映画「ダイナー」(82)のミッキーは若かった…

画像
今から20年以上も前の映画ですね~。まだ見たことがありませんでした。当時無名に近かったケヴィン・ベーコンミッキー・ロークほかがまだ二十代で、若者役で出演しています。
59年冬、ボルチモアのダイナーに集う5人の青年を描いたいわゆる青春群像映画ですね。

ちょっと前にケヴィン・ベーコンの特集番組を見て気になっていた映画ですが、
先日「シン・シティ」を見た後のミッキー・ローク談義(笑)でますます「昔の顔」を見てみたく
なったので借りてみました。
ケヴィン・ベーコンは「フットルース」の前だし、ミッキー・ロークもこの後続く一連のエロティック・サスペンス主演の前だし。
公開時、ケヴィンが24歳、ミッキーが26歳・・・えっ?・・・ってことは2人は2歳違いなの? なんか、すごい衝撃、それ。
だって、ミッキー・ロークは一連の・・・を好んで見ていたころ危険なおじさまだと思っていたのに対し、
ケヴィン・ベーコンはお兄様だと思っていたんだけど・・・。

この映画、本編冒頭にもちらっと流れるんだけど、特典映像のメイキングってので、
各役者さんたちが20年後にこの映画を振り返っておもしろおかしく語っているインタビュー
あるんですよ。それぞれが好き勝手に言っているんだけど、編集の仕方がいいのか、
もとの内容がいいのか、とにかくすごくおもしろいんですよ。もしかして本編よりおもしろい??

残念ながらミッキーはインタビューには出ていないんだけど(顔が変わったせい??)、
ケヴィンなんて全然変わってない・・・年とらないっていうか、年齢、人種不詳みたいなところがあるもんね。
白のタオル生地のようなトレーナーがよく似合ってていいわ、ケヴィン・・・。
他の面々もかっこいい人、曲者など盛りだくさんなんだけど、男前さんは
ビリー役のティモシー・デイリー。彼は、20年前よりもさらにかっこよくなっていました。

シュリー・ビー役のダニエル・スターン、この映画では唯一妻帯者(妻役はエレン・バーキンで
美人妻を泣かせてます・・・その妻をなぐさめるのがミッキー・ロークね(^^ゞ)ですが
フツーの若者の役をしています。インタビューのお髭顔を見て、どこかで見たにくめない悪顔・・・
と思ったら、「ホーム・アローン」のあの泥棒コンビの1人でした。ふふふっ。いつからキャラ変えたんでしょ。

映画の本質には全く触れていませんが・・・はみ出しネタばかり続きます。

何と言ってもやはりミッキー・ローク、やっぱり昔はかっこよかったんですね~。
この映画でも、一人みんなとは違った役回り(まあ、ケヴィンもハズレ者ですが、別の意味でね)。
女にもてたいために法律学校に通いながら美容師を一応しながら、ギャンブルばかりして、
女をくどいてます。
プレイボーイのかっこうがなんて似合うんでしょう。
プレイボーイの小道具は、首に白のマフラー(スカーフ?)。
このいでたちは・・・そうそう、スワンレイクのザ・ストレンジャーですね~。
(ああ、ホセは慣れないファッションだったんでしょう、名古屋では巻き方がとても不恰好だったんだけど・^_^;)
でも、やっぱりダメ男でした。
映画館のポップコーンの問題シーン・・・あれはいけません。ジョーダンきつすぎですΣ( ̄□ ̄;;;)!!

ケヴィン・ベーコンはイカレ役です。笑い声が不気味に見えたり、時にはそれがさわやかに
感じたりする不思議な魅力を放っています。
頭がよすぎて、ふつーにできない彼は、みんなと違うおかしなことばかりしてさわぎを起こします。
インタビューで語ってたのですが、2週間ぐらいの撮影の間(随分短かったんですね・・・)、
風邪で40度ぐらい熱があったんだそうですよ。
でも、演じる役がイカレ役だったから、目がとろんとしてたり赤くなってたりしても全然オッケーな
映画だったからちょうどよかったとか・・・
で、これがその後の役作りの原点になったんだそうですよ。あの徹底した役づくりのね。
待てよ~、ってことは、ケヴィンはキレ役映画のたびに風邪ひいてるのか・・・???

そうそう、この映画でボビー・ダーリンの「ビヨンド・ザ・シー」が流れました♪v
なんてタイムリーなんでしょう!!

本編については・・・
二十代前半の男性たちが考えていることとかがリアルに描かれているのでその点興味深かったです。
公開当時、同世代の男性たちに共感を呼んだようですね~。
エレン・バーキンが扮したベス、夫(この後ホーム・アローンの泥棒になる彼)に叱られてばかりで
かわいそうだったので、ミッキーに優しくされてデートについていったときはわくわくしちゃいました(^^ゞ
「何事」かが当然起こるはずだったんだけど、邪魔が入ってぽしゃってしまった・・・ああ、残念!

というわけで、青春群像ものにはありがちな若い子たちのラブシーンは全くなし・・・な映画でした。
ストリッパーはよく出てくるけど、なんかすごいオバチャンだし(^_^;)

監督 バリー・レヴィンソン
出演 スティーヴ・グッテンバーグ(Eddie)
    ダニエル・スターン(Shrevie)
    ミッキー・ローク(Boogie)
    ケヴィン・ベーコン(Fenwick)
    ティモシー・デイリー(Billy)
    エレン・バーキン(Beth)
    ポール・ライザー(Modell
    マイケル・タッカー(Bagel)

ここで写真数点と予告編が見れます。ミッキー光ってますね~。
http://www.fast-rewind.com/


ダイナー 特別版
ダイナー 特別版 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック