swanlake の王子様(*^。^*)

画像
きょうはkazahanaの記事を起こしなおす予定だったんだけど・・・不覚にも途中で寝てしまい、
ふか~~い観察が不足しているため、しばし延期。その間に・・・以前から書きたかった王子編を。
私の見た王子様は3種、5パターン・・・

◆首藤王子 2回
(大阪初日マチネ、神戸楽日 いずれもジェイソンスワンと)
◆クリス王子 3回
(大阪初日ソワレ ニックスワンと/愛知最終日ソワレ ホセスワンと/神戸初日マチネ ジェイソンスワンと)
◆ニール王子 1回
(神戸初日ソワレ ホセスワンと)


クリスを3パターンのペアで1回ずつ見れているなんて、効率いいのかしらん??
この回数で、首藤さん2回、ニール1回っていうのも、ラッキー???(笑)

 *カフェのテラスでなごんでいるスワンズたち・・・王子様2種、両端に一応写ってます ↑
 *遠いアングルだから、この写真ぐらいは載せてもいいよね・・・

まず、首藤さん・・・
最初に見たのが、生じゃないけどアダムスワンのDVDのスコット・アンブラーなもんだから、
彼の王子のイメージが強かった。そのままニールを見たら大きさ的には大差なかった(いや、踊りは別だが・・・^^;)かもしれないけど、生初王子が首藤さんだったんだわ・・・しかも2列目センターの良席で。
首藤さんって、私、ほかの作品とか全然見たことがなくって、文化村の動画インタビューでの、とっても奥ゆかしい首藤さんを見て胸きゅんとなって楽しみにしていたんだわ。
でもって、生ステージでもあのまんまだった・・・目にキラキラ星が入ちゃって。
演技で印象的なのは、嘆き悲しみのたうちまわり、スワンに噛みつかれ痛がるシーン。
これ、他の王子と比べても、一番つらそうというかいたそうというか、壮絶。
踊りは・・・というと、見た目のうるる感とは異なり、とてもシャープできれいな感じがした。
そこがジェイソンと合ってるのかな~~なんて。
スワンクバーの前のソロ、クルクルクルクル~っととってもすばやく回りますよね。素敵(^^♪
で、私がこのシーンは首藤王子が一番いいやって思うのは、1幕で赤じゅうたんの上を女王と腕を組んでスキップみたいなステップで去っていくシーン。あのシーンの首藤さん、好きだあ。顔見えないけど、足の出し方がとっても軽やかで。こんなシーンを一番に上げたら、ディープファンの蓮さんに怒られちゃいそうだけど・・・。

ジェイソンとのペアは、ほんとうにいい感じ。でも、アダムとスコットのような禁断のエロさではなく、
さわやかな少年カップルのような感じ。美しい友情関係を感じちゃってます。
で、首藤さんのまた楽しい(?)ところは、ステージ外でのあのキャラ・・・。
いつもファンに見つかりたくなさそ~に柱の影とかに隠れてておかしい。でも、しっかり見つかっちゃってますけどね(^・^)

次、クリス。
クリスにはびっくりだった。見るたびに進化してるというか、よくなってて。
愛知でホセと踊ったときのクリスがとても印象に残っていて、ホセ見たさに行った名古屋なのに
なんだかクリスに見とれていたんだわ。
スワンバーの前のソロとかスワンとそろって踊るところとか、あの短い(失礼)手足を思いっきり伸ばして、ばねのような体を使い切って気持ちよさ毛に踊るところが好き。
神戸では、加えて演技にとっても力がこもってた。

しかし、愛知は女王がキャンディスだったんだ。でかいホセ、キャンディスに囲まれて、とっても
かわいかった、クリス。どう見ても親子関係・・・(女王とは親子だけど、母と小学生な感じ)。
クリス、ホセペアは、ホセの愛がよりでっかく感じるところがよかったな。
神戸でもう一度このペア見たかった~。

次、ニール。
ああ、最後ホセと踊るニール、たった1回だけしか見れなかったけど、大きさ的にもホセとつりあってて見ごたえがあった。でも、女王と踊ると、ニールはやや育ちすぎ(特にヒップまわりが・・・汗)?
神戸でのニールは、ダンサーというよりは役者さんのようだった。本人もインタビューで演技が好きだって言ってただけあって、ほんと、演技を楽しんでる感じだった。
しかし、もうちょっと踊ってくれよ・・・と思ってしまうんだが。

3幕のタンゴは、どのペアも素敵だけど、ホセ・ニールが私は一番よかったなあ。
やっぱり、彼らの外見からくるアダルトなイメージが一番タンゴに合っているから。
ステージ外では、ニールはいつもにちゃっと笑ってて、カフェのテラスで上半身裸になって
ごで~んと和んでましたね~。

って、あれ? 王子を語るほど詳しくないからちょっとしか書けないと思ったけど、長くなっちゃいました。ディープなファンさん、あと、フォローよろしくです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年05月08日 16:41
おおっ! 日光浴しているスワンズのお写真が(^0^)
韓国で、ステージサイズにあわせてリハーサルしているのかな~、なんてポヨポヨ思う今日一日。
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん!ッて、私も「王子を語る」程の小ネタはありませんのよ(え? ネタじゃないって?)

そもそも、前回の『Swan Lake』を見逃した・・・というトラウマは一生ついてまわるであろうこの私。
『Swan Lake』の舞台をやっているのは知っていた。 
首藤康之という人も知っていた。
当時から、せっせと東京まで舞台を観に行く生活に突入していた。。。
なのに、何故?何故?! 
『Swan Lake』に限って観なかったのか(><)!!!
公演直後のNHK『トップランナー』で、挙動不審な首藤さんにハートを鷲掴みにされた私はそこから一直線に突き進んでしまったんですねぇ、しみじみ。
大体、ダンサーを好きになるのに、踊り からでなく しゃべり から好きになるなんて、邪道もいいところだわ(笑)。
蓮(これは首藤さんへのラヴレター?笑 その2)
2005年05月08日 16:49
この王子が英国王室のチャールズ皇太子をモデルにしているのは周知の事実であり、東洋人の首藤さんが敢えてチャレンジするというリスクは、勿論彼自身もよく考えての事でしょうけれど、マシューの「ザ・スワンを」というオファーを蹴ってまでもやりたかった・・・という彼のコメントを読むにつけ、穏やかでシャイな外見とは裏腹な、静かに燃える内面の熱い炎を感じてしまうのです。

さて、首藤さんが王子として初めて登場したのは3月5日。
もう2ヶ月も前になるのですね。
バルコニーとなったベッドヘッドの向うから女王と並んで手を振る王子。
地上に降りてきたら・・・小さっ(笑)!
幼年の王子と変わっていないのかと思う位だわ(^^ゞ
うるるさん、私も好きですよ、レッドカーペットの上を女王と一緒に舞台奥へ踊りながら行く場面。
心安らぐことのない宮廷の生活で、唯一楽しい瞬間だったのではないかな~、と思ってしまいました。
蓮(続き その3)
2005年05月08日 17:06
自室でお酒を飲んだ後の女王との踊り(あれもPDDというのかしら?)、もうあの時点から「悲しさ」が溢れとるとですよ、首藤王子は。←なぜかひろし口調
時々思えることがあったんです、首藤王子は神様が人間の心を試すために下界へ送った魂のひとつだったのではないか、と。
勿論、王子はそんな事はわからないので、どうしてこの人間界に馴染めないのかわからない。
逆に「僕は生まれてきて良かったんだろうか?」とまで思ってしまう。
そんな王子が自然の中で生きている白鳥と魂の鼓動がシンクロするのは元来、翼ある自由な魂の持主であるはずだったから。。。
そしてやはり地上では生きる場所のなかった魂は白鳥と共に天へ召されて本当の自由を手に入れる・・・なんて、ね。

そう、クリスやニールの王子と決定的に違うのは「この王子は絶対死んでしまう」という悲しい予感を漂わせている点かな?←あくまでファンの欲目です。
女王に対しても「愛して欲しいのにうまく伝えられないもどかしさ」No.1ですわ。
うるる
2005年05月08日 17:13
蓮さん、おあついラブレターをありがとうございます(*^。^*)

首藤さんラブへは、しゃべりから・・・だったんですね。
私も、最初があのインタビューですから、しゃべりスタートですわ。
で、挙動不審・・・ははは、本当そうですよね。そこが魅力のようで。

今回も彼へのオファーは前回に続き、ザ・スワンだったんですか? 知りませんでした~~。首藤さんののザ・スワンも見たかったです(彫像も・・・汗)。3交代だったら、ジェイソンもホセももう少しは楽だったでしょうし、ニールもムチムチにならなかったかも(?笑)しれませんが・・・。

成長してない王子?(笑) いや、今回あのシーンでキャスト交代がわかりやすいのはニールだけですよね、ふふっ。
おおっ、レッドカーペット(赤じゅうたんじゃないのね・笑)のシーン、蓮さんも好きでしたか。よかった、怒られなくて。王子のしばしの幸せを感じるシーンですよね。

もしかして、蓮さんラブレター、また続き中かしらん?
蓮(まだ続くか その4)
2005年05月08日 17:17
クリスは結構、感情が外に向けられるように見えたのですが、首藤さんは内へ内へ・・・と鬱屈していって→爆発!って感じです。

act2のザ・スワンと王子の踊りはもう、3月5日、鳥肌モノでした。
ザ・スワンと王子があれ程までにシンクロしている振り付けだとは、気がつきませんでした。 最初は白鳥の真似をしていた王子が段々白鳥と一緒に踊っていく様は、王子を見守るジェイソンの眼差しと共に 魂の解放 魂のシンクロニシティ を強く感じました。
魂と魂が呼応しあっている、というのはまさにこの事!
舞台の上の出来事とはいえ、そんな瞬間を目の当たりに出来るなんて人生で何度あるだろうか・・・と、今思い出しても涙が出てきます。
ダンスの細かい点については、踊り込んでいく後半のほうが良い舞台もあったのですが、この日はカンパニー全体が「ヤスの初王子だぜいっ!」って感じでやる気マンマン、勢いブハー!って感じでした(←ボキャブラリー少なっ!)
うるる
2005年05月08日 17:19
ああ、やっぱりその3があったんですね。
その2まで読んで、↑のコメント書きました。

そうそう、首藤さんの王子は悲壮感がより一層強いんですよねえ。
悲壮感が強い、神様が地上につかわした・・・とくれば、やっぱりホセとのコンビも見てみたかったなどという欲目が・・・。
ホセも死にそうじゃないですかぁ?(ハッピーエンドになりそうにないカンジ)
悲壮感が強い者(1人と1匹^^;)同士のペアだと、どんなステージになったんでしょう。号泣かもしれません・・・。

もしや、まだその4があるかしらん?
うるる
2005年05月08日 17:22
うわっ、やっぱりその4があったわ(*^。^*)
まだまだ続きそうだから、横からちゃちゃ入れずにいい子に待ってますわん。
>やる気マンマン、勢いブハー!
おもしろすぎです、蓮さんったら(爆笑)
蓮(ええ、まだ続きましてよ 5)
2005年05月08日 17:33
すみません、占拠状態ですね(^^ゞ

で、act3で、ストレンジャーが女王と踊っている間、下手テーブルに座ったりウロッとしたりする王子・・・首藤王子の時は、踊る二人を見て「(女王に対して)違うっ!そこに居るのは僕のはずなんだっ!」という眼ですね~。
ニールやクリスも嫉妬の瞳なんですが、首藤王子は「何故そこに居るのが僕じゃないんだ!」という感情が青い炎のようでした。

そして何故か首藤王子と踊る時にはS度急上昇のジェイソン(^^ゞ
顔と顔が近いよ~(*^^*)
何度跳ねつけられても出された手を取ってしまう王子の痛めつけられ方も3者3様でしたね。
特にパーティの出席者全員から笑われている時の演技。
あくまで顔を客席に向けてその演技をわかりやすくしているニール。
半分位、客席に向けても驚愕した顔を見せてくれるクリス。
ほとんどといっていいほど客席に顔をむけない首藤さん。。。
その後の服装の乱れ方も違っていましたね。
あ、そうそう、Swank Barから引き摺り出される時も、ピストルを撃った後に引きずり出される時も、3人の体重の違いが明らかに。。。(笑)

蓮(ええかげんにせいっ 6)
2005年05月08日 17:54
ああ、Swank Barといえば3月5日はもう号泣でした。
「踊ってる首藤さんがいるよ~」と、最前列で泣いておりました。
首藤さんの踊りはどんな高速連写のカメラで撮っても全て美しいポーズなのではないかしら。
「安定している」というのとはちょっと違う・・・勿論、彼の踊りを観ていると、相手役が何をしても受け止めてくれるという安心感があるのですが(実際、東京バレエ団の井脇さんは、いままで首藤さんと組んでいた役を首藤さんが退団された為、別の方と組んで踊った時にそうおっしゃっていました)完璧な踊りを優しく差し出す・・・とでも言うのかな? そんな感じ。
クリスの踊りも大好きなんですが、上手く表現出来ないけれど・・・もっと健康的な感じ?
これ単に、クリスに関してはこの舞台しか知らないけれど、首藤さんを観ると今までの『春祭』の生贄や『中国』の役人役が脳裏を横切るからかもしりません。
本当にいぢめられっ子な役が多い首藤さん・・・(私が観出してからは、ね)。


蓮(かなり息切れ 7)
2005年05月08日 18:09
そうそう、うるるさん、ホセスワンも「絶対死にます感」マンマンですよね。。
ホセスワン×ニール王子の時なんて、「おらおらニール! あんたがホセスワンを助けに行きなさい~(怒)!」って思っちゃったもん。
でっけ~くせにメソメソすんなっ!って。 あらま、失礼(^^ゞ

あ、ベッドの上に捉えられたザ・スワンの所へスワンズが次々向う時に王子を飛び越えて行く場面があるでしょ、あそこで首藤王子の時は実際にビシハバシ蹴られているような気がする・・・ファンフィルターかかった眼で観ると(笑)。
周りのS度を上げてしまうのね、首藤さん。。。

さてact4で白い部屋に閉じ込められた王子。
ここでも3人の王子の演技の違いは顕著ですね~。
やはり一番わかり易い(?)演技をするのはニール。
クリスの「王室特有のお辞儀」、毎回はなかったんだけど、涙が出ました。
首藤さんは手術される前はあまり動かないですよね。
下手でアワアワしてる(笑)。 ここはクリスの演技が好きかも。


蓮(もうすぐ終るからね 8)
2005年05月08日 18:23
で、ベッドの下とかから出て来たスワンズが一旦いなくなってからのソロ。
これが素晴らしい!
自分の身体が自分でコントロール出来なくなって(『ぺトリューシカ』を思い出させますなぁ)、染ついた王室での作法や白鳥と踊った思い出の動きとかが混ざり合った内面の混乱・狂気・絶望・・・が悲し過ぎる。
ベッドから出てきたザ・スワンが王子に対して最初恥らうのも可愛いですよね。
で、ベッドに上がった王子がスワンの右脚を抱きしめるんだけど、その首藤王子をハグハグするジェイソン・・・回を追うごとにハグハグがすごくなってんの~~~!!! ラヴラヴ度アップ~~~!!!
羨ましいぞジェイソン、堂々とハグ出来てさ。 ←え? 間違ってる?
さあ、悲劇のコーダへ一直線。
ここでも首藤王子は本当にイタブラレ、蹴られ。。。
愛するザ・スワンと引き離され、ザ・スワンが死んだ事を本能で知った時にもう生きる意味がなくなってしまった王子。
東京での最後の王子の時(27日昼)では、首藤さん、ベッドの上で本当に声を出していらしたような気がするんですが。。。声にならない声を。
蓮(ぜいぜい 9)
2005年05月08日 18:39
ああ、神戸ラストではベッド左右に分かれたスワンズが雄叫びをあげてましたね。 これ、幻聴かと思ったんですが、翌日にさるちゃんに確認したら彼女も聴いていたので幻聴ではなかったみたい(笑)。
気合入っとりましたな~。

ああ、ちっとも王子レポじゃあ、ないぢゃんっ!
本当に首藤さんへのラヴレターだわ。 公共の場ですみません。。。
実際、まだ頭の中も心の中も整理出来ていないんですよ。
自分が何に感動したのか、自分の中の何がこの舞台にシンクロしたのか。

先日TVを見ていたら、「縁」という言葉を英語でどう表すか・・・という場面をたまたま見て、この『Swan Lake』でず~っと思っていたsynchronizationが一番近いのではないか、という結論になっていました。
もちろん、「縁」という言葉にはそれだけでなく、もっと複雑な意味合いがあって、chemistry(chemical reaction)みたいな面もありますよね。
この『Swan Lake』という舞台から感じたものはまさにそういったものでした。
蓮(それではそろそろ 10)
2005年05月08日 18:48
触れれば血を流す(絶対Happy endには成り得ない)のに求め合ってしまうその悲劇性は、まさに「縁」なのではないか、と。
同じキャストでも回によって全く違う舞台となり、キャストが違えば勿論違った舞台になる・・・同じストーリーがこうもいろんな色合いを持つという事は、その時々の科学反応によるからであり、その場に居る全てのモノの同時性が引き起こすマジックなのだ、と。
観る側からしても、この舞台のどこに共感しているのか、自分を誰(どこ)と重ねているのか・・・観た人の数だけの物語が同じひとつの舞台とsynchronizeするというのはすごい事ですよね。
マシュー・ボーンの偉大さに、そしてその舞台を実現してくれたキャスト・スタッフの方々には感謝の気持でいっぱいです。
そして「縁」と言えば、この舞台を通してたくさんの素敵な方達とお知合いになれた事に心から感謝致しておりますm(--)m

きゃ~! 真面目な結びだわ!
うるる
2005年05月08日 19:18
ああ、蓮さん、2時間にもわたる、すんごい情熱的な語り、これはコメントの域を超えてますね。これ10こ集めて記事に格上げ(?)したいほどどです。いや、これは首藤さんへラブレター、いやファンレターとして渡すべきですよ~~。
このレポ読んでたら、もう一度ジェイソン・首藤さん、見たくなったじゃないの。どうしてくれるんじゃ~~!!(って、こないださるちゃんが言ってた真似)

>羨ましいぞジェイソン、堂々とハグ出来てさ。 ←え? 間違ってる?
ははは、普通は、羨ましいぞヤスとなるところでしょうか?
いや、同じシーン、あたしゃニールが羨ましいので。
ホセの太い右もも掴んだその手は蹴られても離さないぞって?(笑)

うるる(続き)
2005年05月08日 19:19
首藤さんのソロといえば、そうそう4幕のキレてる風な踊りがたまらないですよね~~。

イラブラレ役の首藤さん、彼がペアのS度を上げちゃうんでしょうか?
なるほど~~あのおののき方、うるうる瞳を見たら、確かにテンション上がりそうですもんね。
えっ、蓮さん、そこがまたいいって? 実はいじめちゃいたいとか?(笑) 
あっ、まじめな結びをされてるのに、笑いにもっていってごめんなさい。ああ、お熱すぎてどんなコメント返しも陳腐ですわん。
まみりん
2005年05月08日 19:22
すごい恋コメントだわ~・・・。おっと間違えた、濃い、ね。

『縁』か~。そうだよね~、不思議な力が働いてたよね。スワンを中心にして。それに導かれ、引き寄せられて、いろんな出会いがあって・・・
すごく充実してたわ。
うっ・・・・また泣けてきた。
うるる
2005年05月08日 19:37
まみりんさんがまじめにコメントしてるので、私ももう一度・・・汗

>触れれば血を流す(絶対Happy endには成り得ない)のに求め合ってしまうその悲劇性は、まさに「縁」なのではないか、と。

ふ・ふかいです。本当に魅力あふれる作品ですよね。時には魔力とも思えるような・・・。
特に楽日のステージは、メーンキャスト以外のみんな、そして観客たちの熱い情熱もシンクロしあって、体の芯から熱いものが込み上げてきました。ああ、ほんと、またなけそうになってきたよ~~。
どうしてくれるんじゃ~~!!(って、しつこいな、私も^_^;)
うるる
2005年05月08日 20:48
そうだ、蓮さんのここにコメントするの忘れてた。

>そうそう、うるるさん、ホセスワンも「絶対死にます感」マンマンですよね。。
ホセスワン×ニール王子の時なんて、「おらおらニール! あんたがホセスワンを助けに行きなさい~(怒)!」って思っちゃったもん。
でっけ~くせにメソメソすんなっ!って。 あらま、失礼(^^ゞ

これ、大爆笑!! いや、それに近いこと、私も思いましたよ~。
王子よりスワンの方が傷ついてるっぽくってねえ。

ホセ・ニールといえば、神戸で2幕の終盤、全然ニタつくシーンじゃないところで、2度も見つめあってにやけてたでしょ? あれ、なんでにやけたのかな~。気になるわ。
最初に舞台左にニールがへたりこんでいて、そこへホセが寄っていくんだけど、ニールがへたりこんだまま「にちゃっ」って笑って、それ見てホセが噴出しそうになったあの表情。で、最後舞台奥へ2人で肩組んではけていくシーンだったかな、見詰め合って「にちゃっ(これ、ニール)」「にまっ(これ、ホセ)」したんだよねえ。むむむっ。何があったんだ?
まみりん
2005年05月09日 00:54
にちゃにまシーン、私の位置からは確認不可でしたよ~ん。
いいないいな~。真正面だったもんね、うるるさん。

さるしっちゃー
2005年05月09日 02:00
目標3時終了で仕事してるんですけど、遊びモードに入ってきました。
いかんいかん。

しかし蓮さま。ブログ管理人になられた方がよさ毛よ。
ぜひぜひヤスブログ作ってくださいましー。
蓮さまところで、雑誌買いました?まりくれーる?だっけ
2005年05月09日 09:09
おはようございます!
昨日、ブログ占拠してしまってからツラツラ考えるに、あれ↑はちっとも「王子に対する考察」ではなかったな~、と(^^ゞ
いかんっ! あれでは夏休みの読書感想文コンクールにも入賞せんぞ。。。

うるるさん、ニールとホセの にちゃっ 。。。 ナンだったのでしょうね?
ニール「このハード場面もあと少しだね」 ホセ「うん!」
か、
ニール「またパンツ破けそうだよ」 ホセ「もう庇いきれね~からな」
なのか。 ンな訳ないか。

さるちゃん、勿論! マリクレールは購入してますよん♪
白黒だけど可愛い首藤王子(いや、王子パジャマは着てないけど)が写っていらっしゃいます。
確か、東京楽前の土日あたりに、オーチャードのお花屋さん前広場で、写真家のアラーキー氏を目撃致しました。
あの時はピンとこなかったのですが、きっと6月5日発売の「ダビンチ」掲載の写真を撮影にいらしたのかも。 
あ~、アラーキー氏にお話してみれば良かった!
ちなみに、今発売している「ダビンチ」には小林十市さんが載っていらっしゃいます♪
うるる
2005年05月09日 11:02
蓮さん、昨夜のお疲れが指に残ってませんか?(笑)
「王子に対する考察」がテーマでもなかったので大丈夫。コンクール入賞間違いなしですよ(*^。^*)
あまりに首藤さんを熱く語ってらっしゃったので、その後のクリスとニールが続かない?? ははっ。クリスファンさん、ニールファンさん、遠慮なさらず続けて語ってくださいな。ニールを何度も見たまみりんさん、ニールコメントいかがですか?(あっ、まみりんはきっとホセりんしか見てないよね・笑)
うるる
2005年05月09日 11:06
>ニール「またパンツ破けそうだよ」 ホセ「もう庇いきれね~からな」
なのか。 ンな訳ないか。

蓮さん、朝から絶好調!! さすが関西人ですねえ。ますます尊敬です。

幸い神戸ではニールパンツは破けてなかったようだし・・・
>ニール「このハード場面もあと少しだね」 ホセ「うん!」
ってなとこだったんでしょうか?
先ににたついたのはニールだったと思うんだけど、案外その前にホセが
なにやらやらかして、ニールに発見されてにちゃつかれたのかもしれないな~~。それとも、ニールが客席に向かってあまりにしまりのないにちゃ顔をしていたから、それがホセはおかしかったのか・・・

ああ、こんなに気になるなら、3日夜、ホセに聞いておくべきだったよねえ、蓮さん!!
2005年05月09日 11:37
さるちゃん、クリスについてcome on please!

ニールはね、東京で最初観た時は「おっ!」と思ったの。
『くるみ』の時が”あまりにも人形っぽくて”(笑)好きになれなかっただけに、おおっ!くるみより断然イイじゃんっ!・・・て。
まず容姿が まんま皇太子 でしょ。
ガールフレンドに対して皮肉っぽいところとかも「英国人」って感じがして(偏見かしら^^;)、なるほどな~って思ってた。
でも、でも・・・東京後半に観たら・・・踊ってないぢゃんっ!って。
演技はとてもわかり易くて彼なりの工夫も見え(ロボトミー手術の後、女王のドレス裾にキスしたのなんて、秀逸だわ)、きっとニールはこういうのを目指してるんだな・・・とも思ったが・・・でも、もうチョイ踊ってくれ~~~!!!
う~ん、色々な意見を読むとニールも『くるみ』の前に もう踊れない状態 だった事があったらしく、それで踊る質をチェンジしたのかな、とか思ったり。
2005年05月09日 11:43
首藤さんの考えでは「ダンスは その若さ を捧げ出すもの」という一面があり、素人が考えても「ダンサーのダンサーとしての寿命」は儚いもの。
そこに怪我だの病気だのが降りかかってくるんだから「今、この時に眼に焼き付けたい!」と思ってしまう。
おまけに(これはダンスの世界だけじゃないけど)「やりたい仕事とやれる仕事は違う」のが大抵だし。。。
ああ、韓国公演も皆、無事で、そして自分が納得いく踊りが出来ますように。。。

うるるさん、聞いておきたかったことって後から後から出てくるんだよね・・・(><)
うるる
2005年05月09日 13:34
蓮さん、今度はニールを「熱く」(?)語ってくださりありがとうございます(*^。^*)
ダンスマガジンのニールインタビュー、思わず読み返してみました。

「ダンスはその若さを捧げ出すもの」・・・かぁ。
ダンスにしても音楽にしても演技にしてもスポーツにしても何でもそうだけど、若さってすんごい宝だよね。若いころは気づいてないけど。
若くなくなってからでも十分自分も感動でき、人に感動を与えられるパフォーマンスってのもあると思うけど、若さはやっぱりまぶしい・・・
特に彼らのようなダンスだとよけいそうなんでしょうね。

神戸から帰った翌日、映画「Shall we Dance?」を見たんだけど、これ、もう一回見たいな~~、今サントラ聴いてるところ。

ニールのくるみ・・・一度は見てみたいんだが、「カーマン」よりエロい作品だそうで・・・汗
2005年05月09日 13:48
うるるさん、『くるみ』は大丈夫よ!(←何が大丈夫なんだか・笑)
全然エロくない。
ほのぼのしてるわ。 その ほのぼの の中に「何故、裸の上半身にサスペンダー?!」って場面はあるけれど(大笑)
多分、ご家族で見てもOK?!
何故だか結構な回数を観てしまった『くるみ』。
観るたびに 二ール が くるみの王子 で、当時はあちゃ~・・・だったんだけど(友達には羨ましがられたが)、今となってはいい思ひ出。。。

そうね~、若さってそれだけでキラキラしているのよね。
そして渦中にいる時はたいてい気付かないんだわ。
さるしっちゃー
2005年05月09日 16:48
蓮さんそんなに何回もくるみのニール見てるんだ!
あのときのニールはスマートだったよ。
絶妙だったくるみの動き♪
くるみ、甘くてドぴんくなお菓子の世界でねちゃーっ、
これでもかーっ!って感じだけど
子供に見せられる、見せられないの基準でいったら
くるみはPWWに比べりゃぜんぜん安全です。
かぶりつきシートで見たとき、最前列で双眼鏡持った
おじさんがいてのけぞりました。
女性のパンツに視点あわせてのぞいてました。
マシュー作品もここまできたか。
2005年05月09日 17:08
気がついたら片手では足りなかったよ。。。
ニール、スマートだったけど、胡桃割り人形だから、口の両横に 筋 がメイクで入れてあって、それがあまりにもピッタリ似合い過ぎて(笑)
PWWは18禁だわね。 大好きな世界だったけど。

あ、単なる感じなんだけど クリス って、金森穣さんの世界もあいそう。
ホセもJも首藤さんもちょい違う?
ホセはキリアンでも観てみたい。 
ベジャールもあうかも・・・と思いだしてきた。

うるる
2005年05月09日 17:29
くるみ、エロくないのね。だって、さるちゃんがエロいって言ってたんだも~~ん。「スワンレイク」と「ザカーマン」と合わせてDVD買ったとき、なぜか「くるみ~」だけやめたんだ~。ダンマガだったかな、くるみのニール写真が出てたよね。ほんな、これも見てみましょうかしら。
で、家族で見てるって?? いや、こわいからまずは下見を一人で・・・汗
さるしっちゃー
2005年05月09日 18:09
あたしくるみのあの段々ケーキあたりのシーン、だめなんだわ。
延々続くあの色の世界だけでおなかいっぱいになる感じ。
(ごめん、皆さんの言う「え○い」って定義がちゃんとわかってません)
マシューの振り付けはどんな作品でもそういう部分あるじゃん。
3回くらいしか観てないからもう忘れちゃった。
あ、あのとき端っこに座ってたヤスは覚えてる♪
うるる
2005年05月10日 13:57
「え○い」といやあ、エロい。定義も何も・・・エロはエロ。はははっ。
さるちゃん、エロなれか? いや、なれてるのは蓮さんの方だね(笑)

まあ、エロいとっても、お下品系なエロと、ホセスワンからにじみ出るようなエロス(上の記事参照)とは別ものだよねえ、たしかに!!
で、さるちゃん、クリス話は?
2005年05月10日 15:59
決算資料作り、一旦終了~(^0^)
はあ~、一気にやってしまった。 これならもっと早くからやっとけよって感じ。でもまだ、20日〆切りの 労働保険 が~~~!!!

え~と、エロ慣れはしてないっすが(してたら恐いよ・笑)、『胡桃』のエロさが私の考えてるエロさ・・・『PWW』みたいな・・・かといったら、ノープロブレムっ!
まあ、ソフトクリーム(ぺろぺろキャンディーだっけ?)をベロリンとしたり、上に書いたみたいに 何故か(ここに必要ないだろっ!て場所で)上半身裸にサスペンダーの男性陣が連なって出てくる場面はある(笑)。
でも、深読みしなけりゃ大丈夫(←だから、何が大丈夫なんだか・笑)

私はあの段々ケーキはすべり落ちそうで見ていて恐かった。
怪我人出ないのが不思議だったよ。
うるる
2005年05月10日 16:34
蓮さん、エロ慣れだなんて、とんでも失礼っ!(汗)
いや、たくさんいろんな舞台を見られているので・・・海外ものも・・・という意味で・・・(苦)
ザカーマンとかのエロさは、でも明るいエロさ、ギャグの世界(?)だもんねえ。たしかに、ああいうのは実はエロいとは言わないのかもしれないわ・・・。
ひとまず、胡桃ちゃん、見てみなきゃねえ・・・。

蓮さん、決算お疲れ様でした。私も来週月曜アップの仕事がどどんと来たけど、きょうまた遊んでる。ぎりぎり仕事だからだめなんだにゃ~。

きょうは村の動画を「撮影」してたんだよ。改めて全部見直してみたけど、首藤さんのインタビューがおかしい。なぜにあんなに暗いのか???最後メッセージのときようやくカメラ目線になるけど、見ているこっちが照れる^_^; あとはレストランの4人!! 大きな男たちが狭いところに集まって、きゃーきゃー言っててかなりおかしい(#^.^#)
2005年05月10日 18:34
いえいえ、以前、錦織さんのラジオでも、投稿したネタを曲解されて、1時間の番組の中で何度「○○(←私の名前)は変態だという事で!」と言われたことか。。。 慣れておりますわ(慣れちゃいかんだろっ!)
あの時は名前呼んでほしさに実名で出してたんですよね。。。
まあ、アレは錦織さんが脳内変換し過ぎたんですけどね。

そう! 首藤さんりインタブー(笑)だけ、画面が暗いっ!
声が小さいっ! 
私、眼が悪いからよけいに見難かったわ。
お~い・・・どこに居るんですかあぁぁぁ~~~って感じ。

レストランの4人も可愛いねえ。
出来れば首藤さんも混ぜてあげて欲しかった(ぽそっ)。

さあ、今日は帰るとするか。
『離婚弁護士2』見なくては。 ← 佐々木蔵之介ファンでもある

うるる
2005年05月10日 20:38
蓮さん、いったいどんな記事、錦織さんに投稿したんですか?
そんな、番組内で名指しで変態よばわりされるなんて!!

首藤さんインタビュー、どこに居るかはわかったし、声も聞こえましたよ、一応・・・(汗) でも、くらい。あれ、ご自身であの場所とか照明とか選んだのかなあ。ここがいいとかって。薄暗いところで、彼にほわんと照明あてて、うるうる瞳で焦点合ってないところ・・・とっても似合っててよいんですけどね(笑)

インタビューにしてもレストランにしても何にしても、首藤さんは別扱いでしたねえ。スケジュールが合わなかったのかなあ。けっこう彼らと一緒に食事とかは行ってるみたいだったのにね。はみっこにしちゃ、かわいそうだよ~。