ダヴィンチ・コード」もそうだし、「パイレーツ・オブ・カリビアン(続編も)」とか「ラストサムライ」とかなんだかいろいろ・・・。アニメもありますね~~。
こんな便利なサイトがありました!
http://www.snake.ne.jp/~ost/HansZimmer2.php

この記事へのトラックバック