きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS IL DIVO in Hiroshima AMOR & PASION♪

<<   作成日時 : 2016/04/23 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像行ってきました、再び広島へ。
今回は、何の事前情報も入れていなかったので、失敗したのは、終わりの時間が遅くなるということ。最後まで聴くことができませんでした。大いに残念・・・


今回のコンサートは、ラテンアルバムということもあってか、ラテンダンスあり、さらにソロステージあり、楽器演奏ありと、ファンサービスたっぷりのエンターテイメントな舞台だったのですね。

ラテンダンスは少々しつこい感が否めませんでしたが・・・・(狭いステージにあんなにたくさんいりませんね。1カップルぐらいでよかったでしょう)

一番びっくりしたのは、デイビッドがバンドネオンを弾きこなしていたこと。
あれ、すごい難しいらしいのに・・・音楽は何でも上手だとだれかが(セバスチャンかな?)言っていたので
ほかにもいろんな楽器を器用に演奏するんでしょうねえ。いろいろまた聴かせてほしいです。

楽器演奏といえば、ウルスが「Have you ever really loved a woman」でスパニッシュギターを弾いていたのも驚きでした。この方はああいうお顔立ちでありながら、タンゴも似合うし、スパニッシュギターも弾くし、いったいなんなんでしょう! ブライアン・アダムスのこの大好きな曲を彼らのステージで聞けてとてもうれしかったです。

ありそうでなかったそれぞれのソロについては、ウルスはミュージカル、カルロスはシナトラ、セバスチャンはシャンソンときて、デイビットは・・・??

私、新幹線の最終時間が早い広島にしたもんだから(大阪にせずに)、22時前ぐらいになると聴いて、ああ、最後までは無理だわと覚悟しながら聴いていたものの、デイヴィッドのソロがなかなかなくて、イライラ、イライラ、イライラ・・・・・・

で、歌ってくれたのはオペラ(ネッスンドルマ〜誰も寝てはならぬ)だったのですね。ああ、ここまで聴けてよかった。
もう心残りはない(本当はかなりあった)とダッシュで帰りました。

カルロスがオペラ(闘牛士の歌あたり)で、デイビッドがミュージカルかと思いましたが、まあ、この選択もなるほどですね。
ウルス、別にハードロックでもよかったんだけどなあ・・・(と思ったのは私だけじゃないはずだよね、きっと)

ところで、私、前の席がとりやすいから大阪じゃなくて広島にしているのですが(ここ3回)、そのおかげか、はじっことはいえ最前列といってもいいほどの場所だったんですね。
彼らが目の前・・・なのはいいのですが、ステージの照明の跳ね返りがあるもんだから、恥ずかしいんですよね。

さらに、これは席のせいだけじゃないと思いますが、音がひどくなかったですか?ここのホール。
最初のオケの演奏で、なんじゃこりゃ???だったのですが、彼らが歌い始めても、音が割れて、なんじゃこりゃ!!!で。ハードのせいか、ソフトのせいかわかりませんが・・・。

ああ、次回は、席が後ろになってもいいから、音響もよく、新幹線の帰りの時間も遅くまである大阪にしなければ・・・忘れずに。

まとまりのない内容ですが、とりあえず行ってきました報告とざっくり感想まで。


アモール&パシオン
SMJ
2015-10-28
イル・ディーヴォ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アモール&パシオン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
IL DIVO in Hiroshima AMOR & PASION♪ きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる