アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クラシック音楽」のブログ記事

みんなの「クラシック音楽」ブログ

タイトル 日 時
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」を聴いて、「フィンランディア」でカウントダウン!
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」を聴いて、「フィンランディア」でカウントダウン! 毎年、31日ぎりぎりでざざっとやる家の片づけにおせち料理づくりに疲れ果てた状態で近所の夫の実家で飲食しながら惰性で紅白前半を見て、自宅に帰ってからさらに惰性で後半を見ているのですが(時々チャンネルを変えながら・・・)ことしは、やはり薬師丸ひろ子の「WOMAN〜Wの悲劇より」でしょう。なんといっても、なつかしいのです、同世代(というか同学年)の私には。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/01 02:55
三浦一馬&大萩康司スーパーデュオコンサート(おかやま国際音楽祭2014)
三浦一馬&大萩康司スーパーデュオコンサート(おかやま国際音楽祭2014) 大萩康司さんが三浦一馬さんとデュオで演奏会をするということで、ピアソラなどの演奏を聴けるのを楽しみにしていました。しかも、今回は自宅から車で10分ほどのところでコンサートが開かれるということで、ありがたいやら、もったいないやら・・・。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 05:25
木村大 Guitar Live tour "HERO"ライブコンサート(in岡山)
木村大 Guitar Live tour "HERO"ライブコンサート(in岡山) これは、そんな前じゃないですが、それでも1週間たってしまいました。8月23日(金)に岡山の「MO:GLA」(モグラ)」というライブハウスでこじんまりとしたコンサートがあり、息子らとともに行ってきました♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/31 02:30
大萩康司ギターリサイタル(兵庫県立芸術文化センター小ホール)♪
大萩康司ギターリサイタル(兵庫県立芸術文化センター小ホール)♪ コンサートがあったのは2カ月前の6月27日でした・・・が、今ごろ感想アップです^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/31 01:49
プラシド・ドミンゴ「Songs」
プラシド・ドミンゴ「Songs」 いろんなシンガーたちのアルバムによく登場する名曲を、ジョシュ・グローバン、クリス・ボッティ、ZAZ、キャサリン・ジェンキンス、スーザン・ボイルらを迎えてドミンゴが歌う〜ということで、おもしろそうなので聞いてみました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 13:45
ノーベル賞コンサートにジョシュア・ベル♪が出ているのを見て・・・
ノーベル賞コンサートにジョシュア・ベル♪が出ているのを見て・・・ ノーベル賞イベント関連ニュースでけさ、ちらっとジョシュア・ベルがヴァイオリン協奏曲を演奏している姿がTVに出たのを見ました。このごろ貫禄つきましたねえ。やっぱり協奏曲なんて引き続けるには体力要りますもんね! そして、久しぶり・・・に彼のサイトを見たら、クリス・ボッティ、スティング、ジョシュ・グローバンなんかと共演してこんなアルバムを1年前に出してたんですねえ。amazonギフト券で買うの、これにしようかな・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 11:03
「ガラ・ドミンゴ」かあ・・・アレーナ・ディ・ヴェローナ&プラシド・ドミンゴinTOKYO
「ガラ・ドミンゴ」かあ・・・アレーナ・ディ・ヴェローナ&プラシド・ドミンゴinTOKYO オペラのガラ公演なんてのもあるんですねえ。「オテロ」「シラノ・ド・ベルジュラック」「カルメン」とドミンゴのおいしいとこどりの生公演を観られる(聴ける)貴重な機会となるのはわかっているのだけれど、いかんせん・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/02 08:56
須川展也&ロン・カーター「air」〜アリオーソ、ブラジル風バッハよりアリアほか
須川展也&ロン・カーター「air」〜アリオーソ、ブラジル風バッハよりアリアほか 踊る2羽の♂白鳥を妄想中(★)の曲「アリオーソ」(バッハ)を探していて、このアルバムを見つけて借りてきました♪ サックスとバスというシンプルな演奏できれい系名曲がずらり。聴く前はちょっとイメージしづらかったのですが、聴いてみると、こういうのもいいもんだな〜と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/07 15:28
「アリオーソ」(バッハ)♪で白鳥版「モレルとサン=ルー〜」を愉しむ(「エスプリ」の余波はどこまでも)
「アリオーソ」(バッハ)♪で白鳥版「モレルとサン=ルー〜」を愉しむ(「エスプリ」の余波はどこまでも) ちょっと病的かもしれませんが・・・。 前述(→★)したアルバムより、「エレジー」(フォーレ/「モレルとサン=ルー侯爵のPDD使用曲)→「アリオーソ」(バッハ/「レダと白鳥」使用曲)→「黒い白鳥の歌」(ヴィラ=ロボス)の3曲を抜粋し、白鳥3部作として繰り返し聴いたりもするのですが、こうして聴いてみると、「アリオーソの崇高な美しさ」にとらわれて、気がつけばこの曲を口ずさんでいるのです。さらには、この曲を聴きながら思い浮かべるのは、二羽の美しい(♂)白鳥...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/04/26 02:49
「エレジー〜白鳥(チェロ名曲集)」〜白鳥病はまだまだ続く(「エスプリ」公演その後A)
「エレジー〜白鳥(チェロ名曲集)」〜白鳥病はまだまだ続く(「エスプリ」公演その後A) 先日見た「草刈民代 エスプリ〜ローラン・プティの世界」公演(こちら参照→★or★)の余韻にひたるため、このごろよく聞いているJ・ロイド=ウェッバ-のアルバム「エレジー〜白鳥(チェロ名曲集)」。以前は、「ダイアナ元皇太子妃へ捧ぐ」という副題がつけられていたのですが、今はシンプルに「白鳥(チェロ名曲集)」となっているようです。このアルバムは、以前感想記事もアップしていました(→★)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2009/04/14 05:14
組曲「ガイーヌ」より「仮面舞踏会」より「スパルタクス」より/ハチャトゥリアン「管弦楽作品集」
組曲「ガイーヌ」より「仮面舞踏会」より「スパルタクス」より/ハチャトゥリアン「管弦楽作品集」 浅田真央選手のフリープログラムで使用されたことで巷でブームとなっているハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」のワルツですが、バレエ組曲「ガイーヌ」(剣の舞ほか)、組曲「スパルタクス」とセットになったハチャトゥリアンのこちらの黄色いほうのCDを入手しました。紺色のほうには組曲「仮面舞踏会」全曲が収録されていたのですが、黄色のほうが安かったし、「スパルタクス」なども聴きたかったので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/20 09:59
ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」♪人気のようですねえ。
ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」♪人気のようですねえ。 浅田真央選手のフリーの曲、ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」がどうやら人気があるようで、発売になったばかりの彼女らのこのアルバムも飛ぶように売れているんだとか。このジャケット、舞さんはともかく、真央ちゃんまで色っぽい感じではないですか!よく撮れてますね〜。これは売れるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/16 16:23
「クラシックギターのしらべ プレミアムセレクション」(楽譜CDつき)
「クラシックギターのしらべ プレミアムセレクション」(楽譜CDつき) 「アリアと変奏」(ラ・フレスコバルダ) の練習を始めたのはいいけれど、手持ちの楽譜の音にどうにも不審な箇所が多すぎるため、新たに入手しました。まあ、それだけのためならわざわざ買わなくてもほかに手もあるんだけれども、ちょうど「バーデン・ジャズ組曲/シンプリンタス」の楽譜も欲しかったし、模範演奏のCDもついているっていうので。おまけに楽譜読みの遅い長男のためにTAB譜もついてるから便利かな・・・とも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/12 20:26
毎年恒例の「発表会」♪
毎年恒例の「発表会」♪ (音楽ネタだからファミリー関係だけどちらに書きます。) 我が家では毎年恒例となったギターの発表会がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/04 08:33
サルヴァトーレ・リチートラが兵庫にやってくる!・・・んだけど・・・
サルヴァトーレ・リチートラが兵庫にやってくる!・・・んだけど・・・ 以前、マルセロ・アルバレス&サルヴァトーレ・リチートラ 「DUETTO」(こちらの過去記事参照)を聞いて以来、ひそかに来日公演を待ち望んでいたのですが、リチートラが今度来日し、こともあろうか兵庫県立芸術文化ホールでリサイタルを行うんですよね・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/04 08:59
プラシド・ドミンゴ&マヌエル・バルエコ「ロドリーゴ」
プラシド・ドミンゴ&マヌエル・バルエコ「ロドリーゴ」 ドミンゴ(テノール)とバルエコ(ギター)がロドリード作品で共演・・・こんな素敵な企画があったんですね アランフェス協奏曲などではドミンゴが指揮!というのもユニークですが、何と言ってもすばらしいのは、ドミンゴとバルエコのデュオ。もちろん、この場合はバルエコのギター伴奏に合わせてドミンゴが歌うという形なのですが。とにかくドミンゴの声はギターによく似合うんですよ、やっぱり! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/15 16:03
「パヴァロッティ・フォーエヴァー」Pavarotti Forever
「パヴァロッティ・フォーエヴァー」Pavarotti Forever “太陽の声”パヴァロッティよ、永遠に〜 偉大なるスーパー・テノール、パヴァロッティ追悼盤 国内盤10/10発売! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/03 12:08
6月放送スタート「今日から弾き始めよう 荘村清志のギターで世界の名曲を」(NHK趣味悠々)
6月放送スタート「今日から弾き始めよう 荘村清志のギターで世界の名曲を」(NHK趣味悠々) 6月からNHKの「趣味悠々」にて、初歩から教えるギター講座がスタートするそうです(初回放送は6/6)。講師は、ギタリストの荘村さん。3カ月間、全13回で、毎週水曜午後10時から25分。思いっきり、「バンビーノ」(←長男が楽しみにして録画もしている)とかぶってますね〜(~_~;) というわけで、私は一週間遅れのランチタイムにゆったりと鑑賞&録画することに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/05/31 10:14
David Russell Plays 19th Century Music〜19世紀のギター音楽
David Russell Plays 19th Century Music〜19世紀のギター音楽 これはまた、きれいな曲をえりすぐって、ため息の出るほど美しい演奏で聴かせてくれていますね〜。 アグアド、コスト、メルツ・・・ギターを弾きかじった人なら彼らの曲は何曲かは弾いていると思うけれど、どうもあまりおもしろいとは言えない練習曲のイメージ(←演奏者が下手だから^_^;)が私にはあったのですが、こんなきれいでロマンチックな曲もあったんですね。まさに外れなしのいい曲ぞろい!!  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/29 12:32
David Russell ラテン・アメリカの風〜Aire Latino(ギター作品集)
David Russell ラテン・アメリカの風〜Aire Latino(ギター作品集) いいですね〜、これ。私好みの曲がずらり 図書館の新入荷コーナーで目に付いたこのそそられるジャケットデザインに「担ぎギター」のポーズ(←このポーズ好きなんですよね・・・ただし、似合う人と似合わない人がいると思うのですが・・・)と思いきや、デイヴィッド・ラッセルのラテンギター集ではないですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/29 00:34
「天空のソナタ」ヨーロピアン・ジャズ・トリオ〜European Jazz Trio
「天空のソナタ」ヨーロピアン・ジャズ・トリオ〜European Jazz Trio ヨーロピアン・ジャズ・トリオによるオール・クラシックの親しみやすい原曲をベースにしたジャズアルバム。 「四季」と同じ路線のきれいなジャケットと「天空のソナタ」というタイトルの魅惑的な響きにつられて聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/04/10 09:15
アントニオ・ガデス舞踊団「カルメン」(NHK芸術劇場放映)
アントニオ・ガデス舞踊団「カルメン」(NHK芸術劇場放映) 我が家の小さなTVを通して・・・ではあったものの、深夜にイヤホーンで集中して鑑賞すると、緊迫のステージが体感できました。生はさぞかし・・・でしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/04/06 02:42
ラッセル・ワトソン"Always There”〜シークレット・ガーデンEarthsongs
ラッセル・ワトソン"Always There”〜シークレット・ガーデンEarthsongs すがすがしい北欧の風〜♪ 優しいピアノの伴奏に乗った美しいヴァイオリンにうっとり癒されるアルバムなのですが、やはりその中にヴォーカル曲があればそちらの印象が強くなります。 それもそのはず。4曲目の「Always There」は、なんといっても ラッセル・ワトソンですからね 一音一音をとてもていねいに、やさしく、心をこめて歌い上げるラッセル。 ラッセルの歌声はやっぱり最高です! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 42

2007/04/05 14:11
「ポエタ」ビセンテ・アミーゴ/レオ・ブローウェル
「ポエタ」ビセンテ・アミーゴ/レオ・ブローウェル やっと届きました。ハイ、ステファン・ランビエールが世界フィギュア・フリープログラム「フラメンコ」で使っていたビセンテのアルバムです(参照→★)。 うーむ、これはやはりアルバムで通して聴くべき作品ですね。何か映画音楽のような、ストーリー性を感じる「フラメンコ」なギター協奏曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/04/04 21:26
ヴィヴァルディ「四季」ほか(和声と創意への試み)ビオンディ&エウローパ・ガランテのロックな演奏!
ヴィヴァルディ「四季」ほか(和声と創意への試み)ビオンディ&エウローパ・ガランテのロックな演奏! またステファン・ランビエールつながり?・・・というわけでもないのだけれど、ステファンおなじみのフリープログラムの「四季」が、「夏」なんだか「冬」なんだか混乱していてずっと気になっていたところに「春」といううわさもあって、そんなバカな!と思いつつ、自信損失状態になって検証用にCDを入手してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/30 16:02
「DUETTO」マルセロ・アルバレス&サルヴァトーレ・リチートラ
「DUETTO」マルセロ・アルバレス&サルヴァトーレ・リチートラ 2003年にこんなアルバムが発売されていたんですね〜。テノール×テノールによる愛のデュエット集  先日見た映画「リトル・イタリーの恋」(★)のエンディングで流れた甘〜いテノールさんたちのデュエットを聞いてこれに行き着いたのですが、このアルバム、かなり私のツボにはまっています。 こういうのを経て、今日のIL DIVOが誕生したのでしょうか?という感じ・・・。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/27 13:39
映画「北京ヴァイオリン」(DVD)
映画「北京ヴァイオリン」(DVD) チアン先生(王志文)、素敵ですね〜〜 映画「墨攻」の梁王役の王志文(ワン・チーウェン)が、あの「北京ヴァイオリン」のチアン先生だったということを知ったので、再びこの映画を見たくなって・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/13 12:32
ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2007〜♪v
   ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2007〜♪v このコンサートを初めて見て新鮮だった去年(感想はこちら)と異なり、ことしは録画を飛ばし飛ばし見て、結局バレエのある2曲のみを残し、あとは整理(HDDの)してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/02 02:32
キム・ヨナ選手の"あげひばり”(ヴォーン・ウィリアムズ作曲)でイギリス音楽も有名に?
キム・ヨナ選手の"あげひばり”(ヴォーン・ウィリアムズ作曲)でイギリス音楽も有名に? フィギュアスケートの女子シングルで華麗な舞を見せてくれているキム・ヨナちゃん(韓国/16歳)。最近ごひいきにしています この彼女のフリーの使用曲、あれ?この透明感はもしや?と思ったら、フィギュアのタイトルは「あげひばり」。原題が"The Lark Ascending"なので、ああ、やっぱりヴォーン・ウィリアムズの曲だわとMDを引っ張り出して聴いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/27 01:12
ギターの楽譜を購入「新版 演奏会用バロック名曲選集」
ギターの楽譜を購入「新版 演奏会用バロック名曲選集」 先日見た映画「禁じられた遊び」(感想はこちら)の中で演奏されていたギター曲の中でいいなと思った曲、ヴィセー「ニ短調組曲」の楽譜を探していて、見つけたのがこの楽譜。いくつか曲集があったんだけれども、これが内容的にも見た目も一番気に入ったので、さっそく購入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/31 20:09
「シューベルティアーナ」福田進一(19世紀ギター:ラコート)
「シューベルティアーナ」福田進一(19世紀ギター:ラコート) 福田進一が、ラコートという普通のギターよりかなり小ぶりな19世紀ギターでおくるシューベルトのロマンティックな世界♪v ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/09/27 20:25
「デュオ!シューベルト ヴァイオリンとピアノのための作品集」Pamela&Claude Frank
「デュオ!シューベルト ヴァイオリンとピアノのための作品集」Pamela&Claude Frank 「気鋭のヴァイオリニスト、パメラ・フランクが最良のパートナー、父クロード・フランクと紡ぐデュオの真髄、シューベルトの世界!」とCDの帯にうたってあるフランク父娘による「デュオ!シューベルト ヴァイオリンとピアノのための作品集」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/26 15:36
ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ9番「クロイツェル」・10番
ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ9番「クロイツェル」・10番 まず、この9番「クロイツェル」は十代のころからのお気に入りの曲!  この曲を聴くと、なんとも言えない気持ちよさを感じずにはいられません。1楽章から3楽章の隅々まで好き。特に、「2楽章」が好き。そもそもベートーヴェンが好き。この「好き」という感情が、さらになんとも言えない気持ちよさを盛り立てているようで、じっくり聞きこむと自然と泣けてさえきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/21 12:36
「名序曲集」カラヤン、バーンスタイン、クライバー、アバド・・・
「名序曲集」カラヤン、バーンスタイン、クライバー、アバド・・・ メジャーな序曲(前奏曲もあり)ばかりを集めた寄せ集めアルバム2枚組です。 こういう寄せ集め物はあまり聴かないことにしているんだけれども、クライバーの2曲につられてついつい借りてしましました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/16 15:11
まるでバレエを見ているような〜マスネ管弦楽作品集「絵のような風景」ほか
まるでバレエを見ているような〜マスネ管弦楽作品集「絵のような風景」ほか 「絵のような風景」「アルザスの風景」「劇的風景」「おとぎの国の風景」など、ジュール・マスネの親しみやすい管弦楽を集めたCD2枚組。ガーディナー指揮、モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/09/13 14:03
「ジョスランの子守歌」「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ」ゲリー・カー&ハーモン・ルイス
「ジョスランの子守歌」「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ」ゲリー・カー&ハーモン・ルイス ダンベルドアさんが紹介されていた(こちら)のアルバム、「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ作品集」。 そのかっこよさそうな雰囲気にさそわれて、そばにあった「ジョスランの子守歌」とともに借りてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/09/11 17:43
ドヴォルザーク「チェロ協奏曲ロ短調」ほか ロストロポーヴィチ&カラヤン
ドヴォルザーク「チェロ協奏曲ロ短調」ほか ロストロポーヴィチ&カラヤン ◆ドヴォルザーク「チェロ協奏曲ロ短調」作品104 ◆チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」作品33 チェロ:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィル交響楽団(68.9ベルリン) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/16 22:02
今度は「イギリス管弦楽曲集」で涼む〜FANTASIA ON GREENSLEEVES
今度は「イギリス管弦楽曲集」で涼む〜FANTASIA ON GREENSLEEVES シベリウスの北欧の風〜の次は、イギリスの清涼感あふれる牧歌的音楽に「涼」を求めてみました。 ほとんど無知だったイギリス音楽に先日ちょこっと触れた(こちらのモーランのアルバム)のですが、これはいいわね〜というわけで、入門者の私におあつらえ向きのどどーんと2枚組を借りてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/08/01 16:41
「スワン・フライト」(トルミス)「トゥオネラの白鳥」ほか(シベリウス)
「スワン・フライト」(トルミス)「トゥオネラの白鳥」ほか(シベリウス) 涼を求めてシベリウスなんぞを聴いていて、「トゥオネラの白鳥」を聴いたのを契機に、久々にスワンモードに突入・・・・。ちょっとスワンものを聴きたくなって、目についたCDを借りて聴いてみました。中でも、気になったのが、オペラ「白鳥の飛翔」からの組曲「スワン・フライト」(トルミス作曲)だったのですが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/27 01:15
バーデン・ジャズ組曲♪v「ギタリスト伝説〜ジミ・ヘンドリックス讃歌」(福田進一)
バーデン・ジャズ組曲♪v「ギタリスト伝説〜ジミ・ヘンドリックス讃歌」(福田進一) 「ギター伝説」「ギター・レジェンド」などなど、このたぐいのタイトルのアルバム、いくつか気になるのがあるのですが、図書館にあったこれを聞いてみました。 この冒頭の「バーデン・ジャズ組曲」、この曲、大好きなんですよ♪v(*'-^*)^☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/20 11:05
「ドヴォルザーク・イン・プラハ」小澤&ボストン響、ヨーヨー・マ、パールマンetc.
「ドヴォルザーク・イン・プラハ」小澤&ボストン響、ヨーヨー・マ、パールマンetc. これは、小澤征爾&ボストン交響楽団が93年、ドヴォルザークの母国プラハのスメタナ・ホールで行った「ドヴォルザーク・ガラ・コンサート」を収録したもののようです。ソリストは、ヴァイオリンのイツァーク・パールマン、チェロのヨーヨー・マ、メゾ・ソプラノのフレデリカ・フォン・シュターデ、ピアノのルドルフ・フィルクスニーと豪華。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/07/18 11:12
「アルフォンシーナと海」波多野睦美&つのだたかしAlfonsina y el mar
「アルフォンシーナと海」波多野睦美&つのだたかしAlfonsina y el mar 「アルフォンシーナと海」で検索してヒットしたアルバム。一見インパクトのなさそうなこのゆる〜〜いジャケットがかえって印象的で。 波多野さん(ヴォーカル)とつのださん(ギター、リュート)のペア、初めて聴きましたが、静かな静かな、美しい曲ばかりをえりすぐり、アルゼンチン→ブラジル→フランス→イギリスを経て日本へたどりつく(?)、この選曲がすばらしい、とても素敵なアルバムでした♪v(*'-^*)^☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/16 02:32
Jongo〜気持ちにそよぐサマー・ブリーズ/福田進一(ギター)
Jongo〜気持ちにそよぐサマー・ブリーズ/福田進一(ギター) かわいい(=^・^=)ちゃんのジャケットにつられて借りてきました、福田さんの中南米〜カリブ〜なアルバム。これ、裏のイラストも素敵(*^^)v ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/07/15 02:32
「ホセ・カレーラス 世界を歌う」(愛の讃歌〜川の流れのように)
「ホセ・カレーラス 世界を歌う」(愛の讃歌〜川の流れのように) 三大テノールといわれるお三方の中で、なぜかホセ・カレーラスだけは「三大テノール・○○コンサート」の類のCD以外では聴いたことがありませんでした。昨年の来日時の「ミオ・クリオージャを歌う」など何度か放送もあったのに、見そびれてしまったし(~_~;) これではいけない・・・何か祈り系の静かなアルバムか感動・熱唱系アルバムを借りてみようと思いつつ、ついつい最初に目についたこのアルバムを借りてきてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 22:29
シベリウス小品集で涼をとる:ヴァイオリンorチェロとピアノのための作品集
シベリウス小品集で涼をとる:ヴァイオリンorチェロとピアノのための作品集 ちょっと季節外れっぽいかもしれないけれど、何となくシベリウスの室内楽を聴きたくて、この2枚を聴いてみました♪v 連日のうだるような湿気の中、これを聴くと何となくす〜〜っと一瞬涼しくなったような気になります。 という意味では、この季節にぴったりなのかもしれません・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 17

2006/07/09 10:47
クレーメル:「ピアソラへのオマージュ」1・2
クレーメル:「ピアソラへのオマージュ」1・2 またまた素敵なCDを発見(^^♪←というか、今頃発見してるのは遅かったようですが・・・^^; ピアソラの曲をクレーメルが・・・というだけで「いいに決まってる!」と思ってアルバム1と2、 2枚一度に借りてきたのですが、それは予想を超える素敵な世界〜(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2006/06/26 23:30
ベートーヴェン・ピアノソナタ@エミール・ギレリス
ベートーヴェン・ピアノソナタ@エミール・ギレリス クラシックネタ続きでナンですが・・・ ギレリスのベートーヴェンのピアノソナタ集です。 ギレリスは、鋼鉄の(腕を持つ)ピアニストと言われていたんだそうですが、いつものように理屈はともかく・・・ これはすごいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/06/23 17:06
サルヴァトーレ・アッカルド:パガニーニ ヴァイオリン協奏曲全集
サルヴァトーレ・アッカルド:パガニーニ ヴァイオリン協奏曲全集 今夜は3時半のキックオフまでの時間を有意義に(寝ずに)過ごすために、音楽を聴きながら、時々仕事・・・。時間はたっぷりあるので、このパガニーニのヴァイオリン協奏曲集3枚組CDを聴きながら感想を書いてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/23 01:12
モーラン:弦楽四重奏ほか
モーラン:弦楽四重奏ほか クラシックであろうがなんであろうが、見た目から入る私。このアルバムジャケット、なんだか素敵でしょう。これは、ダンベルドアさんのサイトで紹介されていた(こちら)モーランの室内楽集なのですが、「モーランって?」というぐあいに名前すら知らなかったのですが、ラヴェルっぽいということで試聴(←リンクあり)してみたら思いのほか気に入ったので、入手いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/19 14:49
「鳥の歌」山下和仁ギター小品集
「鳥の歌」山下和仁ギター小品集 学生時代、ギター部の先輩が弾いていたシベリウスの「蜘蛛の歌」のフレーズが突然頭に浮かび、無性に懐かしくなって、どこかに録音はないかな・・・と探していて山下さんのこのアルバムに行き当たりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/12 01:00
映画「ディーバ」Diva(ビデオ)
先日聴いた「3分勝負! シネマ・ベスト・クラシック」(こちら)の中でひときわ美しいソプラノを聴かせてくれた映画「ディーバ」。歌声もさることながら、独特の映像美が絶賛されている映画ということで、ぜひDVDニューマスター版で見たかったのですが、残念ながらレンタルショップになかったのでビデオで鑑賞しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/09 03:40
3分勝負!シネマ・ベスト・クラシック essence of cinema classic
映画の印象的なシーンを彩るクラシックの名曲。ちょっと聴いてみたいけれど長いのは苦手・・・そんな映画ファンに贈る、最強のクラシック・イン・シネマ!(ジャケットのコピーより) これ、意外といいのでびっくりしてます。このテのCDはたくさんありますが、映画と音楽の選曲に引かれて聴いてみたのですが、わりと見ている映画も多くて、きれいどころの音楽(幾つか例外あり・笑)が満載!映画のシーンがよみがえってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/06/02 22:46
アルヴァロ・ピエッリ ギターリサイタル(CS放送)Alvaro Pierri
ウルグアイ生まれの若手ギタリストということで、もしやラテンモード全開の素敵なお方かしら?とちょっとビジュアル面も期待して放送を見たのですが・・・・・・ イタリア系のお方だったんですね(名前を見たらわかるか^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/31 18:21
シューベルト:P五重奏曲「ます」バドゥラ=スコダ×コンツェルトハウスSQorバリリSQ
ウィーンのピアニスト、パウル・バドゥラ=スコダが、20世紀半ばのウィーンの2大SQであるコンツェルトハウスSQとバリリSQのメンバーのそれぞれと共演したシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」です。 録音は50年代と古いのですが、オリジナルテープからリマスタリングされ数年前にCD化されたものだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/30 16:34
「天使の糧〜ドミンゴ・セイクリッド・ソングズ」
プラシド・ドミンゴが「祈り」をテーマにしっとりと癒し系の聖歌を歌い上げたアルバム。 これはクリスマス用に編集されたもののようですが、ドミンゴがしっとりと歌い上げる祈りの歌はどれもすばらしく、夜中に一人イヤホンで聴いていると、生きててよかったなあ、人間でよかったなあと思えたりするから不思議です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/29 00:33
テレベシ&ブルンバウアー「パガニーニ:ヴァイオリンとギターの音楽」
これ、すごーーーーーくいいですね。最近、室内楽を聴く機会が増えて、毎度新たな感動を覚えるのですが、これはまた格別です。ジエルジ・テレベジのヴァイオリンがすごくきれい! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/05/28 02:34
及川浩治トリオBee(びぃー)@兵庫県立芸術文化C(予約)
先日兵庫県立芸術文化ホールへ行き、そのホールのきれいさは評判どおりでしたが、うちからの距離が、所要時間、交通費(もちろん在来線)からしてけっこう近いわね!と思ったので、調子に乗って第2弾を予約してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/26 14:52
フォーレ室内楽全集第1集・第2集(ユボー/ヴィア・ノヴァ四重奏団ほか)
音が聴こえてくるやいなや芳醇な薫りが漂い、独特のロマンティックな世界へと誘いこんでくれる フォーレの室内楽全集第1集・第2集。 各2枚組、合計4枚(定価1900円×2)、この素晴らしい音楽がぎっしり詰まったこのCDは何ともお得感が あります。ジャケットの写真もきれいですし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/05/25 13:07
交響的舞踏による5つの描写「幻想交響曲」(ベルリオーズ)パリ・オペラ座バレエ
ようやくバレエの感想が書けます・・・といっても、これはバレエというよりは、音楽の映像描写 という感じなので、まずはベルリオーズの幻想〜についてのお勉強から始めないといけません ね・・・ということで、なかなかちゃんと見れずにいたのです(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2006/05/24 16:25
TURANDOT〜フィギュア・スケート・ミュージック♪
トリノ五輪・女子フィギュアスケートにて荒川静香選手がショート・プログラムで使用し、イナバウアーとともにここ数ヶ月ですっかりメジャーとなった「トゥーランドット〜誰も寝てはならぬ」ほか、トリノで活躍したトップ・スケーターたちがショート&フリー&エキシビジョンで使用した楽曲を集めたコンピアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/23 20:34
「映画QUARTET〜カルテット・オリジナルサウンドトラック」久石譲
久石譲監督、袴田吉彦主演のこの映画は以前DVDで見たことがあり、映画もさることながら久石さんの音楽が気持ちい〜〜ぃと思いつつ、サントラを入手し忘れていて、先日garjyuさんのところで取り上げられていたので思いついてレンタルしてきました(^^♪  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/19 03:49
ギター協奏曲・アマゾン川・ブラジル風バッハ(ヴィラ=ロボス)
ヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ」の追っかけで見つけ、「アマゾン川」というタイトルと熱帯雨林〜なジャケットに引かれて借りてきました。 最初と最後の2曲(特に「アマゾン川」)は正直かなり疲れる演奏なのですが、そんな中で光っているのがギター協奏曲!  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/18 11:01
映画「不滅の恋 ベートーヴェン」(DVD)Immortal Beloved
ゲイリー・オールドマンがべートーヴェンに扮するという私の嗜好にストンとはまりそうなこの映画! 久々に引っ張り出して先日鑑賞いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2006/05/14 01:12
ブラジル風バッハ(ヴィラ=ロボス,ピアソラ…)ベ゙ルリンフィル12人のチェリストたち他
南米きっての作曲家、ヴィラ=ロボスの「ショーロ」シリーズと並んで有名なのが、この「ブラジル風バッハ」(特にアリアが美しい5番)!・・・なのに私はギター曲には親しんでいたものの、このシリーズは5番のアリアしか聴いたことがないかも・・・ということで、ちょっとこのタイトルのCD2枚を聴いてみました(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

2006/05/12 11:27
千円で聴ける美しい曲!ラヴェル、ドビュッシー&フォーレ ピアノ三重奏曲(トリオ・フォントネ)
フランス近代のピアノ・トリオの名曲をトリオ・フォントネの89年演奏にて。 このCD、とても美しく、ロマンチックな曲ばかりなんですよ♪v 家族が寝静まった夜更けにヘッドホンで目を閉じてうっとり聴いてもよし、朝、掃除を終えてクリーンになった部屋で一人、ステレオの音量を上げて聴くもよし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2006/05/09 03:13
カルロス・クライバーの写真集
耳で聞く演奏がすばらしいのはもちろんですが、指揮する姿を目で見るのがさらに楽しい 故カルロス・クライバーの写真集があるということで、図書館から借りてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/08 11:25
「ピエ・イエス」→とアンソニー・ウェイ(ボーイソプラノ)♪v
アンドリュー・ロイド=ウェッバーのアルバム(サントラ)「レクイエム」に収録されている「ピエ・イエス」という曲で、ボーイ・ソプラノとサラ・ブライトマンがデュエットをしているのがとてもすばらしいというのを聴いて、これは聴かねばと探して行き着いたのがこれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/02 21:18
モーツァルト弦楽四重奏曲第18番・19番@アルバン・ベルク四重奏団【勝手に**の日参加】
今週は最近お世話になっているクラシックファンさんのブログ共同企画による「勝手にモーツァルトの日」ということで、クラシックにもモーツァルトにも全然詳しくないのにいいのでしょうか?と思いつつ、ちょこっと参加を・・・(^^ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/05/02 12:15
チェントーネ・ディ・ソナタ(パガニーニ)@シャハム&セルシェル〜「ADAGIO」より
ふだん、あまりこういう寄せ集めアルバムには食指が動かないのですが、今回これを借りたわけは・・・1曲目の「椿姫」の前奏曲を振っているのがカルロス・クライバーだから。もちろん、これはクライバーらしい演奏だったのですが、それよりも何よりも、このアルバムに2曲収録されているヴァイオリンとギターの曲、パガニーニのチェントーネ・ディ・ソナタ(2番、4番)のすばらしいこと! 演奏しているのは、ギル・シャハム(ヴァイオリン)とイョラン・セイシェル(ギター)。すっかり気に入ってしまいました♪v(*'-^*)^☆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 17:02
J・ロイド=ウェッバー「エレジー〜ダイアナ元皇太子妃へ捧ぐ」
アンドリュー・ロイド=ウェッバーの弟でチェリストのジュリアン・ロイド=ウェッバーがダイアナ元皇太子妃に 捧げた追悼アルバム「エレジー〜ダイアナ元英皇太子妃へ捧ぐ」。 彼はダイアナの追悼演奏会で、このアルバムタイトルであり1曲目に収録されているフォーレのエレジー を演奏していたそうですね。 これがまだ心洗われる名曲ぞろいで大満足な内容でした! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/01 11:46
シューベルト即興曲♪ アルフレッド・ブレンデル(ピアノ)
Schubert: Impromptus 1988.7-18-24 西ドイツ シューベルトの有名な2つの即興曲をブレンデルのピアノ演奏で♪v(*'-^*)^☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2006/04/23 01:35
弦楽四重奏曲4枚♪ALBAN BERG QUARTETT
このごろ”オケもの”を聴く元気がないので、室内楽系に走る傾向が・・・。 というわけで、アルバン・ベルク四重奏団のCDのうち、シューベルトとベートーヴェンを2枚ずつ図書館でまとめ借りしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/04/18 14:22
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番−23番(シフ/ヴェーグ)
昨夜、英国ボーイズたちの美声によるモーツァルト「レクイエム」がとてもよかったので、ちょっと再びモーツァルト気分(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/04/06 15:36
英国美声♪Mens&Boysたち・・・Eton College Chapel Choir
英国イートン・カレッジ聖歌隊のコンサートが地元で開かれたので、行ってきました。興味本位でチケットとったのですが、これが大正解! 男性(少年含む)のコーラスってやっぱり好きだわ〜♪v(*'-^*)^☆ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/04/06 00:55
お勧めされてもね〜DVD−ROM版音楽大事典52500円
「メッツラー音楽大事典」 こういう商品が発売になるということで、Amazonから「あなたにおすすめ」メールが届いたんだけど・・・。 ドイツ版原書で全4巻,総ページ数3,200余の文字情報に2400点の画像、音楽サンプル150曲を加えたDVD−ROMの豪華音楽事典ということのようです。4月下旬発売で現在予約受付中。 定価5万2500円! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/22 11:17
ちょっとヨーヨー・マ!を♪v
ヨーヨー・マも兵庫へやってくるんですよね〜〜。 6/2 ジンマン指揮 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 with ヨーヨー・マ 演奏曲目は「ドン・キホーテ」(と「英雄」)。 生演奏、聴きたい。ああ、でも直前にラッセル・ワトソンに行くから、こちらはがまんだなあ・・・。お高いし・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/21 01:43
映画「ラヴェンダーの咲く庭で」LADIES IN LAVENDER(DVD)
ようやくこの映画を観ることができました。 いや〜、ジョシュア・ベルですね〜(^^♪ 素敵なヴァイオリンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/03/15 02:15
驚きの「モーツァルト ピアノ・ソナタ集」!(ピアノ/グレン・グールド)
1500円以下の安さだったので買っちゃいました〜! いやいや、うわさにたがわず、聴いてびっくり!!! なモーツァルトピアノ・ソナタでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 16:37
ロベルト・ボッレ@フェニーチェ・ニューイヤー・コンサート2004
こちらでも「裸族」なロベルト・ボッレが観られるというのを聞きつけてホイホイと入手してしまいました。 (amicaさん、レアな情報?を教えていただきありがとうございました。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/03/07 21:12
シューベルト〜♪v「ピアノ三重奏曲」「冬の旅」(映画「ピアニスト」より)
映画「ピアニスト」で使われていた印象的なシューベルトの曲を入手してきました。 シューベルトのメロディーはとても美しいですね〜。でも、私はまだ聴いたことのなかった曲が 数多くあります。その一つがピアノ、ヴァイオリン、チェロで演奏する「ピアノ三重奏曲」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/01 21:03
「魔王」シューベルト歌曲集/ボストリッジ Ian Bostridge
美しい容姿にきれいな歌声、さらに知性も・・・ まれにこういう人がいるもんなんですね。神様は実に不公平です(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/06 08:16
「悪魔のダンス」ギル・シャハム〜devil's dance
これはヴァイオリニスト、ギル・シャハムが「悪魔」関連の曲ばかりを集めたCD。いつだったか、たぶんAmazonで「あなたにおすすめ」されて(何でだろう??)以来気になっていたのですが、ありがたいことに図書館AVコーナーでこれを発見したのでした。ラッキー! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/01/30 13:45
シューベルト交響曲3番・8番「未完成」/カルロス・クライバー
またまたクライバーになってしまいますが、ずっと気になっていたこのCD、結局「ニューイヤーコンサート」のCDを入手した直後にこちらも購入してしまいました。 シューベルト交響曲第3番ニ長調・第8番ロ短調(「未完成」)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/25 11:37
「嵐が丘」・・・川井郁子CD
ちょっと前から気になっていたヴァイオリニスト川井郁子さんの「嵐が丘」というアルバムを借りてきました。何しろパリ・オペラ座バレエの放送見たばかりの「嵐が丘」(こちら)でしょ。で、このジャケットがいい雰囲気〜。このアルバムの最後に入ってる曲「嵐が丘 ヒースクリフに捧ぐ」っていうのは、三井住友VISAプラチナカードのCM曲のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/01/15 00:23
映画「王は踊る」LE ROI DANSE
「あなたにお勧め」されてから無性に気になって購入した(もう売ったけど・・・)DVDです。この映画のうたい文句が「実在のフランス国王ルイ14世と宮廷音楽家リュリの禁断の愛の物語」ですよ! バロック音楽に合わせて若い王(ルイ14世)が踊るんですよ。しかも音楽家とのロマンス(同性愛)もついてくる!・・・これはもう見ないわけにはいきません。そのわりには1カ月ほど家で寝かしてしまったのですが・・・(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/14 16:30
カルロス・クライバー指揮のニューイヤー・コンサート89/92
買ってしまいましたよ!クライバーのニューイヤー・コンサートのCD。 もう楽しい、楽しいアルバムですね〜♪v(*'-^*)^☆ もう演奏が爽快、痛快!!! 行け行けどんどんとノッてきたらもうとまらない・・・ これは入手して大正解でしたよ!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/01/10 19:24
ベートーヴェン5「運命」×カルロス・クライバー!!!
一口にクラシックといってもいろんな曲があるけれど、私が一番好きなのは・・・ ジャ、ジャ、ジャ、ジャーーーーーン!   ジャ、ジャ、ジャ、ジャーーーーーーーンッ!!! のやっぱりコレ、ベートーヴェン交響曲第5番「運命」なのです。 さらに、カルロス・クライバー指揮のこのアルバムが私ごのみなのであります。 なんともこの「素敵な」出だしからして爽快! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/01/07 02:24
ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2006〜♪v
あけましておめでとうございます。ことしもどうぞよろしくお願いいたします で、元旦夜にNHKで放映された恒例のウィーン・フィルのニューイヤーコンサート (ジョン・ノンマイヤー振付ハングルク・バレエのバレエつき)で とってもハッピーな気分になったので、こちらの記事からスタートしてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 30

2006/01/02 04:42
「Romeo and Juliet」西本智実&日本フィル(CD)
「ロミオとジュリエット」という話にもバレエにも一般にすばらしいと評されるほどあまり思い入れがない私。これはもしや音楽を愛してないせい??と思い、CDで音楽として聴いてみることにしました。バレエに使われているのはプロコフィエフ作曲のものだけど、チャイコフスキーのものも聞いてみたいな〜と思っていたら、ちょうどいいCDを図書館で発見・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/12/10 00:53
ラヴェル「弦楽四重奏曲ヘ長調」♪v
先日のギャラリーコンサートのアンコールでこの曲の2楽章を初めて聞いて、 その演奏と曲のすばらしさにある種の驚きを感じ、これは全楽章聞かねば〜とCDを購入。 そうこうしていたら、今月クラシカ・ジャパンでこの曲の演奏が放映されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/12/07 22:41
ギャラリーコンサート
大原美術館(倉敷市)で行われた「アミーチ・クヮルテット」のギャラリーコンサートに行ってきました。 アミーチ・クヮルテットというのは、フェデリコ・アゴスティーニ(元イ・ムジチ合奏団のヴァイオリニスト)、チェリストの原田禎夫さん(東京クヮルテットの創始者)らによって2004年に結成された弦楽四重奏団で、今回が日本初ツアーなんだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/19 22:45
佐渡裕氏インタビュー@兵庫県立芸術文化センター
ヨーロッパ各国で活躍し、また先月オープンした兵庫県立芸術文化センターの芸術監督となった 注目の若手指揮者:佐渡裕氏のインタビュー番組が同センターより届けられるということだったので 見てみました(クラシカ・ジャパンにて)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2005/11/05 03:28
「Shapes」(ドミニク・ミラーwithスティング、ドミンゴetc.)
きょうは文化の日ですね〜(全然意識してなかったんだけど)。子供のころは文化祭だのなんだのって、音楽やってたから忙しく出回っていたんだけど・・・最近は全く関係ない生活をしてます。 何か芸術的なことやったっけ?・・・ルグリやジェイソンの芸術的な肉体は拝ませてもらったけど、それだけじゃだめか・・・ってことで、お気に入りアルバムの記事を書いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/11/03 17:37
映画「アラジン」3部作&「ディズニー・オン・クラシック」
どうもいけません。生活リズムが狂ってしまって全然眠くない・・・ かといって映画見る時間にしてはもう早朝・・・仕事する気力、やる気なし・・・ってことで またまたHDD→DVD移し変え作業の続きを・・・やったのは 先日ディズニーチャンネルで放映された「アラジン」3部作と「ディズニー・オン・クラシック」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/10/02 04:44
「真夏の夜の夢」サントラにて♪v
先日観た映画「真夏の夜の夢」でヴェルディの「椿姫〜乾杯の歌」を歌っていたテノールの歌声に聞き惚れてしまい、この1曲のために買ったとも言えるこのサントラ。 最初にテノールが歌い、次にソプラノが歌うこの「乾杯の歌」ですが、テノールの声がなんとも甘〜〜い歌声♪v  よく伸びるのに、キンキンしたところや必要以上に声量を誇示したところもなく、ただただソフトで美しいその声は、まるで若いころのプラシド・ドミンゴのよう!・・・と想像してみる(^^ゞ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/09/17 20:46
「小澤征爾70歳記念BOX」なるものが・・・
たった今アマゾンからメールが来たんだけど、こんなすごいものが発売になるらしい。 70歳のバースデー(古希ですよね、たしか)を記念して、CD70枚組(DVD付)、10万円!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/07/28 11:02
ヴィチェンツォ・ラ・スコーラ テノール・リサイタル
今夜はイタリア人テノール歌手ラ・スコーラのコンサートへ行ってきました。 イタリア歌曲のほか、プッチーニなどのオペラ曲のアリアを歌う予定だったので楽しみにしていたんだけど・・・開場が遅れているなあと思ったらおもむろに張り紙が・・・。 その内容は、「出演者の都合により本日はすべてのアリアを中止し、イタリア歌曲のみになります」というようなもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2005/07/26 01:48
クライバー特集堪能
クラシカジャパンのクライバー特集のおかげで、この1週間はさまざまな時代のさまざまな曲の さまざまなクライバーを堪能できた。 こんなにまとめて見れたのは特集のおかげ。ありがたかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/18 22:24
「魔弾の射手」序曲「こうもり」序曲リハーサル(クライバー特集)
クラシカのカルロス・クライバー特集で一番楽しみにしていたのがこの放送。69〜70年収録なので、このとき彼はまだ三十代・・・リハーサル風景の半そでポロシャツからのぞく腕から肩にかけてはスポーツ選手のようにたくましく、若々しいです!!  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/15 23:31
ビゼー歌劇「カルメン」(クライバー特集)
これはオペラのカルメン。すごいです、これ。何しろクライバーの指揮で、ドン・ホセがプラシド・ドミンゴなんだから。先日見た「こうもり」のときより10歳ほど若いクライバーの優雅&エネルギッシュな指揮のすばらしさはもちろん、 若いドミンゴの声の艶やかなこと!!  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/13 00:32
J・シュトラウスU世:喜歌劇『こうもり』(クライバー特集)
カルロス・クライバー指揮の「こうもり」がクラシカジャパンのクライバー特集第1弾として放映された。これ、ずっと見たくてDVD欲しいと思っていたもの。先日偶然図書館で古いビデオを見つけ借りたが、今回の放映を知って見ずに返却。やはりクリアな映像で見たかったし。20年近く前の映像なのに、とてもきれいな音と映像で満足。無事録画もできた(^^♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/07/11 01:00
オルフ「カトゥッリ・カルミナ」「カルミナ・ブラーナ」
先月クラシカで放映があった「カルミナ・ブラーナ」、今度はこの小澤指揮のものを聞きたいと思っていたら、ちょうど今月シアターテレビジョンでオルフの2作品を放映。しかも、「カルミナ・ブラーナ」は聞きたかった小澤のものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/07 23:53
カルロス・クライバー特集!(今月のクラシカ)ほか
JoseMariaTiradoの「縛られた狼」じゃなかった、「縛られた男」見たさにスカパーつけて1カ月ちょっと。クラシカジャパンの契約料がお高いから、つまらない月は解約しちゃおうと思っていたけど、今月はこれまたすごい。没後1周年ってことで、カルロス・クライバー特集が組まれている!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/07/01 15:53
GLAZUNOV[Raymonda]ライモンダCD
ABTの「ライモンダ」を見に行くから、音楽の予習用にバレエ用完全版を購入した。 同じく先日入手した「バレエキャラクター事典」を見ながら音楽聴き中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/28 03:57
オルフ「カルミナ・ブラーナ」
きょうは朝からいろいろ番狂わせがあって、3つの外出予定のうち2つがぽしゃった。仕事を久々に休んでいたので、ちょっと暇ができた。で、クラシカジャパンで再び「バウンド」のホセ狼を堪能した後、続いて放映された「カルミナ・ブラーナ」を見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2005/06/15 21:21
川畠成道(Vn)全国ツアー2004(放送)
きょうはクラシカジャパンで川畠成道の全国ツアー東京公演の模様が放映された。1時間40分たっぷりと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/06/10 22:36
ジョシュア・ベル(Vn)コンサート
ジョシュア・ベル。バイオリニスト(’67生)。十代のころから注目をされていた美少年というぐらいしかしなかった(恥)が、きょうから公開された映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のヴァイオリンを彼が弾いているということで、その予告編で流れるきれいな音色を聞いて興味を持った(←遅っ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/06/04 19:59
チャイコフスキー
あまりに「白鳥の湖」漬けになっているため、どうしてもこの話題が増えてしまうのだが、 きょうは音楽について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 11:24

トップへ | みんなの「クラシック音楽」ブログ

きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc. クラシック音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる