きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「恋のロンドン狂騒曲」You Will Meet a Tall Dark Stranger

<<   作成日時 : 2013/09/11 04:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ロンドンを舞台に老夫婦とその娘夫婦のそれぞれが織りなす4つの恋をコミカルに描いたラブコメディ。ウッディ・アレン監督。出演は、老夫婦にジェマ・ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、娘夫婦にナオミ・ワッツ、ジョシュ・ブローリン、そして彼らの恋するお相手に、アントニオ・バンデラス、フリーダ・ピントなど。

ある日突然、死の恐怖にとらわれたアルフィ(アンソニー・ホプキンス)は、老いた妻と別れ、ジムで体を鍛え、日焼けサロンに行き、挙句の果てにコールガールを恋人にし、結婚までする始末。妻のヘレナは、(元)夫のそんな様子に呆れ、神経衰弱状態でインチキ占い師クリスタルの助言に従って新しいパートナーを見つける。一方、娘サリー(ナオミ・ワッツ)と売れない作家ロイ(ジョシュ・ブローリン)の夫婦にも危機が。そして、サリーは転職先のギャラリー経営者(アントニオ・バンデラス)にひかれ、ロイは自宅の窓越しに見かけた赤い服の美女(フリーダ・ピント)に心奪われてしまい……。

ウッディ・アレンらしい映画で、DVDで楽しく鑑賞しました。音楽もよかったです。

これを見ようと思ったのは、アントニオ・バンデラスが出ていること。ただし、主演は老夫婦と娘夫婦の4人なので、アントニオの出演はごく一部でした。それでも、ウッディ・アレン監督は「国際的なアートディーラーとして成功している人物らしく、ちゃんと見える俳優が必要だった。アントニオは僕が求めていたものをすべて持っていた。優雅さ、女性がひき込まれるような容貌、そして素晴らしい俳優」ということで彼を起用したようで、納得。

おもしろかったのは、なんといってもアンソニー・ホプキンスですね・・・。
このお方はもちろんいろんな役柄を演じているのですが、これは笑えました。というか、よくオッケーしたなあという感じ。でも、肉体はけっこう鍛えてましたね〜。さすが。


恋だけでなく、さまざまな欲望に翻弄される人たちがあふれている中、そういうものを超越した(?)、別世界に心がいってしまった老女ヘレナとジョナサン。どうやらこの二人にだけ、束の間かもしれないけど幸福な日々が訪れそうです。

あとは泥沼ですね・・・。



「ローマでアモーレ」もおもしろそう(この辺では上映がなさそうなのでDVD待ちですが・・・)

画像画像
←けっこう自然な親子に見えますね・・・。

監督・脚本
ウッディ・アレン

出演
ジェマ・ジョーンズ/ヘレナ
アンソニー・ホプキンス/アルフィ
ナオミ・ワッツ/サリー
ジョシュ・ブローリン/ロイ
アントニオ・バンデラス/グレッグ
フリーダ・ピント/ディア
ルーシー・パンチ/カーマイン
ロジャー・アシュトン・グリフュス/ジョナサン

2010 アメリカ・スペイン

公式サイト→http://koino-london.jp/





恋のロンドン狂騒曲 [DVD]
角川書店
2013-05-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋のロンドン狂騒曲 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



You Will Meet a Tall Dark Stranger
Wea
2010-11-04
Various Artists

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by You Will Meet a Tall Dark Stranger の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「恋のロンドン狂騒曲」You Will Meet a Tall Dark Stranger きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる