映画「コール」

画像
ケヴィン・ベーコンとシャーリーズ・セロンの対決(?)というおもしろい構図が見れるのにまだ見てなかったこの映画。ちょうどスカパーTVをつけたらやっていたから途中からだけど見た。

(まだ2週間無料視聴期間が続いていてラッキー)。

誘拐もので、登場人物がすごく限られるから、脚本とあとは役者たちの演技力にかかっているわけだが・・・
娘がダコタちゃん。そして、シャーリーズがダコタちゃんのお母さんで、ケヴィンは誘拐犯のリーダー。シャーリーズの夫(麻酔医)がスチュアート・タウンゼント、ケヴィンの妻がコートニー・ラブ。
見事に役者がそろってますねえ。特に女性2人がすごいよ。シャーリーズとコートニーの直接対決なんてのがあるともっと壮絶だったかも・・・。

ケヴィンとシャーリーズの寝室のシーンはよかったああ。
ねちっこいドロドロ路線でもっと見せて欲しかったんだが・・・そういう映画じゃないから・・・
メスが登場して・・・・あれえ、ホントにそんなところを切っちゃったのかしらん。
やるな、シャーリーズ姉さん!!
ケヴィンがその後ずっと震えていたのは、そのせいだよねえ。出血大丈夫なのかしら?

少人数でじっとり・・・というのがおもしろかったから、最後の方、FBIが出てきて、ヘリや車でドンパッチやるところがちょっと・・・なんだけど、最後は予想どおりあの人があの人を撃って解決ってことで。

ケヴィンの不気味な演技がいいし、シャーリーズ・セロンとコートニー・ラブは強気の女を熱演してるし、スチュアートはかっこいいし、ダコタちゃんはかわいいしってとこかしら。

製作 2002年 (アメリカ)
監督 ルイス・マンドーキ
出演 シャーリーズ・セロン 、ダコタ・ファニング 、スチュアート・タウンゼント 、ケヴィン・ベーコン 、コートニー・ラヴ

goo映画のサイト↓
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD3563/index.html

シャーリーズ・セロンとスチュアート・タウンゼントが「トリコロールに燃えて」で共演してるんだねえ。映画館で見そびれたんだけど、DVD出てるみたいだから、これレンタルしよっと(ハモンな?ペネロペも出てるみたいだし・・・)

ああ、これを見ちゃったから、あした返却のビデオ2本が見れないままだ。やっぱりこうなったか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まゆ
2005年06月13日 17:15
うるるさん こんにちは~♪
「コール」観たのね~!!
そうそう、途中まではすごいハラハラドキドキだったよね~。
ラストがちょっと・・でしたわね(^_^;)
シャーリーズ・セロンとケヴィンの寝室のシーンはインパクトあったわ~。
そそ、あのメス・・
いくら演技とはいえ、セロンさん。。あんなとこに挟めるものか?!爆
怪我しなかったかな~とか、変なとこ心配しちゃったわ(^o^;)

ケヴィンの演技もなかなか迫力あったね。
恐い役があんなに似合うなんて!!
うるる
2005年06月13日 18:02
まゆさん、こんにちは(#^.^#)
これは映画館で見たのかしら?

シャーリーズ・セロン、化粧っけなしでも美しいね。
なんといっても、あのスタイル。
下着のヒップの谷間にメスを仕込むなんて・・・それがまた絵になるんだものねえええ。
でもさあ、あんなとこにはさんで歩けないでしょ。
でも、入れてるだけだと、ずるずるっと落ちてしまうわよねえ。
やっぱお芝居だよねえ(笑)

しかし、ケヴィンは痛そうだったねえ(>_<)

この記事へのトラックバック

  • コール(シャーリーズ・セロン主演)

    Excerpt: シャーリーズ・セロン主演作「コール」を見ました。 夫、妻、娘。家族3人がそれぞれ誘拐・監禁され、 身代金を要求されるというサスペンス。 3箇所の誘拐犯が30分おきに電話連絡を取り合い、 その連.. Weblog: 映画、鉄蔵のつぶやき。 racked: 2006-11-26 00:13