きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc.

アクセスカウンタ

zoom RSS ミレニアム「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」(スティーグ・ラーソン著)

<<   作成日時 : 2010/03/15 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

第1弾「ドラゴン・タトゥーの女」()に続く、第2弾「火と戯れる女」、第3弾「眠れる女と狂卓の騎士」。図書館の順番待ちをしてようやく読み終えました。

第1弾から第3弾まで、主要な登場人物は同じで、連続したストーリーになっているのですが、第1弾、第2弾、第3弾とそれぞれでかなり趣が違っていますね。その分、新鮮な気持ちで読みすすめることができました。

第2弾は、第1弾で提示された謎めいた女、リスベットがメインで、彼女の謎が解明されていくところがなんといってもおもしろいですし、「金髪の巨人」「ザラ」を初めとしたインパクトのあるキャラクターが次々登場し、アクションシーンも見どころ(読みどころ)満載。一方第3弾は、リスベットが瀕死の状態で「眠って」いる間、ミカエルを初めとした彼女を支えようとする「騎士」たちが「新たな敵」と知能戦を繰り広げ、終盤では法廷で闘います。

第3弾まで読み終えると、やはりこれはまだまだ続きがある話であり、これは途中なんだなあと実感しました。それだけに、続きが読めないのは残念ですね。途中までのものでもいいからぜひ出版して欲しいです。あとは勝手に想像しますから・・・。

リスベットとミカエルの関係が改善する兆しが見えたあの第3弾の終わり方で終わったほうが案外いいのではと思うところもありますが、解決してないことがありますもんね。人身売買の問題の掘り下げもまだ途中ではと思うし、リスベットの双子の姉妹がどう絡んでいくのか、リスベットが遺伝学に興味を持っていること、リスベットの特殊な能力に近い能力はどうやら父親譲りのようであること、このあたりが第4弾で取り上げられる予定だったのではと思うのですが。

第3弾の下巻の表紙を飾るハンサムな男性はだれだろう?新たな登場人物??とかと思っていたのだけれど、これってミカエルなのでしょうかね。ドラガンもけっこう気に入っているんですけどね。ミカエルはちょっと女にだらしなさすぎだからね。

女性の弱さと強さ、男性のエゴ、国家のエゴが描かれた話なのだから、主人公ともいえるミカエルはもっと節度のある人物でもいいと思うのだけど。第3弾で公安の若い女警官とああいう関係になったのはいただけませんね・・・(-_-;) それとも、彼は多くの女性たちの味方なのだから、それはそれでいいのかな・・・。お国柄なのかな・・・。

いい意味でもそうでない意味でも娯楽色の強い作品だったので、映像ばえしそうです。映画は、第2弾、第3弾と続いていくのでしょうか。観たいような、観たくないような・・・。


ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 下
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
スーパーツンデレハッ ...
スエーデンのイメージ ...
三部作がこんなに面白 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
あー続きが読みたい! ...
ヒーロー(女性ですが ...
本文をより存分に味わ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム2 下 火と戯れる女
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
第1部よりアクション ...
身悶えせずにはいられ ...
第3作にも期待スウェ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム2 上 火と戯れる女
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
面白かったけど。。。 ...
パワーダウン評判の割 ...
信頼一見孤独にみえる ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
世評での絶賛ほどの傑 ...
特徴的な点をいくつか ...
1万円を出す価値あり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
早川書房
スティーグ・ラーソン

ユーザレビュー:
卑怯本書は読みやすい ...
『1Q84』の「青豆 ...
キャラクターがよいミ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(DVD)MAN SOM HATAR KVINNOR
スティーグ・ラーソン著の原作がとてもおもしろかった(★&★)ので、映画はどうかな・・・とやや心配しながら観ました。 ...続きを見る
きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本e...
2010/06/17 08:59
映画「ドラゴン・タトゥーの女」THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
図書館で借りて原作を読み、スウェーデン版映画を観て、今回ハリウッド版公開前に文庫版を買ってさらに読み返し、期待半分で観に行ったハリウッド版。原作が非常におもしろかったし、スウェーデン版映画も悪くなかっただけに、ハリウッド版にはいやがおうにも期待は高まります・・・。 ...続きを見る
きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本e...
2012/02/16 15:39
「ミレニアム4  蜘蛛の巣を払う女」ダヴィド・ラーゲルクランツ著
スティーグ・ラーソン著のミレニアムシリーズ(第1巻〜第3巻)の続編が出ていたんですね。発売後、しらばくたって気づいて図書館で予約待ちをしてようやく読みました(1〜3巻同様、これも図書館で読み、文庫が出たら購入して2度目を読むパターンですね) ...続きを見る
きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本e...
2016/05/24 09:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミレニアム「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」(スティーグ・ラーソン著) きょうの映画、きょうの音楽、きょうの本etc./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる