きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」を聴いて、「フィンランディア」でカウントダウン!

<<   作成日時 : 2015/01/01 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年、31日ぎりぎりでざざっとやる家の片づけにおせち料理づくりに疲れ果てた状態で近所の夫の実家で飲食しながら惰性で紅白前半を見て、自宅に帰ってからさらに惰性で後半を見ているのですが(時々チャンネルを変えながら・・・)ことしは、やはり薬師丸ひろ子「WOMAN〜Wの悲劇より」でしょう。なんといっても、なつかしいのです、同世代(というか同学年)の私には。

しかも、歌い方や表情なんかが当時(二十歳)のまんま

透明感がある分、不安定ではずれやすい声だと思うのですが、それをはずさないように一生懸命に一音一音、一言一言丁寧に歌いますよね。そこがまたよくて、学生時代はよく聴いていたものです。


そして、紅白終了後、チャンネルを変えていたら、たまたま合わせた番組に指揮者の山田和樹さんが出ていて、何やらカウントダウン演奏をするということで、曲目も「フィンランディア」だというので、おもしろそうと。


カウントダウン曲の終了とともに新年を迎えるというお決まりのイベントつきのコンサート(東急ジルベスターコンサート2014-2015)。1995年から続いてるそうですが、今回、初めて見ました。といっても、紅白が終わって民放に変えてからなので、まさにカウントダウン曲が始まる直前からなのですが。毎年放送していたのかな・・・。

シベリウスの交響詩「フィンランディア」は、次男の高校の卒業式で高校のオケが華麗に演奏していたので覚えてるかな〜と、ちょうど通りがかった次男を呼び止めて一緒に見ました。

合唱もあるのに、どうやって終わりをぴったり合わせるんだろうと思っていたのですが、なんと、ぴったり!合ったじゃないですか。思わず、「合った」「ぴったり」と大騒ぎをしてしまいました。

そして、そのまま幸田浩子さんのソプラノによるオペレッタ「こうもり」などを楽しく聞いていたら、なんと続くラヴェルの「ボレロ」では、宮尾俊太郎さんのバレエまで登場し、慌てて録画ボタンを押したのでした。

放送自体も11時半からだったようなので、カウントダウン演奏に合わせての放送だったようですね。

以下は、オーチャードホールで開かれていた東急ジルベスターコンサート2014-2015の内容()。
放送は、第2部の後半からだったようです。

第1部
スッペ :喜歌劇『軽騎兵』序曲
ベートーヴェン:ロマンス 第2番
レハール:喜歌劇『微笑みの国』より「君こそ我が心のすべて」
オスカー・シュトラウス:喜歌劇『ワルツの夢』より「扉をあけて(フランツィの歌)」
ラヴェル:『ダフニスとクロエ』 第2組曲

第2部
ヘンデル:オラトリオ『メサイヤ』より「ハレルヤ・コーラス」
ヴェルディ:歌劇『リゴレット』より「女心の歌」
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 第3楽章
シベリウス:交響詩『フィンランディア』
佐藤眞(大木惇夫作詞):カンタータ『土の歌』より「大地讃頌」
ヨハン・シュトラウスU:喜歌劇『こうもり』より「侯爵様、あなたのようなお方は」
ラヴェル:ボレロ(振付:ローラン・プティ)

指揮:山田和樹
ソプラノ:幸田浩子
テノール:山本耕平
ヴァイオリン:南紫音
バレエ:宮尾俊太郎、Ballet Gents(Kバレエ カンパニー)

合唱:東京混声合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

別の演奏会の模様ですが、山田さん指揮の「フィンランディア」がこちら()で聴けますね。



歌物語
EMIミュージックジャパン
2011-03-02
薬師丸ひろ子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歌物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Arlesienne Suites 1 & 2/Ballet
Pentatone
2013-11-19
Bizet

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Arlesienne Suites 1 & 2/Ballet の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラフマニノフ:交響曲第2番
オクタヴィアレコード
2014-04-23
仙台フィルハーモニー管弦楽団 山田和樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラフマニノフ:交響曲第2番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」を聴いて、「フィンランディア」でカウントダウン! きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる