きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS 「モンスター」百田尚樹著

<<   作成日時 : 2013/04/30 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画化されるってことで話題になっていて、あらすじを見て、原作読んでみよう!と思って・・・。
これが私にとっては、初、百田作品になります。

最初、図書館で借りてきたけど読む間がなく、少し読み始めたところで返却日が来たので、続きが気になり、中古で文庫を購入。

目を話したすきに(?)息子らに次々読まれてしまったのですが・・・

読み進めて初めて気づいたのだけど・・・

けっこう、そういう方面の描写がありますね(-_-;)


映画ではどんなことになっているのでしょうか? 高岡早紀主演だし、気になりますねえ。

ぜひとも映画(→こちら)、見てみたいですが・・・

田舎のうちのあたりでは公開がないみたいなので、DVD待ちかな。


物すごく醜い顔に生まれ、蔑まれて育った女性が整形に目覚め、整形のために風俗で体をはってお金を稼ぎ、美を追求する。そして、昔愛した男性に再開するのですが・・・。

ある程度原形をとどめた整形ならともかく、この主人公のように完全に別人のようになってしまった場合、新たに出会う人とは適当な恋ができても、やはりエイスケへの思いのように、以前愛した人の前では、本当の自分を愛してほしいという思いをごまかすことはできなかったんでしょうねえ。

ただし、この女性は、エイスケを愛しているのかな?というのはちょっと疑問ですね。

愛というより、執念というか、狂気というか・・・

「オペラ座の怪人」の怪人こと、エリック(原作のほう)とちょっと重なりました。


やはり、本人も予感していたように、崎村とならうまくやっていけたのではないかと思うのですが・・・。

エイスケより、崎村に惚れますね。映画の村上淳はちょっとかっこよすぎてイメージ違うんだけど。





モンスター (幻冬舎文庫)
幻冬舎
百田 尚樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モンスター (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「モンスター」百田尚樹著 きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる